(54)【考案の名称】幼児用フトン庫

(73)【実用新案権者】株式会社藤田建築設計事務所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は木製の幼児用フトン庫に関する。

【従来の技術】

【0002】
幼児が使用した昼寝用フトンをコンパクトに収納し、移動して間仕切りとしても使用したい。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来のフトンは押入れ又は物入れに収納し設置スペースには多くの空間を必要とした。
保育士にとってはフトンの収納と持ち運びは、職業病の1つである腰痛になりやすい。

【効果】

【0005】
保育士は数人分の幼児のフトンを移動する場合、腰に大きな負担がかかる、本考案では一人の保育士がフトン庫を傾けるだけで移動できるため、腰への負担が極めて少なくなり、床へ置いた場合は容易に動かなくなり転倒をしない。数個を並べれば間仕切りとしても利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の幼児用フトン庫の構成(内部斜視図)
【図2】本考案の幼児用フトン庫の構成(斜視図と断面図) (a)斜視図 (b)A−A断面図

【0007】
図1は本考案の幼児用フトン庫の構成(内部斜視図)である。
幼児用フトン庫1は、上板11、側板12、裏板13、底板14、上扉15、前扉16、スノコ17、前板18、戸車19からなり、上扉15と前扉16を開けてフトンを収納する。
図2は本考案の幼児用フトン庫の構成を説明するための図で、(a)は斜視図、(b)は断面図を示す。
(b)はフトン庫の断面図で、換気を兼ねた手掛穴121を持ち、フトン庫を傾ければ戸車により容易に移動が可能となる。
【産業上の利用可能性】
【0008】
コンパクトな収納と移動し易い幼児用のフトン庫を提供する。
【0009】
1 幼児用フトン庫
11 上板
12 側板
121 手掛穴
13 裏板
14 底板
15 上扉
151 ピアノ丁番
1511 戸当り
15111 隙間
151111 戸当り
16 前扉
161 スライド丁番
17 スノコ
18 前板
19 戸車

(57)【要約】

【課題】数人分の幼児のフトンの収納は前扉と上扉を開けることにより容易にし、収納したまま移動をし易くするため、フトン庫を傾けた場合のみ戸車が床面に接触し、移動をし易くした幼児用フトン庫を提供する。【解決手段】幼児用フトン庫1は、上板11、側板12、裏板13、底板14、上扉15、前扉16、スノコ17、前板18、戸車19からなり、上扉15と前扉16を開けてフトンを収納する。さらに、フトン庫1は、換気を兼ねた手掛穴121を持ち、フトン庫を傾ければ戸車により容易に移動が可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):