(54)【考案の名称】POPラベル付き容器

(73)【実用新案権者】株式会社タカラ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、広告宣伝目的のため商品から一部が突出するように貼着されてPOP効果を発揮でき、同時におまけや応募はがき等の販促物、添付文書等(以下、販促物等という。)を商品に留めることのできるラベルを貼り付けた容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、店頭での商品の陳列販売形態で、POP(Point Of Purchase)ラベルと称される商品の販売促進を狙ったラベルが使用されている。POPラベルは商品の本体や容器に貼着されているラベルとは別に、消費者に商品の特徴や効能を視覚的に訴える狙いで開発されたラベルで、特許文献1の例のように商品本体や容器に一部が突出するように別途貼着され、広告宣伝効果を発揮することが期待されている。
【0003】
そして、販売者側はさらに商品の販売促進を図るために、商品におまけ等の景品を付けて陳列しようとする。おまけ等の景品は通例、商品にテープやラベル、或いは両面テープ、ヘッダー袋やシュリンクラップ等で留めている。特許文献2はおまけ商品を収容する袋体を設けた広告用札が開示されている。また、特許文献3には試用品やおまけを商品に貼り付けるテープ体が開示されている。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案によれば、POPラベルとしての販売促進効果と相俟って、販促物等を留めることにより消費者の購買意欲を一層促進させる効果が期待できる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の実施例を示すPOPラベルを自立型チューブ容器に貼着し、販促物等を留めた商品の販売荷姿を示す斜視図である。
【図2】同、正面図である。
【図3】同、背面図である。
【図4】同、拡大した部分側面図である。
【図5】同、POPラベルの断面図である。
【図6】本考案のPOPラベルを自立型パウチ容器に貼着し、販促物等を留めた販売荷姿を示す斜視図である。
【図7】本考案のPOPラベルを自立型クリアケースに貼着し、販促物等を留めた販売荷姿を示す斜視図である。
【図8】本考案のPOPラベルを自立型紙パックに貼着し、販促物等を留めた販売荷姿を示す斜視図である。
【図9】本考案のPOPラベルを自立型のヘッダー付き包装箱に貼着し、販促物等を留めた販売荷姿を示す斜視図である。
【図10】吊下げ陳列される袋状容器にPOPラベルを貼着し、販促物等を留めた販売荷姿を示す正面図である。

【0012】
以下、本考案を図示する実施形態により具体的に説明する。
図は本考案の一実施形態の構成を示しており、POPラベル1は図5の断面図に示すように、下面全域に粘着層2が形成されて商品や容器に貼り付けられるベースシート3と、該ベースシート3上に、表面に販売促進のためのPOP表示などの印刷表示面4aを有する表示シート4が接着層5を介して積層されている。表示シート4とベースシート3の間の接着層5には容器に貼着するときの折り目仮想線6を境にしたラベルの長さ方向(図でXの矢印で示す。)の領域に、ニス層が形成され、所謂、糊殺し処理により非接着領域7が形成されて積層され、
該非接着領域7で表示シート4とベースシート3とが剥離するように構成されている。
【0013】
実施例では、ベースシート3は20μm厚のポリプロピレンフィルムを用い、表示シート4は50μm厚のポリエチレンテレフタレートフィルムを用い、両フィルムを積層してPOPラベル基材としている。また、ベースシート3の粘着層2は、例えば、ゴム系、アクリル系、ウレタン系の公知の感圧粘着剤により形成される。又、ベースシート3と表示シート4を積層する接着層5は公知の接着剤を用い、感圧粘着剤であってもよい。8はPOPラベル1を担持する離型紙である。更に、ラベルの形状は限定されず、矩形状でも円形状でもよい。
【0014】
POPラベル1が商品に貼着された状態は図1の斜視図により明らかなように、先細り容器である自立型チューブ容器10のキャップ11と反対側のシールされた扁平部12に貼着される。即ち、POPラベル1は扁平部12の端面を跨ぐようにベースシート3は折り目仮想線6で二分される第1の領域31がチューブ容器10の表面側10aに粘着層2により接着され、ベースシート3の非接着領域7と接する第2の領域32に販促物等13の上縁部13aが露呈する粘着層2により接着される(図4参照)。
【0015】
ベースシート3は第1の領域31が容器10の扁平部12に貼着され、第2の領域32に販促物等13が接着されると、販促物等13の自重により表示シート4との間の糊殺し処理が施された非接着領域7にてベースシート3と表示シート4は剥離して分離し、容器10の扁平部12の端面を跨ぐようにして販促物等13は容器の背面側10bに垂れ下がる。一方、表示シート4はこの非接着領域7で積層されたベースシート3と分離することで表示シート4の上半分が容器10より自立突出する(図4参照)。
【0016】
前記ベースシート3により販促物等13が貼着されたとき、貼着される販促物等13の被接着域がPOPラベル1の横幅より小さければ販促物等13の両側に粘着層2の一部2a,2bが露呈する。この両側に露呈する粘着層2a,2bにより販促物等13は容器10の扁平部12の背面側10bに部分的に接着されることになり、容器の搬送中においても販促物等13が容器と一体に保持されることで販促物等の脱落や変形が防止できる。
【0017】
上記の実施例では先細り容器の代表的な例である自立型のチューブ容器10にPOPラベルが貼付けられ販促物等が貼着された例を説明したが、容器10は扁平部を有する自立型の先細り容器全般を含むものであってよい。例えば先細り容器として、図6に示すようなシャンプー等の詰め替え液を収容したパウチ容器20、図7に示すクリアケース30(透明なプラスチックシート又はプラスチックフィルムのケースで粧品等の商品を収容する形態の自立型のケース)、図8に示す牛乳パックのような紙パック容器40や図9に示すヘッダー付き包装箱50が適用される。
【0018】
更に、図10のように扁平部を有する容器は袋状容器60であってもよく、その場合は容器自体に自立性がないため、容器の外に突出する表示シート4の中央上面4bに吊下げ陳列用バー(図示略)に挿通される開口4cが形成される。その場合、表示シート4は袋状容器を懸垂保持できる程度の剛性を有するものが用いられる。
【0019】
本考案はこのように構成され、POPラベルは容器の一端に貼着されその略半分が容器の外側に自立突出し、残りの半分には販促物等が貼り付けられる荷姿を呈するから、1枚のラベルにてPOP表示機能と販促物等の保持機能とをもたせることができ、商品の販売促進効果、広告宣伝コストの削減や商品の販売荷姿の向上が期待できる。
【0020】
また、販促物等はPOPラベルのラベル幅以下の幅のものとすることで、容器に該販促物等が貼り付けられたとき、販促物等の一部がラベルのベースシートの粘着層により容器表面に保持され、搬送中における販促物等の揺動や変形、脱落を抑えることができる。
【0021】
1 POPラベル
2 粘着層
3 ベースシート
31 第1の領域
32 第2の領域
4 表示シート
4c 開口
5 接着層
6 折り目仮想線
7 非接着領域
10 自立型チューブ容器
12 扁平部
13 販促物等
20 パウチ容器
30 クリアケース
40 紙パック容器
50 ヘッダー付き包装箱
60 袋状容器

(57)【要約】

【課題】販売促進を向上させるため、商品から突出する表示部を有するラベルにて販促物や添付文書等を留めるラベル付き容器を提供する。【解決手段】下面全域に粘着層が形成されたベースシート3と、該ベースシート3上に表面にPOP表示などの印刷表示面を有する表示シート4を、折り目仮想線を境に糊殺し処理の施された非接着領域7と糊殺し処理の施されない接着領域に二分して積層しPOPラベルを形成する。折り目仮想線を境にしてベースシート3の第1の領域の粘着層を容器の扁平部12の端面に接着し、非接着領域7に接する第2の領域の露呈する粘着層に販促物等13を接着する。又、容器は自立型の先細り容器、若しくは自立型のヘッダー付き包装箱、或いは袋状容器とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):