(54)【考案の名称】太陽光発電パネルの配置構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電パネルの配置構造に関するものであり、更に詳細には、荒れ地や耕作放棄地等を利用した比較的小規模の、太陽光エネルギーを高効率で得るための太陽光発電パネルの配置構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
太陽光発電装置は、二酸化炭素を発生させることなくクリーンな電気エネルギーを得られることから、地球温暖化防止の対策として脚光を浴びている現状である。東日本大震災以後、特に原子力エネルギーにかわる代替エネルギーとして注目されているところである。しかしながら、従来、太陽光発電装置そのものが高価なものであったため普及が遅れており、近年、製造技術と製品品質の進歩と、地球温暖化を憂慮して設置する一般家庭や事業所が増加しており次第に普及する傾向に成りつつある。
【0003】
また、人為的な環境破壊によって刻々と悪化する地球環境に、先進国を初めとする各国が協力して二酸化炭素の排出量の削減を進めており、我が国でも太陽光発電装置を取り付ける時の公的な援助がある。太陽光や風力などで発電した電力を電力会社が買い取る再生可能エネルギーの全量買い取り制度が、このほどスタートした。原発依存からの脱却を掲げる政府は制度導入により、再生エネによる発電への新規参入を促し、普及を後押しする。1キロワット時あたりの買い取り価格は、太陽光が42円となっている。
【0004】
一方、農山村においては後継者不足等により南向きの日当たりのよい土地であっても休耕地化、荒廃地化してきている。このような実情に鑑み従来利用されていない南向きの土地に太陽光発電パネルを配置する構造について提案するものである。
【0005】
従来住宅においては、家屋の屋根上に太陽電池モジュールを配設して利用されることが多いため、屋根上への太陽電池モジュールの取付け構造が種々提案されている。
例えば、太陽電池モジュールの配設作業が容易で、作業工数が少なく施工作業が簡単で、しかも輸送しやすく強度にも優れた太陽電池モジュールを架台上に設置する太陽電池モジュールの設置方法として、角部を有する太陽電池パネルの各端部にそれぞれ取り付けまたは取り外しのできる枠体を装着した太陽電池モジュールが提案されている(特許文献1参照)。
【0006】

【効果】

【0009】
設置作業が効率よくしかも安価に設置できる。また、太陽光発電パネルへの風の抵抗を押さえることができる。さらに太陽光発電パネル装置の下では、日陰を利用してしいたけ栽培などに適した環境を整えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の1実施例を示す斜視図
【図2】本考案太陽光発電パネルの全体平面図
【図3】本考案太陽光発電パネルの取付枠体を示す平面図

(57)【要約】

【課題】構造が簡単で、傾斜地での配設作業が容易で、しかも強度にも優れた太陽光発電パネルの設置構造を提供する。【解決手段】地面1に立設した複数本の支柱2に、パイプ状の横桟3と縦桟6を取付け、同縦桟6には太陽光発電パネルの複数枚をセットで嵌着できるように構成した枠体8を取り付けると共に、同枠体を横方向に並設した枠体群の上列と下列の間には間隙を存するように構成した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):