(54)【考案の名称】振り込め詐欺防止アラ−ム付き電話機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、振り込め詐欺防止アラ−ム付き電話機に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
振り込め詐欺(ふりこめさぎ)は、電話やはがきなどの文書などで相手をだまし、金銭の振り込みを要求する犯罪行為である。
従来、オレオレ詐欺などとも呼ばれていた。
振り込め詐欺は、その手口の一つとして、「若い人の声で高齢者に電話をかけ、子や孫を装ったうえで困窮した状況を訴え、金が必要として、だまし取る」ことである。
電話帳に掲載されている氏名欄から、一人暮らしの高齢者と推定される人を選んで、電話をかけ、電話口に出たのが高齢者と見るや、単に「オレオレ」と「名乗り」、遠隔地に住む子や孫であると錯覚させた上で、悲哀に満ちた声や緊迫に満ちた声で、困窮に陥って居る事、例えば、悪徳金融業者から大金を借り、直ぐに返さないと、酷い目に遭わされる状況にあることや交通事故や医療事故を起こして、直ぐに示談金や慰謝料を払わないと収監されるなどの状況を装い、所定の口座へ大金を振り込む様に仕向けるものである。
振り込め詐欺に対しては、その対策として、プリペイド式携帯電話販売時の身元確認を厳しくしたり、その譲渡を禁ずる立法などがなされており、又、その手法を公開し、電話口での対応法や対策についての周知徹底も図られてはいる。
しかしながら、この様な詐欺があるとは承知していても、いざ、電話口で緊迫した声、悲哀に満ちた声を聞かされると、冷静さを保つのは困難で、どうしても犯人のペ−スに乗せられ易いという実験も紹介されている。
又、ある手口が紹介されて警戒が求められると、更に手の込んだ手口を弄して詐取にかかるなど、いたちごっこの様相もある。

【効果】

【0005】
本考案による電話機は、振り込め詐欺防止の為の音声出力、メッセ−ジ表示又はランプの点滅或いは点灯からなるアラ−ム信号を記録した再生・録音回路とスピ−カ−とディスプレイとランプとを備えていて、電話の着信音に基づき、特に、高齢者が送受話器を持ち上げたときに、当該再生・録音回路から当該アラ−ム信号が当該スピ−カ−、ディスプレイ及びランプの少なくとも1つに送出されて、当該アラ−ム信号の音声が当該スピ−カから出力し、当該メッセ−ジが当該ディスプレイに表示され、又、当該ランプに出力され、当該ランプを点滅し或いは点灯させるようになっている。
その為、本考案によれば、一人暮らしの高齢者なりが、音声で、例えば、「オレ、オレ サギニ チュ−イ カクニン」のようなオレオレ詐欺による振り込め詐欺を防止できるような文言を耳にし、それを目にし、又、ランプの点滅・点灯を目にすることになる。
そうすることにより、仮に、高齢者がオレオレ詐欺による振り込め詐欺を知っていて、自分は別と考えていても、いざ、電話口で緊迫した声、悲哀に満ちた声を聞かされた時に、冷静さ失い、どうしても犯人のペ−スに乗せられそうになっても、当該オレオレ詐欺による振り込め詐欺を防止できるような文言を耳にし、それを目にし、又、ランプの点滅・点灯を目にすれば、少しでも、警戒心を持つことが出来、振り込め詐欺から守ることができる。

(57)【要約】

【課題】振り込め詐欺防止の為の音声出力、メッセージ表示等ができるようにした振り込め詐欺防止アラーム付電話機を提供する。【解決手段】振り込め詐欺防止の為の音声出力、メッセ−ジ表示又はランプの点滅或いは点灯からなるアラ−ム信号を記録した再生・録音回路14とスピ−カ−5とディスプレイ4とランプ3とを備える。電話の着信音に基づき送受話器を持ち上げたときに、再生・録音回路14からアラ−ム信号がスピ−カ−5、ディスプレイ4及びランプ3の少なくとも1つに送出されて、アラ−ム信号の音声がスピ−カ5から出力し、メッセ−ジがディスプレイ4に表示され、又、ランプ3に出力されてランプ3を点滅し或いは点灯させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):