(54)【考案の名称】コインロッカー用のコイン回収トレイ

(73)【実用新案権者】日本自動保管機株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電源をもたない簡易なコインロッカーに用いるためのコイン回収トレイに関する。

【従来の技術】

【0002】
利用者が多い都市の鉄道駅、地下鉄駅、商業施設等に設置するコインロッカーは、ロッカー自体にバッテリ等の電源装置を設けることによって、延長料金を徴収可能としている。
【0003】
しかしながら、利用客が少ない地方の鉄道駅や、設置施設側の利用時間が予め決まっている各種施設、例えばプール、スキー場、ゴルフ場、図書館等に設置するコインロッカーは、電源装置をもたない。装置コストを抑えて、各種施設がコインロッカーを導入しやすいようにするためである。
【0004】
電源装置をもたないコインロッカーは、コインの投入部、コインの投入を確認するコイン投入確認部、庫体の開閉扉に物理的キーを用いて施開錠を行うロック装置を備える。このようなコインロッカーとしては、従来、例えば下記特許文献1がある。
【0005】
図4は、従来のコインロッカーを例示するもので、コイン投入部1から利用代金として投入された硬貨は、物理キーによる開閉扉2の施錠操作によって、最下部にあるコイン回収トレイ3に落ちて集められる。コイン回収トレイ3は、フェース面に施開錠用の鍵穴4をもっている。
【0006】
鍵穴4に物理キーを差し込んで操作すればコイン回収トレイ3を施開錠できるので、コインロッカーの設置者、管理者は、定期的にコイン回収トレイ3のロックを開錠して引き出し、コイン回収トレイ3内に集まった硬貨を回収する。通常、コイン回収トレイ3は化粧板等によって外部からは見えないようになっている。
【0007】

【効果】

【0020】
本考案に係るコイン回収トレイによれば、電源装置をもたない簡易なコインロッカーにおいて、不正な抜き取り行為を防止することが出来る。外部装置に対してトレイ本体の重量の計測データを送出した後でなければ、コイン回収トレイのロックを解除できないからである。

(57)【要約】

【課題】 電源をもたないコインロッカーにおいて不正な抜き取りを防止する。【解決手段】 物理キーを介して施開錠を行うロック装置11を備えるコイン回収トレイにおいて、トレイ本体20の重量を計測する計量センサ装置30を設ける。ロック装置11のロック片14が施錠状態のときに、開錠動作を禁止するソレノイド装置15と、計量センサ装置の計測データを外部装置60に対して送出するデータ送出部35とを設ける。ソレノイド装置15、計量センサ装置30等に外部から電源を供給する給電端子41と、データ送出部35から外部装置60に対して計測データを送出するデータ用端子44とを設ける。ソレノイド装置15は、データ用端子44を介して外部装置60に対して計測データの送出があったときに限り、ロック片14の拘束を解除する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):