(54)【考案の名称】太陽光発電パネル設置用可動架台

(73)【実用新案権者】株式会社 ソーラージャパン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、太陽光発電パネルを設置するための架台に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の太陽光発電パネルは、図2のような固定架台に設置していた。
【問題が解決しようとする課題】
【0003】
従来の固定架台では、太陽光発電パネルの設置角度が固定されており、
1,季節の太陽光仰角と太陽光発電パネルの受光面が不適合となり、発電効率の低下を招いていた。
2,風圧や積雪への耐久性を持たせるために重装備な架台となり、堅固で重く高価であった。
【問題を解決するための手段】
【0004】
このため、太陽光発電パネルの仰角を任意の角度で停止出来るようにした太陽光発電パネル設置用可動架台によりこれらの問題点を解決しようとするものである。
具体的には、図1のごとく、軸受4付き基礎架台5と軸受モーター3付き基礎架台6と回転軸1とこの回転軸1を任意の角度で停止出来るようにした正逆転のスイッチ付き制御箱7と太陽光発電パネル取付金具2により構成され、それぞれの基礎架台を直線的に配置し、軸受4に回転軸1を貫通させ、回転軸1の端末に軸受モーター3を固定し、この回転軸1に太陽光発電パネル取付金具2を取り付け、この回転軸1を任意の角度で停止出来るようにした正逆転のスイッチ付き制御箱7を取り付けた事を特徴とする太陽光発電パネル設置用可動架台により解決しようとするものである。
【0005】
本考案による実施の形態について説明すると、図1の太陽光発電パネル設置用可動架台の構成図のごとく、
1, 軸受4の付いた軸受付き基礎架台5を用意する。
2, 軸受モーター3を取り付けた軸受モーター付き基礎架台6を用意する。
3, 軸受付き基礎架台5と軸受モーター付き基礎架台6を直線的に設置する。
4, 回転軸1を軸受4に貫通し、端末に軸受モーター3を接続する。
5, 回転軸1に太陽光発電パネル取付金具2を取り付ける。
6, 軸受モーター3を制御するための正逆転のスイッチ付き制御箱7を設置する。
以上によりより本考案の太陽光発電パネル設置用可動架台が完成する。
【0006】
実施例として、図1の太陽光発電パネル設置用可動架台の構成図のごとく、
1、 受付き基礎架台5を2台と軸受モーター付き基礎架台6を1台を太陽光発電パネルの外形よりも大きな間隔で直線的に一列にして設置する。
2、 2台の軸受4に回転軸1を貫通させ、端末を軸受モーター3に接続する。
3、 回転軸1に太陽光発電パネル取付金具2を太陽光発電パネルの取り付け幅に合わせて固定する。
4、 軸受モーター3を制御するための正逆転のスイッチ付き制御箱7を取り付け、軸受モーター3と正逆転のスイッチ付き制御箱7を結線する。
【考案の効果】
【0007】
この太陽光発電パネル設置用可動架台により、回転軸1を任意の角度で停止できるようになり、
1、 季節毎に最適な角度で停止できるので、従来よりも太陽光発電パネルの発電量を改善できる様になる。
2、 強風時は太陽光発電パネルを水平方向にすることにより風圧を軽減でき、雪の場合は太陽光発電パネルを垂直方向にすることにより積雪を防止できるようになるので、従来の固定架台よりも軽装備で安価の架台が完成する。

(57)【要約】

【課題】太陽光発電パネルの仰角を任意の角度で停止出来るようにした太陽光発電パネル設置用可動架台により発電効率の向上と架台の軽量化を図る太陽光発電パネル設置用可動架台を提供する。【解決手段】軸受4付き基礎架台5と軸受モーター3付き基礎架台6と回転軸1とこの回転軸1を任意の角度で停止出来るようにした正逆転のスイッチ付き制御箱7と太陽光発電パネル取付金具2により構成する。さらに、それぞれの基礎架台を直線的に配置し、軸受4に回転軸1を貫通させ、回転軸1の端末に軸受モーター3を固定し、この回転軸1に太陽光発電パネル取付金具2を取り付け、この回転軸1を任意の角度で停止出来るようにした正逆転のスイッチ付き制御箱7を取り付けて太陽光発電パネル設置用可動架台を形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):