(54)【考案の名称】指サック

(51)【国際特許分類】

B42D 9/04 ・紙片めくり

(73)【実用新案権者】信越ポリマー株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、指サックに関し、さらに詳しくは、指への装着及び指からの取り外しが容易な指サックに関する。

【従来の技術】

【0002】
本、雑誌、新聞及び書類等を読む場合、書類等の枚葉紙又は紙幣等を数える場合、伝票等を確認する場合には1枚ずつ正確に捲るために指先に被せて使用する指サックが用いられる。このような指サックとして、例えば、ゴム等の可撓性材料で形成され、一端が閉じ、他端が開口した管状で指の先端に被せる構造の指サック、両端が開口した管状で指の先端に外挿する構造の指サック等が知られている。
【0003】
このような指サックの一例として、例えば、特許文献1には「ゴム質、若しくはビニール等を材質とした医療用指サックの少なくとも突端部分Aに、本体1の胴体部分と一体化して形成された突起物2が具備された事を特徴とする突起のついた医療用指サック」が記載されている。また、特許文献2には、明確に「指サック」との明確な記載はないが、「手袋の指先先端部分に手袋本体以上の硬度を有する爪状の突起を付けた構造を特徴とする爪付き手袋」が記載されている。
【0004】
しかし、指サックは、可撓性材料で比較的薄く形成されているので、指サックを装着するときにも、また指サックを取り外すときにも、指サックが容易に変形して装着しにくい。このような問題は特にネイルアートを施した指に指サックを装着又は脱着させる際に顕著である。
【0005】

【効果】

【0008】
この考案に係る指サックは、両端に開口部を有する管状の可撓性本体と前記可撓性本体の外周面に立設された摘み片とを備えているから、摘み片を摘まんで可撓性本体を延伸させることによって、指に容易に装着され、また指から容易に取り外される。したがって、この考案によれば、指への装着及び指からの取り外しが容易な指サックを提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】図1は、この考案に係る指サックの一例である指サックを示す概略説明図であり、図1(a)はこの考案に係る指サックの一例である指サックの概略左側面図であり、図1(b)はこの考案に係る指サックの一例である指サックの概略正面図である。
【図2】図2は、この考案に係る指サックの一例である指サックを指に装着する方法を説明する概略説明図である。
【図3】図3は、この考案に係る指サックの別の一例である指サックを示す概略説明図であり、図3(a)はこの考案に係る指サックの別の一例である指サックの概略左側面図であり、図3(b)はこの考案に係る指サックの別の一例である指サックの概略正面図である。
【図4】図4は、この考案に係る指サックのまた別の一例である指サックを示す概略説明図であり、図4(a)はこの考案に係る指サックのまた別の一例である指サックの概略左側面図であり、図4(b)はこの考案に係る指サックのまた別の一例である指サックの概略正面図である。
【図5】図5は、この考案に係る指サックのまた別の一例である指サックを指に装着する方法を説明する概略説明図である。
【図6】図6は、この考案に係る指サックの変形例の指サックを示す概略説明図である。

【0010】
この考案に係る指サックは、両端が開口した管状体であって、本、雑誌、新聞及び書類等を読む場合、書類等の枚葉紙又は紙幣等を数える場合、伝票等を確認する場合に、指の先端に外挿されて指に巻いた状態に装着されて使用される。この考案に係る指サックは、例えば、事務用指サック、医療用指サック等として使用される。したがって、この考案に係る指サックは、使用者の指に密着する寸法を有していればよく、指の寸法、用途等に応じて、適宜の厚さ、内径及び軸線長さに設定される。
【0011】
この考案に係る指サックは、通常、可撓性で摩擦係数が比較的高いゴム等の可撓性材料で形成されている。このような可撓性材料として、ゴム及びエラストマーが挙げられる。ゴムとしては、具体的には、シリコーンゴム、天然ゴム、ブタジエンゴム、イソプレンゴム、スチレン−ブタジエンゴム、ニトリルゴム、クロロプレンゴム、ブチルゴム、アクリルゴム、エチレン−プロピレンゴム、ヒドリンゴム、ウレタンゴム、フッ素ゴム等が挙げられる。エラストマーとしては、具体的には、スチレン系熱可塑性エラストマー、ポリオレフィン系熱可塑性エラストマー、ポリ塩化ビニル系熱可塑性エラストマー、ポリウレタン系熱可塑性エラストマー、ポリエステル系熱可塑性エラストマー、ポリアミド系熱可塑性エラストマー、ポリブタジエン系熱可塑性エラストマー、トランスポリイソプレン系熱可塑性エラストマー、フッ素ゴム系熱可塑性エラストマー、塩素化ポリエチレン系熱可塑性エラストマー等が挙げられる。これらの中でも書類等の枚葉紙、紙幣等との粘着性の点でシリコーンゴムが好ましい。
【0012】
この考案に係る指サックを、図面を参酌して、具体的に説明する。この考案に係る指サックの一例である指サック1は、図1に示されるように、可撓性本体11と摘み片21とを備え、事務用として好適に用いられる。
【0013】
可撓性本体11は、軸線に沿って延在する管状であって、その両端それぞれに開口部11a及び開口部11bを有している。この可撓性本体11は、軸線に垂直な断面が円形になっている。可撓性本体11の寸法は前記のように設定され、例えば、軸線長さは装着される指の先端から遠位指節間関節、所謂「第1関節」までの長さ以下に設定され、内径は装着される指の太さよりもわずかに小さくなるように設定される。内径は、例えば、5〜30mmに設定される。なお、可撓性本体11の厚さは可撓性材料の硬度及び強度等に応じて適宜に設定されればよく、例えば、0.5〜2mmに設定される。可撓性材料の硬度としては、デューロメータAによる硬度が10〜20であるのが好ましい。
【0014】
摘み片21は、可撓性本体11の外周面に可撓性本体11の軸線に沿って立設されている。この摘み片21は、両主面が軸線に平行で軸線方向の両端面が開口部11aの端面及び開口部11bの端面それぞれと面一な板状体になっている。すなわち、摘み片21は可撓性本体11の一方の開口部11aから他方の開口部11bまで延在している。摘み片21の可撓性本体11からの突出量及び厚さは使用者が摘まむことができる程度であればよく、例えば、突出量は10〜20mm、厚さは0.5〜3mmにそれぞれ設定される。摘み片21は、図1(b)に示されるように、自由端における軸線方向の両端部それぞれが面取りされている。この摘み片21は、可撓性材料又は硬質材料で形成され、可撓性本体11と一体成形できる点で、可撓性材料で形成されるのが好ましい。硬質材料としては、例えば、各種樹脂等が挙げられる。
【0015】
指サック1は、前記可撓性材料で成形された可撓性本体11に可撓性本体11と別体として可撓性材料又は硬質材料で形成された摘み片21を接着剤等で接着して製造してもよいが、生産性及び歩留りが高い点で、可撓性本体11と摘み片21とを可撓性材料で一体成形して製造するのが好ましい。一体成形としては例えば、押出成形、金型成形、射出成型等が挙げられる。
【0016】
この指サック1の作用・機能を、指サック1を指に装着する方法を挙げて説明する。指サック1を指に装着するには、まず、図2(a)に示されるように、装着する指の先端側に指サック1を配置する。次いで、図2(b)に示されるように、指サック1の可撓性本体11の内部に指の先端、特に指先の腹側を、好ましくは指サック1を装着する位置まで、挿入する。そうすると、可撓性本体11は指先が挿入された側に対して摘み部21が立設された側が指から遠ざかるように変形する。そして、指サック1を装着しないもう片方の手で摘み片21を摘まんで挿入した指の腹に対して上方、通常、指先から遠ざかる方向に向けて斜め上方に引っ張る。このときの状態が図2(b)に示されている(なお、図2(b)において摘み部21を摘まんでいる指は図示しない。)。その後、上方に引っ張った摘み片21を指の付け根側に引っ張って延伸した可撓性本体11を指の第1関節に配置した後に摘み片21を離す。このようにして図2(c)に示されるように指サック1を指の第1関節近傍に装着することができる。このように指サック1は、指の第1関節近傍に配置されるときに、可撓性本体11に立設され、可撓性本体11から突出した摘み片21を摘まんで指の付け根側に引っ張ることが極めて容易にできるから、所定の位置に容易に装着される。
【0017】
装着された指サック1を指から取り外すときには、指サック1を指に装着する方法を逆の操作を行う。すなわち、図2(b)に示されるように、摘み片21を摘まんで指の先端側に引っ張る。このように、摘み片21は可撓性本体11から突出しているから、摘み易く、かつ引っ張りやすい。したがって、指サック1を指から容易に取り外すことができる。特に可撓性本体11の軸線に沿って立設された摘み片21によれば可撓性本体11をその軸線方向に均一に引っ張ることができるから、可撓性本体11を指に挿入又は脱離しやすく、指への装着も指からの取り外しも極めて容易になる。
【0018】
このように、指サック1は、可撓性本体11に立設された摘み片21を摘み易く、かつ引っ張りやすいから、指への装着も指からの取り外しも容易で、装脱性に優れる。なお、指サック1は指の爪側に摘み片21が配置するように指に装着されるから摘み片21は使用時に指サック1の機能を阻害することはない。したがって、この指サック1は、本来の機能である枚葉紙等を1枚ずつ捲る機能を損なうことなく、高い装脱性を発揮する。
【0019】
この考案に係る指サックのまた別の一例である指サック2は、図3に示されるように、可撓性本体11と摘み片22とを備え、事務用として好適に用いられる。この指サック2は摘み片22が異なること以外は指サック1と基本的に同様である。摘み片22は、図3に示されるように、両主面が軸線に平行で軸線方向の両端面が開口部11aの端面及び開口部11bの端面よりも内部側に位置する板状体であること以外は摘み片21と基本的に同様である。したがって、指サック2は指サック1と同様に装脱性に優れる。
【0020】
この考案に係る指サックの別の一例である指サック3は、図4に示されるように、可撓性本体11と摘み片22と舌片31とを備え、事務用として好適に用いられる。この指サック3は舌片31を備えていること以外は指サック2と基本的に同様である。
【0021】
舌片31は、図4に示されるように、可撓性本体11の軸線に対して摘み片22の反対側の端面に配置され、可撓性本体11の一方の開口部11aの端面から可撓性本体11の軸線方向に伸びる半管状体である。したがって、舌片31は、可撓性本体11の内径及び外径と同一の内径及び外径を有する、軸線に垂直な断面形状が円弧状になっている。舌片31の軸線長さは指の先端から第1関節までの長さ以下であればよく、例えば、10〜15mmに設定される。舌片31は、可撓性材料又は硬質材料で指の先端から第1関節までの腹側に配置されるように形成される。例えば、この舌片31は、中心角が10〜180°の円弧状に形成され、具体的には約60°の円弧状に形成されている。また例えば、舌片31は、硬質材料又はデューロメータAによる硬度が10〜20の可撓性材料で形成されてもよく、シリコーンゴム等の粘着性ゴムで形成されて舌片31の内周面に粘着性が付与されていてもよく、舌片31の内周面に密着層を設けてもよく、また支持骨、例えば軸線方向に延在する支持骨が埋設されていてもよい。硬質材料としては、例えば各種樹脂等が挙げられる。
【0022】
指サック3は、前記可撓性材料で成形された可撓性本体11、可撓性材料又は硬質材料で形成された摘み片22及び可撓性材料又は硬質材料で形成された舌片31をそれぞれ別体として製造してもよいが、生産性及び歩留りが高い点で、可撓性本体11と摘み片22と舌片31とを可撓性材料で一体成形して製造するのが好ましい。一体成形としては例えば、押出成形、金型成形、射出成型等が挙げられる。
【0023】
この指サック3の作用・機能を、特に爪にネイルアートを施した指に指サック3を装着する方法を挙げて、説明する。指サック3を指に装着するには、基本的には指サック1と同様にする。具体的には、図5(a)に示されるように、装着する指の先端側に指サック3を配置する。次いで、図5(b)に示されるように、指サック3の可撓性本体11の内部に指の先端、特に指先の腹側を好ましくは指の爪よりも付け根側まで挿入すると共に、指サック3を装着しないもう片方の手で摘み片22を摘まんで挿入した指の腹に対して上方、通常、指先から遠ざかる方向に向けて斜め上方に引っ張る。このときの状態が図5(b)に示されている(なお、図5(b)において摘み部21を摘まんでいる指は図示しない。)。その後、上方に引っ張った摘み片22を指の付け根側に引っ張って延伸した可撓性本体11を指の爪よりも付け根側に配置した後に摘み片22を離す。このようにして図5(c)に示されるように指サック1を指の爪よりも付け根側に装着する。このように指サック3は、可撓性本体11に立設され、可撓性本体11から突出した摘み片22を摘まんで指の付け根側に引っ張ることが極めて容易にでき、爪に施したネイルアート8に接触しないように可撓性本体11を指の爪よりも付け根側に配置できるから、ネイルアート8を損傷させることなく、所定の位置に容易に装着される。装着された指サック3を指から取り外すときには、指サック1を指に装着する方法を逆の操作を行う。なお、ネイルアート8を施していない爪に指サック3を装着する場合及び取り外す場合も基本的に同様である。
【0024】
このように、指サック3は、可撓性本体11に立設された摘み片22を摘み易く、かつ引っ張りやすいから、指への装着も指からの取り外しも容易で、装脱性に優れる。加えて、指サック3は、舌片31を備えているから、ネイルアート8に接触しないように指の爪よりも付け根側に装着したとしても、舌片31が指の先端から第1関節までの腹に配置されるから、本来の機能である枚葉紙等を1枚ずつ捲る機能を保持している。したがって、この指サック3は、本来の機能である枚葉紙等を1枚ずつ捲る機能を損なうことなく、爪にネイルアート8を施している指であってもネイルアート8を損傷させることなく高い装脱性を発揮する。
【0025】
この考案に係る指サックの別の一例である指サック4は、図6(a)及び図6(b)に示されるように、可撓性本体12と摘み片22とを備え、事務用として好適に用いられる。図6(a)は指サック4の概略左側面図であり、図6(b)は指サック4の概略正面図である。この指サック4は可撓性本体12が異なること以外は指サック2と基本的に同様である。可撓性本体12は軸線に垂直な断面が五角形になっていること以外は可撓性本体11と基本的に同様である。摘み片22は可撓性本体12の断面五角形を形成する隣接する周壁の連接部である稜線に立設されている。したがって、指サック4は指サック2と同様に装脱性に優れる。
【0026】
この考案に係る指サックのまた別の一例である指サック5は、図6(c)及び図6(d)に示されるように、可撓性本体13と摘み片22とを備え、事務用として好適に用いられる。図6(c)は指サック5の概略左側面図であり、図6(d)は指サック5の概略正面図である。この指サック5は可撓性本体13が異なること以外は指サック4と基本的に同様である。可撓性本体13は周壁を貫通する5つの通気孔13aを有していること以外は可撓性本体12と基本的に同様である。すなわち、可撓性本体13は断面五角形を形成する5つの周壁それぞれの略中央に通気孔13aが穿孔されている。このように、可撓性本体13が通気孔13aを有していると、指サック5を長時間指に装着しても蒸れることなく、快適な装着性を発揮する。したがって、指サック5は装脱性に加えて装着性にも優れる。
【0027】
この考案に係る指サックのさらにまた別の一例である指サック6は、図6(e)及び図6(f)に示されるように、可撓性本体13と摘み片22と舌片32とを備え、事務用として好適に用いられる。図6(e)は指サック6の概略左側面図であり、図6(f)は指サック6の概略正面図である。この指サック6は舌片32を備えていること以外は指サック5と基本的に同様である。この舌片32は、可撓性本体13の断面五角形を形成する1つの周壁13bの、一方の開口部11a側の端面から可撓性本体13の軸線方向に伸びる板状体である。したがって、舌片32は可撓性本体13の厚さと同一の厚さを有していること以外は舌片31と基本的に同様である。したがって、指サック6は、本来の機能である枚葉紙等を1枚ずつ捲る機能を損なうことなく、爪にネイルアートを施している指であってもネイルアートを損傷させることなく高い装脱性及び装着性を発揮する。
【0028】
この考案に係る指サックは、前記した例に限定されることはなく、本願考案の目的を達成することができる範囲において、種々の変更が可能である。例えば、指サック1〜6は、いずれも、厚さが一定の摘み片21又は摘み片22を備えているが、この考案において摘み片は一定の厚さを有している必要はなく、薄肉部又は厚肉部を有していてもよい。具体的には、図1に破線で示されるように、摘み部21は、その主面それぞれに指の摘み位置を決める凹部23が形成された所謂「凹レンズ」状に、形成されていてもよい。このような凹部23を有する摘み部21は指の腹が正確に位置決めされ、指サックの装脱時に摘み部を確実に摘まむことができ、指サックの装脱性がより一層向上する。
【0029】
指サック1において、摘み片21は両主面が可撓性本体11の軸線に平行な1枚の板状体になっているが、この考案において、摘み片は両主面が可撓性本体の軸線に平行になっていなくてもよく、例えば、可撓性本体の軸線に対して±45°の範囲で交差するように立設されていてもよく、場合によっては複数の板状体又は棒状体が可撓性本体11の軸線に沿って間隔をあけて立設されていてもよい。
【0030】
指サック4〜6は、いずれも、摘み片22が可撓性本体12の断面五角形を形成する隣接する周壁の連接部である稜線に立設されているが、この考案において、摘み片は可撓性本体の断面五角形を形成する周壁に立設されていてもよい。
【0031】
指サック5及び6は、貫通孔13aが可撓性本体12の断面五角形を形成する周壁に穿孔されているが、この考案において、貫通孔は可撓性本体の断面五角形を形成する隣接する複数、例えば2つの周壁に跨って穿孔されていてもよい。
【0032】
指サック6は、舌片32が可撓性本体12の断面五角形を形成する1つの周壁13bに形成されているが、この考案において、舌片は可撓性本体の断面五角形を形成する複数の周壁に形成されていてもよく、また可撓性本体の断面五角形を形成する隣接する複数、例えば2つの周壁に跨って形成されていてもよい。
【0033】
1〜6 指サック
8 ネイルアート
11〜13 可撓性本体
11a 一方の開口部
11b 他方の開口部
13a 通気孔
13b 周壁
21、22 摘み片
23 凹部
31、32 舌片

(57)【要約】

【課題】指への装着及び指からの取り外しが容易な指サックを提供する。【解決手段】両端に開口部11a及び11bを有する管状の可撓性本体11と可撓性本体11の外周面に立設された摘み片21とを備えている。摘み片21は、可撓性本体11の軸線に沿って立設され、摘み位置を決める凹部23を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):