(54)【考案の名称】発電装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は発電装置に関し、より詳しくはバッテリーとオルタネーター及びインバータやコンバータを組み合わせることで電力を供給することが可能な発電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
特開2002−359963号公報には、バッテリーから供給される電力で直流モータ
ー及び交流モーターを駆動させると共に、二つのダイナモを使用することによって、バッ
テリーの充電と電気利用を可能にした発電装置が開示されている。
【0003】
特開2011−226324号公報には、装置内で落下及び上昇を繰り返して循環する
複数の球体に係る落下運動エネルギーを、電力に変換する発電装置が開示されている。
【0004】

【効果】

【0013】
以下、上記のように構成される本考案が、如何に作用して課題を解決するかを、図面を
参照しながら概説する。
【0014】
図1は本考案の構成を示す説明図である。
【0015】
図中1は発電機を駆動させる為のバッテリーであり、昇圧インバーター2を介して駆動モーター3に電力を供給するものである。駆動モーター3から伝達される機械的運動エネルギーによりオルタネーター4で発電し、整流回路を経て各種インバータ6aや各種コンバータ6bに供給される。インバータ6aやコンバータ6bにより各種電圧を取り出し、目的の電気設備を駆動させるのである。
【0016】
オルタネーター4で発電される電力のうち、余剰のものは充電回路を介してバッテリー1や予備のバッテリー7に供給されるものである。
【0017】
なお、不慮の事態でバッテリー1が不能となった場合に備え、請求項2記載の考案にお
いては予備のバッテリー7を備えるものである。
【0018】
本考案は以上のように発電・充電を行うことが可能であることから、以下に示すような
顕著な効果を奏するものである。
【0019】
(1) 自然エネルギーを利用した発電機のように高額な設備費を要することなく、し
かも、天候等に左右されない安定した安価な電力の供給が可能である。
【0020】
(2) 大型化することにより自動車を始め動力を必要とする産業機器に利用が可能であり、様々な分野で応用可能である。
【0021】
(3) 各家庭に発電機を設置する事で大停電の危惧を持たなくて良くなる。
【0022】
(4) 各家庭の生活環境に合わせた電力の確保が容易となる。
【0023】
(5) 世界中の貧困な環境に甘んじなければならない人々に、巨大な設備や投資をせ
ずに電気の援助が可能となる。
【0024】
(6) 発電機の形状が小型で大きな設置場所を要しない。しかも、静音性に優れ、大
げさな発熱対策もいらず住環境の劣化の心配も不要である。
【0025】
(7) システム設置後はバッテリー交換費用程度で維持可能であり、電気料金が大幅に安くなる。
【0026】
(8) 国際的な新しい電気事業産業が誕生可能となる。
【0027】
(9) バッテリーが消耗するまでの間は、外部からのエネルギーの補給なしに駆動が持続する事が可能な特徴を持った発電装置の提供が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0028】
【図1】本考案の構成を示す説明図

【0029】
以下、好ましい考案の一実施形態につき図面を参照しながら概説する。
【0030】
図1において、1はDC12Vのバッテリーで、常に充電が行われ電源が確保されている。バッテリーの異常或いは故障によるダウンを避けるため、予備のバッテリー7を並列接続する。
【0031】
2は昇圧インバータで、受電したDC12VをAC100Vに昇圧し、下流の駆動モーター3へ電流を送る。駆動モーター3は0〜10000rpmの交流100V可変モーターを使用する。なお、可変モーター3として直流100V可変モーターも利用可能であり、この場合2は昇圧コンバータを使用することになる。
【0032】
オルタネーター4により発電された電力は整流器により直流に整流され、各種インバータ6aや各種コンバータ6bに供給されるものである。これらインバータやコンバータにより各種電流・電圧を取り出し、目的の電気設備に供給されるものである。
【0033】
なお、オルタネーター4により発電された交流電圧を変圧器を介して目的の電気設備に供給しても構わない。
【0034】
オルタネーター4により発電された電力のうち余剰のものはバッテリー1や予備のバッテリー7に供給されるものである。
【0035】
5は電源バッテリー1と予備バッテリー7を監視し、異常が発生した場合に知らせる警
報ブザーである。異常を報せるとともに、電源を確保する為に正常なバッテリーに切り替
えるためのリレーを介在させれば、より使い勝手にとむものとなる。
【0036】
尚、上記バッテリーやコンバータの性能は一例であり、例えばDC24V仕様やDC4
8V仕様等、各種性能品を使用することも当然可能である。
【0037】
1・・バッテリー
2・・昇圧インバータ
3・・駆動モーター
4・・オルタネーター
5・・警報ブザー
6a・・インバーター
6b・・コンバータ
7・・予備バッテリー

(57)【要約】

【課題】設置場所に制限されず、また、初期設置費用も廉価であり、二酸化炭素も排出せず、定期的にバッテリーを交換することで長期的な発電が可能な発電装置を提供する。【解決手段】発電装置は、バッテリー1により駆動モーター3に電力を供給し、当該駆動モーターによりオルタネーター4を駆動し、当該オルタネーターにより発電した電力をインバータ6aあるいはコンバータ6bを介して外部に電力を供給すると共に、余剰の電力をバッテリーに供給可能に構成する。また、該発電装置において、予備のバッテリー7を備えて構成しても良い。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):