(54)【考案の名称】盲人用標識付き床マット

(73)【実用新案権者】ミヅシマ工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、盲人用標識付き床マットに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来知られている盲人用標識付き床マットとしては、たとえば特許文献1に記載の盲人用標識を備えたスノコ状床マット(以下、床マットという。)がある。特許文献1に記載の床マットでは、複数本の桟部材が連結部材によって連結されており、桟部材の上面の嵌合凹部には、盲人用標識を構成する円形突起,四角形突起などの複数個の標識部材とマット部材とが交互に嵌合されている。この嵌合凹部に嵌合される複数個の標識部材によって「止まれ」,「注意」などの盲人用標識が形成される。標識部材は嵌合凹部に接着剤で固定され、あるいは嵌合凹部の裏面側からビス止めされて固定される。
【0003】

【効果】

【0008】
請求項1に記載の考案では、点字鋲が表面マット部材に載って枠体に固定されるので、一定の長さの表面マット部材を用いて部品点数を減らし、組み立て時間を短縮することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の一実施の形態に係る盲人用標識付き床マットの分解斜視図である。
【図2】同枠体を上下逆に向けて見た斜視図である。
【図3】(a),(b),(c)は同円形点字鋲の平面図,正面図,底面図である。
【図4】(a),(b),(c),(d)は同第1の角型点字鋲の平面図,正面図,側面図,底面図である。
【図5】(a),(b),(c),(d)は同第2の角型点字鋲の平面図,正面図,側面図,底面図である。
【図6】(a),(b),(c),(d)は同長尺点字鋲の平面図,正面図,側面図,底面図である。
【図7】同完成した盲人用標識付き床マットの斜視図である。
【図8】同点字鋲取り付け部の断面図である。
【図9】同完成した盲人用標識付き床マットを裏向けた状態での斜視図である。
【図10】同盲人用標識付き床マットを紙管に巻き付けた状態を示す側面図である。
【図11】表面マット部材としてブラシマットを用いた盲人用標識付き床マットの斜視図である。
【図12】表面マット部材としてゴムマットを用いた盲人用標識付き床マットの斜視図である。

【0010】
以下、本考案の一実施の形態について図1〜図12に基づいて説明する。図において盲人用標識付き床マット1は、多数本の枠体2と、隣り合う枠体2を連結する連結部材3と、枠体2に係合される表面マット部材4と、表面マット部材4を上から覆うように枠体2にナット16止めされる円形点字鋲5、角型点字鋲6,7、長尺点字鋲8とを備えている。
【0011】
枠体2は、たとえばアルミの押し出し材を用いて長尺状に形成されており、枠体2の上部には表面マット部材4が係合する上面係合溝9が形成されている。上面係合溝9は、底壁10と、底壁10の両側から長手方向に沿って立ち上がる側壁11,11を備えている。側壁11,11の上端には、全長に亘って鍔部12,12が形成されている。側壁11,11は底壁10の下方に伸延しており、底壁10の下面中央部には、断面長方形の空洞部13が長手方向全長に亘って形成されている。この空洞部13の両側における側壁11,11との間には、連結溝14,14が形成されている。
【0012】
なお、底壁10の幅方向中央部には長手方向所定の位置に貫通孔15が設けられており、空洞部13の下面には貫通孔15の位置に合わせてナット締め付け用治具の挿入孔17が設けられている。なお、貫通孔15と挿入孔17とは各々別々に形成されているが、たとえばドリルとホールソーとが一体に設けられた切削工具を用いることによって貫通孔15と挿入孔17とを同時に形成することもできる。
【0013】
貫通孔15には、円形点字鋲5、角型点字鋲6,7、長尺点字鋲8の下面から突出する雄ねじ部5b,6b,7b,8bが挿通され、挿通された雄ねじ部5b,6b,7b,8bには前記挿入孔17から入れられたナット16が螺合される。ナットは、たとえばボックスレンチを用いて螺合される。
【0014】
前記連結部材3は、弾性軟質樹脂を用いて成型される。連結部材3の中央部には、隣接する枠体2,2間に挟み込まれる凸部18が形成されており、凸部18の両側には、隣接する枠体2,2の連結溝14,14に係合する係合部19,19が形成されている。連結部材3の内部には逆T字状の中空部20が形成されており、連結部材3は弾性変形可能である。
【0015】
前記表面マット部材4は、ゴム板21にカーペット繊維22が植え込まれて形成される。ゴム板21として、たとえばスチレン・ブタジエンゴムが用いられ、カーペット繊維22としては、たとえばポリプロピレンが用いられる。
【0016】
前記点字鋲のうち円形点字鋲5は、平面形状が円形の本体部5aと、本体部5aの下面中央部から突出する雄ねじ部5bとを備えている。本体部5aは金属製の額縁5cと額縁5cに嵌め込まれる樹脂製のマーク5dとを備えている。
【0017】
角形点字鋲6,7は平面形状が四角形の本体部6a,7aと、本体部6a,7aの下面中央から突出する雄ねじ部6b,7bとを備えている。本体部6a,7aは金属製の額縁6c,7cと額縁6c,7cに嵌め込まれる樹脂製のマーク6d,7dとを備えている。角形点字鋲6は緩やかな傾斜面を3方に備えるが、角形点字鋲7は緩やかな傾斜面を対向する2面に備えている。
【0018】
前記長尺点字鋲8は平面形状が細長い四角形の本体部8aと、本体部8aの下面複数個所から突出する複数本の雄ねじ部8bとを備えている。本体部8aは、金属製の額縁8cと、額縁8cに嵌め込まれる樹脂製のマーク8dとを備えている。これらの円形点字鋲5、角形点字鋲6,7および長尺点字鋲8は、表面マット部材4の上に載り、所望の点字模様となるように設置される。
【0019】
ここで盲人用標識付き床マット1の組み立て手順について説明する。まず、枠体2の連結溝14,14に連結部材3が取り付けられて多数本の枠体2が連結される。連結部材3は、連結溝14,14に接着剤が塗布された状態で、係合部19,19が連結溝14,14の下側開口部側から嵌め込まれて取り付けられる。連結部材3は、少なくとも枠体2の長手方向の両端部に取り付けられる。
【0020】
連結部材3によって連結された枠体2の上面係合溝9には表面マット部材4が係合される。表面マット部材4は、係合溝9の底壁10に接着剤が塗布された状態で、係合溝9の上方から嵌め込まれる。
【0021】
円形点字鋲5、角形点字鋲6,7、長尺点字鋲8は、枠体2に表面マット部材4が係合された状態で、本体部5a,6a,7a,8aが表面マット部材4上に載るように設置され、雄ねじ部5b,6b,7b,8bが表面マット部材4に挿通される。表面マット部材4には雄ねじ部5b,6b,7b,8bが挿通される孔部が形成される。孔部は、表面マット部材4が枠体2の上面係合溝9に係合される前に予め形成することができる。あるいは表面マット部材4を上面係合溝9に係合し、底壁10に貫通孔15を形成するときに、貫通孔15と同時に形成することもできる。
表面マット部材4に挿通された雄ねじ部5b,6b,7b,8bは、枠体2の底壁10に形成された貫通孔15に挿通される。貫通孔15に挿通された雄ねじ部5b,6b,7b,8bには、空洞部13の挿入孔17からナット16が差し込まれ螺合される。円形点字鋲5、角形点字鋲6,7、長尺点字鋲8は、このようにして表面マット部材4の上方から枠体2に容易に取り付けられる。
【0022】
なお、盲人用標識付き床マット1の両端部において枠体2の連結溝14には樹脂製の端部カバー23が取り付けられる。また、枠体2同士を先に連結し、連結した枠体2に表面マット部材4や円形点字鋲5、角形点字鋲6,7、長尺点字鋲8を取り付けたが、表面マット部材4や円形点字鋲5、角形点字鋲6,7、長尺点字鋲8を枠体2に取り付けた後に枠体2を連結することもできる。
【0023】
盲人用標識付き床マット1は、図10に示すように、たとえば紙管24に巻き付けてコンパクトに収納することができる。盲人用標識付き床マット1は裏面側が紙管に向いた状態で巻き付けられているが、これに限定されるものではなく、表面側が紙管に向いた状態で巻き付けることもできる。
【0024】
本考案の実施の形態においては、表面マット部材4として、ゴム板21にカーペット繊維22が植え込まれたものを用いているが、これに限定されるものではない。表面マット部材4としてたとえば図11に示すようなブラシマット4aを用いることができる。ブラシマット4aは表面マット部材4の一部に用いることができ、あるいはすべての表面マット部材4をブラシマット4aにすることもできる。表面マット部材4として図12に示すようなゴムマット4bを用いることができる。ゴムマット4bは表面マット部材4の一部に用いることができ、あるいはすべての表面マット部材4をゴムマット4bにすることもできる。ブラシマット4aは、たとえばポリプロピレンを用いて形成され、ゴムマット4bは、たとえばスチレン・ブタジエンゴムを用いて形成される。
【0025】
このように、盲人用標識付き床マット1は、凹状で長尺状の上面係合溝9と、この上面係合溝9の底部となる底壁10の下面中央に上面係合溝9の長さ方向全長に亘って形成される凹状の空洞部13と、前記上面係合溝9の底壁10の下面における前記空洞部13の両側に形成される連結溝14,14とを備えた枠体2と、隣接する枠体2の隣り合う連結溝14,14に下方から嵌合して枠体2を連結する弾性軟質樹脂からなる連結部材3と、上面係合溝9に係合される表面マット部材4と、下面側に形成された雄ねじ部5b,6b,7b,8bが表面マット部材4に貫通された状態で表面マット部材4の上から載り前記空洞部13内に位置させたナット16により枠体2に固定される点字鋲5,6,7,8とを備えているので、点字鋲5,6,7,8の下面側に形成された雄ねじ部5b,6b,7b,8bが表面マット部材4に挿通された状態で表面マット部材4の上から載るように枠体2にナット16止めされて、容易に組み立てることができる。
【0026】
1 盲人用標識付き床マット
2 枠体
3 連結部材
4 表面マット部材
5 円形点字鋲
5b 雄ねじ部
6,7 角型点字鋲
6b,7b 雄ねじ部
8 長尺点字鋲
8b 雄ねじ部
9 上面係合溝
10 底壁
11 側壁
12 鍔部
13 空洞部
14 連結溝
15 貫通孔
16 ナット
17 挿入孔
18 凸部
19 係合部
20 中空部
21 ゴム板
22 カーペット繊維
23 端部カバー
24 紙管

(57)【要約】

【課題】部品点数を減らすことができ、組み立て時間を短縮することができる盲人用標識付き床マットを提供する。【解決手段】凹状で長尺状の係合溝9と、この係合溝9の底部である底壁10の下面中央に係合溝9の長さ方向全長に亘って形成される凹状の筒状部13と、係合溝9の底壁10の下面における筒状部13の両側に形成される連結溝14,14とを備えた枠体2と、隣接する枠体2の隣り合う連結溝14,14に下方から嵌合して枠体2を連結する弾性軟質樹脂からなる連結部材3と、係合溝9に係合される表面マット部材4と、下面側に形成された雄ねじ部5が表面マット部材4に貫通された状態で表面マット部材4を上から覆うように枠体2にナット16止めされる点字鋲5とを備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):