(54)【考案の名称】自動しおり

(51)【国際特許分類】

B42D 9/02 ・自動しおり

(73)【実用新案権者】株式会社スマートライズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書籍に挟み、ページをめくった時に次のページに自動しおりの先端部が移動し、書籍を閉じると開いていた位置に自動しおりの先端部が保持される機能を有するしおりに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、書籍のページをめくった時に次のページに自動的にしおりの先端部が移動するタイプのしおりは、いくつか知られている。
【0003】
例えば、特開2000−190661号(以下「特許文献1」という)においては、連結部14としおり部13は折り目29を介して略直角に折り曲げられている実施例が示されている。
しかるに折り目29は本の厚さ方向に対し折った位置が決められてしまうため、折り目の位置より数ページの時は、折り角度により追従できるが、ページ数が多くなると折り角度に無理が生じ、スムースにしおり部の移動ができず、挟み代えて折り目を作り変えねばならない欠点を有していた。
【0004】
そのため何度も折り目を作ることになり連結部14は折り目の痕だらけとなり、折癖が邪魔して上手くしおり部が移動しない結果となっていた。
【0005】
また連結部14は1枚のページの水平方向に対し同じ水平方向に幅が広くなっているため、ページをめくったとき、連結部14の曲げ強度が大きいために柔軟性に欠き、しおり部13を跳ね上げる形でしかページの送りができず、無理に頁を捲るとしおり部13のエッジがペーパーナイフのような作用となり、頁紙が破れてしまうという構造上の欠点を有していた。
【0006】
そこで、実用新案登録第3145153号(以下「特許文献2」という)なる自動しおり機能を有するブック用具が提案されている。その内容をみると、しおり部2は弾性撓み部3と連結されており、この弾性撓み部3のもう一方の端部は、保持部4の上部と連結され、挟み幅Dを0.05mmから最大40mmとし、前記弾性撓み部の寸法の長さLは20〜70mm、高さHは1〜5mm、厚さTは0.2〜1.0mmとした自動しおりである旨、記載されている。
【0007】
したがって、特許文献2における、しおり部2は弾性撓み部3により、支えられており、材質は、紙でもよい旨の記載があるが、十分この弾性状態を維持するための材料、例えば、ポリプロピレン、アクリル、塩化ビニール等の合成樹脂、又は、軟鋼、ステンレス鋼、アルミ、真鍮などを選択したり、この細長い弾性撓み部3を形成する加工コストも高価になり、市場に普及させるためには各種の問題があった。
【0008】

(57)【要約】

【課題】極めて簡単でシンプルな構造でありながら、確実に自動しおりの効果も期待でき、さらに広告用としての効果も期待できる自動しおりを提供する。【解決手段】書籍に挟んで固定するための固定部と、読書中の頁間に挿入されるしおり部3が、折り部4を介して連接されてなるものであって、さらにこの固定部にU字状の切込みにより切込み舌片を、折り部4から離れた位置に、前記U字状の凸部を折り部4の反対方向に向けて設け、この固定部と舌片で書籍の頁間にしっかり固定されるようにすると共に、前記しおり部3が折り部4で曲げられ開口する頁に常に位置するようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):