(54)【考案の名称】スマートフォン用アクセサリー

(73)【実用新案権者】株式会社Dazzy

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、着信時などに発光ダイオードを発光させる発光回路部が備わり、スマートフォンに装着可能なスマートフォン用アクセサリーに関する。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話機の給電部に接続されたアンテナ取付部に着脱可能に取付けることができるアンテナ本体と、このアンテナ本体の上端部に取付けられた前記携帯電話機が呼び出し着信状態になると発光する着信電波の検出回路とからなる携帯電話機用アンテナが提案されている(例えば、特許文献1)。
【0003】
かかる技術は、携帯通話装置が呼び出し信号を着信したときに、着信が有ったことを発光によって使用者へ知らせることにより、着信時の認知を視認性の面から高め、また、ファッショ性を高める工夫がされている。
【0004】

【効果】

【0012】
本願考案に係る、スマートフォン用アクセサリーは、上記のような特徴的構成要件から構成され、特徴的構成要件に応じた、以下のような本願考案特有の効果を奏する。また、上記のような特徴的構成要件から構成されたスマートフォン用アクセサリーによれば、本願考案の課題を十分解消することができた。
すなわち、第1の考案によれば、
「アクセサリー本体部と、
スマートフォンのイヤホーンジャックに挿着されるプラグと、
発光ダイオードを有し、スマートフォンの通信時の電磁波を検知して前記発光ダイオードを発光させる発光回路部と、
を備えている」という特徴的構成要件により、
また、第2の考案によれば、
「前記アクセサリー本体部は、天然の宝石、またはそれを模して硝子材で製作された装飾部材である」という特徴的構成要件により、
また、第3の考案によれば、
「前記発光回路部は、共振コイルおよび整流ダイオードを有している」という特徴的構成要件により、
それぞれアクセサリーを通じて着信報知の視認性を高めると共に、アクセサリーの装飾性を通じてスマートフォンのファッション性を高めることができるスマートフォン用アクセサリーを提供するという、課題を解決することができた。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の実施の形態のスマートフォン用アクセサリーを示す図である。
【図2】本考案の実施の形態のアクセサリーの発光回路の回路図を示す図である。
【図3】本考案の実施の形態のアクセサリーをスマートフォンに取り付けた状態を示す図である。

【0014】
以下、本考案を実施の形態に基づき図面を参照しつつ説明する。
【0015】
図1は本実施の形態のスマートフォン用アクセサリーを示す図であり、図2は本実施の形態のアクセサリーの発光回路の回路図を示す図であり、図3は本実施の形態のアクセサリーをスマートフォンに取り付けた状態を示す図である。
【0016】
図1に示すように、スマートフォン用アクセサリー1は、アクセサリー本体部2と、スマートフォン3のイヤホーンジャックに挿着されるプラグ4と、発光回路部5(図2参照)とを備えている。
【0017】
アクセサリー本体部2は、天然の宝石、またはそれを模して硝子材で製作された装飾部材である。
【0018】
図2は本実施の形態のアクセサリー1の発光回路部5の回路図を示す図であり、図1において、共振コイル51と整流ダイオード52とで構成された共振回路を備えている。また、図2中の符号53は発光ダイオード(LED)であり、54はコンデンサである。
【0019】
そして、発光回路部5は、スマートフォン3への着信時やスマートフォンか3らの発信時に生じる電磁波を検知して発光ダイオード53を発光させる。
【0020】
図3は本実施の形態のアクセサリー1をスマートフォン3に取り付けた状態を示す図である。図3に示すように、アクセサリー1は、プラグ4をスマートフォン3のイヤホーンジャックに差し込むことによって取り付けられる。
【0021】
したがって、発光回路部5は、着信時や発信時に生じる電磁波により発光ダイオード53が発光したときには、アクセサリー本体部2が光ることにより、使用者は、着信や発信を視覚を通じて認識することができ、着信時や発信時に認知性を高めることができる。
【0022】
このように、本実施の形態のスマートフォン用アクセサリー1は、アクセサリーの装飾性を媒介とすることにより、着信などの報知の認知性を高めると同時に、スマートフォン3のファッション性を高めることができる。
【0023】
また、アクセサリー1は、スマートフォン3のイヤホーンジャックにプラグ4を装着するだけでスマートフォン3に取り付けることができるため、アクセサリー1をスマートフォン3と共に簡易に持ち運ぶことができる。
【0024】
また、使用者がアクセサリー1を使用したくないときには、プラグ4をスマートフォン3のイヤホーンジャックから引き抜けば、スマートフォン3から簡単に取り外すことができる。
【0025】
なお、アクセサリー本体部2の形態は宝石形状に限定されるものではない。
【0026】
以上、本考案を実施の形態に基づいて説明したが、本考案と均等の範囲内において、変更することができる。
【0027】
1 スマートフォン用アクセサリー
2 アクセサリー本体部
3 スマートフォン
4 プラグ
5 発光回路部
51 共振コイル
52 整流ダイオード
53 発光ダイオード
54 コンデンサ

(57)【要約】

【課題】アクセサリーを通じて着信報知の視認性を高めると共に、アクセサリーの装飾性によるスマートフォンのファッショ性を高めることができるスマートフォン用アクセサリーを提供する。【解決手段】アクセサリー本体部と、スマートフォンのイヤホーンジャックに挿着されるプラグと、発光ダイオードを有し、スマートフォンの通信時の電磁波を検知して前記発光ダイオードを発光させる発光回路部とを備えていることを特徴とするスマートフォン用アクセサリー。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):