(54)【考案の名称】開閉器

(73)【実用新案権者】日本乳化剤株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、開閉器に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、容器の開口に備えられた蓋を開けたときに、容器に収容されていた液体が、開口から噴出して飛散してしまうことがあった。たとえば、容器の中で気化した有毒な有機溶媒等が開口から飛散すると、その有毒な有機溶媒等を、作業者が吸い込んだり、または作業者が浴びたりする虞がある。
【0003】
そこで、容器への取付部と液状内容物を注出する開口を有するノズルとを有する本体と、ノズルの開口を封止する封止部と、本体と封止部とを接続するヒンジ部とを備え、ノズルの開口が1本以下の線対称軸を有する形状を有したヒンジキャップの技術が開示されている。ノズルの開口が1本以下の線対称軸を有する形状であることから、ノズルの内周に付着する液状内容物の表面張力のバランスが崩れ、液状内容物が容器の内部に戻る(特許文献1を参照)といった発明が公開されている。
【0004】

【効果】

【0008】
上記のように構成した本考案の開閉器は、容器の開口に備えられた蓋を開けたときに、容器に収容されていた液体が、開口から液体の状態または気化した状態で飛散することを防止できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】第1実施形態に係る開閉器を示す図である。
【図2】第1実施形態に係る開閉器を分解した状態で示す斜視図である。
【図3】第1実施形態に係る開閉器に対応した蓋の一つの形態である蓋を示す斜視図である。
【図4】第1実施形態に係る開閉器に対応した蓋の他の形態である蓋を示す斜視図である。
【図5】第1実施形態に係る開閉器を用いてドラム缶に備えられた蓋を開閉する状態を示す斜視図である。
【図6】第2実施形態に係る開閉器を示す図である。
【図7】第3実施形態に係る開閉器を示す図である。
【図8】図7(a)に示す開閉器を上下方向に反転させた状態の斜視図である。
【図9】第3実施形態に係る開閉器に対応した蓋を示す斜視図である。

【0010】
以下、添付した図面を参照しながら、本考案の実施形態を説明する。図面の説明において同一の要素には同一の符号を付し、重複する説明を省略する。図面における各部材の大きさや比率は、説明の都合上誇張され実際の大きさや比率とは異なる場合がある。
【0011】
(第1の実施形態)
まず、開閉器10の構成について、図1および図2を参照しながら説明する。
【0012】
図1は、開閉器10を示す図であり、図1(a)は開閉器10を示す斜視図、図1(b)は開閉器10をその長手方向に沿って断面で示す斜視図、図1(c)は開閉器10をその長手方向に沿って断面で示す側面図である。図2(a)および図2(b)は、開閉器10を分解した状態で示す斜視図である。
【0013】
開閉器10は、開閉部11、持手部12、遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)、および封止部15から構成される。開閉器10の開閉部11は、たとえば、ステンレスからなり、板状に形成されている。開閉部11の一端11aは、後述する蓋110等に当接される。開閉部11に開口された貫通孔11bに、後述する持手部12が挿通される。開閉器10の持手部12は、たとえば、ステンレスからなり、円柱形状に形成されている。持手部12は、重量を軽減するために、円筒形状から形成し、その両端を閉口してもよい。持手部12は、開閉部11の貫通孔11bに挿通された状態で、たとえば溶接されている。
【0014】
遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)は、たとえば、ステンレスからなり、組み合された状態で一端13aが開口し内部に開閉部11を収納し他端14bが閉口した、円筒形状からなる。第1遮蔽部13は、円筒形状に形成され、その一端13aは後述するドラム缶200に当接し他端13bは第2遮蔽部14に当接する。第2遮蔽部14は、上面が閉口した蓋状に形成され、その一端14aは第1遮蔽部13に当接し他端14bは閉口している。第1遮蔽部13および第2遮蔽部14は、組み合された状態で楕円形状になるように、半楕円形状の開口13cおよび14cがそれぞれ形成されている。この開口13cおよび14cが組み合された楕円形状の開口に、持手部12が挿入される。第1遮蔽部13の他端13bと第2遮蔽部14の一端14aには、回動可能な回動部13dおよび14dがそれぞれ設けられている。第1遮蔽部13の接続部13dおよび第2遮蔽部14の接続部14dに対向した箇所に、着脱可能な鉤部13eおよび14eがそれぞれ設けられている。
【0015】
開閉器10の封止部15は、たとえば、ステンレスからなり、湾曲した板状からなる。封止部15は、一対からなり、その中央に設けられた挿入孔15aに持手部12が挿入された状態で、たとえば溶接されている。封止部15は、第1遮蔽部13および第2遮蔽部14の半楕円形状の開口13cおよび14cが組み合された楕円形状の開口に対し、持手部12が挿入された状態で生じる隙間を埋める。
【0016】
開閉器10は、図2に示すように、第1遮蔽部13と第2遮蔽部14を開口した状態で、持手部12および封止部15が接合された開閉部11を着脱することができる。特に、後述する図5(a)において、まずドラム缶200の上面に第1遮蔽部13と第2遮蔽部14を開口した状態で載置し、その上で持手部12および封止部15が接合された開閉部11を挿入し、その後に第2遮蔽部14を閉めることができる。
【0017】
つぎに、開閉器10の使用形態について、図3〜図5を参照しながら説明する。
【0018】
図3は、開閉器10に対応した蓋の一つの形態である蓋110を示す斜視図である。図4は、開閉器10に対応した蓋の他の形態である蓋120を示す斜視図である。図5は、開閉器10を用いてドラム缶200に備えられた蓋100aを開閉する状態を示す斜視図であり、図5(a)は開閉器10を用いて蓋100aを開ける状態を示す斜視図、図5(b)は開閉器10を用いて蓋100aを閉める状態を示す斜視図である。
【0019】
開閉器10に対応する一つの形態に相当する蓋110は、図3に示すように、蓋部111、当接部112、および密閉部113から構成される。蓋110の蓋部111は、たとえば、ステンレスからなり、下部が閉口した円筒形状に形成されている。蓋部111の外周面111aには、ネジ山が形成され、その上端に後述するパッキンからなる密閉部113を係留するための鍔が設けられている。蓋部111の上部に開口された載置穴111bには、後述する当接部112が載置された状態で、その当接部112が、たとえば溶接されている。
【0020】
蓋110の当接部112は、たとえば、ステンレスからなり、板状の両端に弓状の突出部をそれぞれ設けている。この突出部に、開閉部11を付勢させることにより、蓋110を開閉する。具体的には、開閉器10の開閉部11を当接部112の突出面112aおよび112dに引っ掛けた状態で、その開閉部11を半時計方向に付勢させると、蓋110が開く方向に回転する。一方、開閉器10の開閉部11を当接部112の突出面112bおよび112cに引っ掛けた状態で、その開閉部11を時計方向に付勢させると、蓋110が閉まる方向に回転する。蓋110の密閉部113は、たとえば硬質ゴムからなり、断面が円形状に形成された無端状のパッキンである。
【0021】
また、開閉器10に対応する他の形態に相当する蓋120は、図4に示すように、蓋110と同様の構成からなる蓋部111および密閉部113と、蓋120に特有の構成からなる当接部122から構成される。蓋120の当接部122は、たとえば、ステンレスからなり、板状の長手方向に沿って両端を屈折させることによりコの字形状に形成されている。この当接部122の内面122aおよび122bの間に、開閉部11を挿入した状態で付勢させることにより、蓋120を開閉する。具体的には、開閉器10の開閉部11を当接部122の内面122aおよび122bの間に挿入した状態で、その開閉部11を半時計方向に付勢させると、蓋120は開く方向に回転する。一方、開閉器10の開閉部11を当接部122の内面122aおよび122bの間に挿入した状態で、その開閉部11を時計方向に付勢させると、蓋120は閉じる方向に回転する。
【0022】
開閉器10に対応する蓋110および蓋120は、図5に示すドラム缶200の上面に設けられた開口200a用の蓋100aに相当する。なお、開閉器10に対応する蓋110および蓋120は、ドラム缶200の上面に設けられたサンプリング抽出孔または通気孔からなる開口200b用の蓋100bに適用してもよい。図5(a)は、開閉器10を蓋110および蓋120に相当する蓋100aに装着した上で反時計方向F1に回し、蓋100aを開ける状態を示している。図5(b)は、開閉器10を蓋110および蓋120に相当する蓋100aに装着した上で時計方向F2に回し、蓋100aを閉じる状態を示している。なお、遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)は、蓋100aを閉じる際には必ずしも必要ではないため、装着を省略している。
【0023】
上述した第1実施形態の開閉器10によれば、以下の作用効果を奏する。
【0024】
開閉器10は、たとえばドラム缶200の開口200aに備えられた蓋100aを開閉するものである。開閉器10は、開閉部11および遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)を有している。開閉部11は、蓋100aに当接し、その蓋100aを開閉する。遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)は、蓋100aが開けられたときに外部に臨む開口200aを遮るように設けられる。
【0025】
このように構成した開閉器10によれば、ドラム缶200の開口200aに備えられた蓋100aを開けたときに、ドラム缶200に収容されていた液体が、開口200aから液体の状態または気化した状態で噴出して飛散することを防止できる。
【0026】
具体的には、開閉器10は、たとえばドラム缶200の蓋100aを開けたときに、ドラム缶200の中で気化した有毒な有機溶媒等が開口200aから外部に噴出しても、遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)で遮蔽している。したがって、ドラム缶200の蓋100aを開けた作業者が、その有毒な有機溶媒等を、吸い込んだり、または皮膚に浴びたりすることを防止できる。さらに、ドラム缶200の周囲に、その有毒な有機溶媒等が飛散して汚染することを防止できる。
【0027】
開閉器10は、遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)を開閉部11に対して着脱可能に構成してもよい。
【0028】
このように構成した開閉器10によれば、開閉部11を覆っている遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)を取り外し、開閉部11を直接視認した状態で、その開閉部11をドラム缶200の蓋100a等に当接させることができる。したがって、蓋100aに対して開閉部11を容易に当接させることができる。
【0029】
開閉器10は、遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)の少なくとも一部を可視光領域の光に対して透明に構成してもよい。
【0030】
このように構成した開閉器10によれば、透明な遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)越しに開閉部11を視認しながら、その開閉部11をドラム缶200の蓋100a等に当接させることができる。したがって、蓋100aに対して開閉部11を容易に当接させることができる。
【0031】
開閉器10は、開閉部11に接合され手で担持可能な長尺形状に形成された持手部12をさらに有する構成としてもよい。開閉部11の一端11aは、たとえば蓋100aに当接する。この持手部12は、開閉部11の一端11aから離間した位置に接合されている。
【0032】
このように構成した開閉器10によれば、作業者は、持手部12を介してドラム缶200の蓋100a等を開閉することにより、その蓋100a等から十分な距離を取ることができる。したがって、作業者は、蓋100aの開閉に係る作業を、開閉器10を用いてより安全に行うことができる。また、作業者は、持手部12を介することにより、蓋100a等の開閉をテコの原理により省力で行うことができる。さらに、開閉部11の一端11aから離間した位置に持手部12が接合されていることから、持手部12とドラム缶200との間に十分な隙間が発生する。したがって、作業者は、持手部12を持って開閉部11を回動させたときに、ドラム缶200の縁等に手の指等を接触させて負傷することを防止できる。
【0033】
(第2の実施形態)
第2実施形態に係る開閉器20は、第1実施形態に係る開閉器10と異なり、開閉部21が遮蔽部23に接合されていることに特徴を有している。一方、第2実施形態に係る開閉器20の基本的な構成は、第1実施形態に係る開閉器10と同様である。そこで、第2実施形態では、第1実施形態と異なる構成を中心に、図6を参照しながら説明する。
【0034】
図6は、開閉器20を示す図であり、図6(a)は開閉器20を示す斜視図、図6(b)は開閉器20をその長手方向に沿って断面で示す斜視図、図6(c)は開閉器20をその長手方向に沿って断面で示す側面図である。
【0035】
開閉器20は、開閉部21、持手部22、および遮蔽部23から構成される。開閉器20の開閉部21は、前述した開閉器10の開閉部11と、形状および材質ともに同様である。開閉器20の持手部22は、前述した開閉器10の持手部12と、同様の材質である。一方、持手部22の一端22aは、後述する遮蔽部23の内周面23cに当接した状態で、たとえば溶接されている。開閉器20の遮蔽部23は、前述した開閉器10の遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)と、同様の材質である。一方、開閉器20の遮蔽部23は、開閉器10の遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)を一体に形成した形状に相当する。遮蔽部23は、一端23aが開口し内部に開閉部21を収納し他端23bが閉口した、円筒形状からなる。遮蔽部23の側面に開口された挿入孔23dは、持手部22の一端22aが挿通された状態で、たとえば溶接されている。
【0036】
上述した第2実施形態の開閉器20によれば、さらに以下の作用効果を奏する。
【0037】
開閉器20は、開閉部21が遮蔽部23に接合されている。
【0038】
このように構成した開閉器20によれば、開閉部21と遮蔽部23を一体に接合している状態であることから、十分な強度を有する。したがって、開閉器20を取り扱うときに、床への落下や壁面への接触が発生しても、その開閉器20の破損を防止することができる。このような構成は、特に、遮蔽部23の少なくとも一部を可視光領域の光に対して透明に構成し、開閉器20を分解しなくても、遮蔽部23越しに開閉部21を視認可能な場合に好ましい。また、このような開閉器20は、遮蔽部23の外周面に明確な目印を表示した上で、その目印に合わせて取り扱えば、開閉器20を分解しなくても、開閉部21の一端21aが蓋100a等に容易に当接するような場合に好ましい。
【0039】
(第3の実施形態)
第3実施形態に係る開閉器30は、第1実施形態に係る開閉器10と異なり、開閉部(31bおよび31d)が遮蔽部31に対して一体に形成されていることに特徴を有している。そこで、第3実施形態では、第1実施形態と異なる構成を中心に、図7〜図9を参照しながら説明する。
【0040】
図7は、開閉器30を示す図であり、図7(a)は開閉器30を示す斜視図、図7(b)は開閉器30をその長手方向に沿って断面で示す斜視図、図7(c)は開閉器30をその長手方向に沿って断面で示す側面図である。図8は、図7(a)に示す開閉器30を上下方向に反転させた状態の斜視図である。図9は、開閉器30に対応した蓋130を示す斜視図である。
【0041】
開閉器30は、遮蔽部31および持手部32から構成される。開閉器30の遮蔽部31は、前述した開閉器10の遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)と、同様の材質である。一方、開閉器30の遮蔽部31は、円錐台形状に形成され、対向する両面のうちの一面に第1穴31aが形成され、その第1穴31aには六角形状からなる開閉部31bが設けられている。遮蔽部31の両面のうちの他面に第2穴31cが形成され、その第2穴31cには六角形状からなる開閉部31dが設けられている。図7および図8に示すように、遮蔽部31の対向する両面に対して、異なる形状の開閉部31bおよび31dを形成している。開閉器30の持手部32は、前述した開閉器10の持手部12と、同様の材質である。一方、持手部32の一端32aは、遮蔽部31の側面に開口された挿入孔31eに挿入された状態で、たとえば溶接されている。
【0042】
開閉器30の第1穴31aや第2穴31cに対応する蓋130は、図9に示すように、蓋部131および密閉部133から構成される。蓋130の蓋部131は、前述した蓋110の蓋部111と同様の材質からなる。一方、蓋部131は、前述した蓋部111の外周面に対して六角形状の突出部131cが設けられた形状に相当する。蓋130の密閉部133は、前述した蓋110の密閉部113と同様の材質からなり、断面が長方形状に形成された無端状のパッキンである。開閉器30に形成された第1穴31aや第2穴31cは、蓋部131の突出部131cに係合する。
【0043】
上述した第3実施形態の開閉器30によれば、さらに以下の作用効果を奏する。
【0044】
開閉部31bおよび31dは、遮蔽部31に対して一体に形成されている。
【0045】
このように構成した開閉器30によれば、非常に簡便な構成により、たとえばドラム缶200の蓋100aを開けたときに、ドラム缶200の中で気化した有毒な有機溶媒等が開口200aから外部に噴出しても、遮蔽部31で遮蔽することができる。
【0046】
さらに、このような構成の開閉器30によれば、遮蔽部31の対向する両面に対して、異なる形状の開閉部31bおよび31dを形成することができる。したがって、1個の開閉器30で、異なる2種類の形状の蓋130を開閉することができる。さらに、遮蔽部31の第1穴31aに形成された開閉部31bの形状を目印として、その反対側の第2穴31cに形成された開閉部31dの位置を確認することができる。したがって、遮蔽部31の開閉部31bを視認しながら、その裏面側の開閉部31dを蓋130に当接することが容易である。
【0047】
そのほか、本考案は、特許請求の範囲に記載された構成に基づき様々な改変が可能であり、それらについても本考案の範疇である。たとえば、金属板は、絶縁板に置き換えてもよい。
【0048】
10,20,30 開閉器、
11,21 開閉部、
12,22,32 持手部、
13 第1遮蔽部、
14 第2遮蔽部、
15 封止部、
23 遮蔽部、
31 遮蔽部、
100a,100b,110,120,130 蓋、
111,131 蓋部、
112 当接部、
113,133 密閉部、
122 当接部、
131c 突出部、
200 ドラム缶、
200a,200b 開口。

(57)【要約】

【課題】有毒な有機溶媒等が収容されているドラム缶の蓋を開けたときに、開口から液体の状態または気化した状態で有機溶媒等が噴出または飛散することを防止できる開閉器を提供する。【解決手段】開閉器10は、たとえばドラム缶の開口に備えられた蓋を開閉するものである。開閉器10は、開閉部11および遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)を有している。開閉部11は、蓋に当接し、その蓋を開閉する。遮蔽部(第1遮蔽部13および第2遮蔽部14)は、蓋が開けられたときに外部に臨む開口を遮るように設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):