(54)【考案の名称】足用サポータ

(73)【実用新案権者】パスミ繊維工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は足用サポータに関する。

【従来の技術】

【0002】
空気が乾燥すると踵部分の皮膚が角質化することにより、見た目が悪くなることがある。また、皮膚が角質化した部分にひび割れが生じると、激しい痛みを伴うこともあり、踵部分における皮膚の角質化は不具合を生じることが多い。
このような踵部分の皮膚の角質化を解消するための足用サポータとしては、たとえば特許文献1や特許文献2に開示されているようなものが知られている。
【0003】
特許文献1および特許文献2には、伸縮性および保湿性を有する布帛により形成された足用サポータの構成が開示されている。これらの足用サポータによれば、保湿性を有する布帛により踵部分の皮膚が被覆されることになり、保湿クリームなどを塗ることなく、着用するだけで踵部分の皮膚の角質化を防止することができるため、広く好適に用いられていた。
【0004】

【効果】

【0012】
本考案にかかる足用サポータによれば、踵の接地面に縫製部分による凹凸がないため、足用サポータを着用した状態であっても違和感なく快適に歩行することができる。また、接地部以外の部位で縫製されているので、着用時に縫製部分の伸びによる隙間が踵部分に生じることがなく、踵部分の保湿を確実におこなうことができる。
さらに、足の甲側を起点として接地部側に延伸するスリットが形成されていることにより、足の甲部分における締め付け感を大幅に軽減される。これらにより、履き心地が良好であり、足用サポータを長時間にわたって着用しても、足がむくんでしまうなどの不具合がなく、確実に皮膚の角質化を解消することができる時間にわたって足用サポータを連続着用することが可能になる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】第1実施形態にかかる足用サポータの縫製前状態を示す布帛の展開図である。
【図2】第1実施形態にかかる足用サポータの平面図である。
【図3】図2に示した足用サポータの着用状態を示す斜視図である。
【図4】第2実施形態にかかる足用サポータの縫製前状態を示す布帛の展開図である。
【図5】第2実施形態にかかる足用サポータの平面図である。
【図6】図5に示した足用サポータの着用状態を示す斜視図である。

(57)【要約】

【課題】踵部分における違和感をなくし、履き心地が良好であると共に、皮膚の角質化を解消するために必要な時間にわたって連続着用しても、足に対する締め付け感を大幅に軽減することができる足用サポータを提供する。【解決手段】伸縮性を呈する非透水性樹脂シートを中間層として有する布帛が筒状体に縫製されてなる足用サポータ10であって、筒状体は、使用者の足に着用させた状態において、接地部30以外の部位で縫製されていると共に、使用者の足の甲側を起点として接地部30側に延伸し、所要幅を有するスリット24が形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):