(54)【考案の名称】ソーラーエネルギーバッグ

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】雲奇科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はソーラーエネルギーの収集モジュールに関し、特に折り畳み及び展開が可能なソーラーエネルギー収集モジュール、及び折り畳んだソーラーエネルギー収集モジュールを収納する携帯収納バッグを採用し、携帯収納バッグはソーラーエネルギー収集モジュールが接続する蓄電装置を備え、及び蓄電装置の電力を一般家庭用電力に転換するアダプターを備える携帯に便利なソーラーエネルギーバッグに関する。

【従来の技術】

【0002】
電力の生産方法の多くは、環境汚染の問題を引き起こしている。そのため、自然エネルギー(ソーラーエネルギー、風力など)を利用し、電力に転換する方法への注目が高まっている。しかし、家庭用電力において、ソーラーエネルギーを利用し発電可能な設備に必要な設置面積は非常に広く、またその設備コストは非常に高い。そのため、業界では視点を替え、家電、コンピューター、3C製品へ電力を供給可能なコンパクトなソーラーエネルギー収集モジュールの開発が進められている。該コンパクトなソーラーエネルギー収集モジュールは、携帯における利便性をも実現している。
【0003】
携帯の利便性とソーラーエネルギー収集モジュールのコンパクト化という、二つの目的を達成しながら、ソーラーエネルギーの収集率を拡大し、発電能力を高めることができれば、製品として、高い市場競争力が見込めるはずである。フレキシブル薄膜ソーラーパネルを採用すれば、上記した目的を実現することができるが、コストが高く、しかも減損率が高く、それが現在業界が直面する難問である。本考案は、従来のソーラーエネルギー収集モジュールの上記した欠点に鑑みてなされたものである。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案が解決しようとする第一の課題は、ソーラーエネルギーを電気エネルギーに転換して蓄電でき、ソーラーパネルを集めて配列しフレキシブル基材に設置し、これにより展開及び折り畳み可能なソーラーエネルギー収集モジュールを構成し、展開時のソーラーエネルギー収集モジュールは充分なソーラーエネルギー収集面積を提供でき、折り畳んで小さくし携帯収納バッグ中に収納して携帯することができ、その展開及び折り畳みはソーラーエネルギー収集モジュールを損壊することはなく、従来の技術のフレキシブル薄膜ソーラーパネルに比べ、コストと減損率が共に低いソーラーエネルギーバッグを提供することである。
本考案が解決しようとする第二の課題は、蓄電した電力を一般家庭用電力に転換可能なアダプターを備え、アダプターを通して、ソーラーエネルギーバッグが蓄電した電力は、低消費電力の家電、ポータブル3C製品の使用に提供されるソーラーエネルギーバッグを提供することである。

【効果】

【0006】
本考案のソーラーエネルギーバッグにおいて、ソーラーエネルギー収集モジュールは展開及び折り畳み可能で、展開時のソーラーエネルギー収集モジュールは充分なソーラーエネルギー収集面積を提供でき、折り畳んで小さくし携帯収納バッグ中に収納して携帯することができ、従来の技術のフレキシブル薄膜ソーラーパネルに比べ、コストと減損率が共に低く、また蓄電した電力を一般家庭用電力に転換可能なアダプターを備えるため、電力を低消費電力の家電、ポータブル3C製品に提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案ソーラーエネルギー収集モジュールの展開状態を示す立体分解図である。
【図2】本考案ソーラーエネルギー収集モジュールの折畳状態を示す立体分解図である。
【図3】本考案携帯収納バッグの正面立体外観図である。
【図4】本考案携帯収納バッグの背面立体外観図である。
【図5】本考案の使用状態を示す模式図である。

【0008】
以下に図面を参照しながら本考案を実施するための最良の形態について詳細に説明する。
【0009】
本考案ソーラーエネルギーバッグは、ソーラーエネルギー収集モジュール10、ソーラーエネルギー収集モジュール10を収納する携帯収納バッグ30を備える。
【0010】
図1、2に示すように、ソーラーエネルギー収集モジュール10は、フレキシブル基材11を備える。予定数のソーラーパネル12は、フレキシブル基材11上の角定位部品13により、1個ずつフレキシブル基材11に固定される。相互に隣接するソーラーパネル12間には、予定の間隔を備え、これによりフレキシブル基材11の折畳部14を形成する。各ソーラーパネル12はすべて、電力出力線15を備える。電力出力線15は、フレキシブル基材11の内部に集中し、最終的には、フレキシブル基材11表面に予め設置する穿孔16中に集まり、外へ出る。ソーラーエネルギー収集モジュール10は、フレキシブル基材11の折畳部14を利用し折り畳み、図2に示す折り畳み状態を形成することができる。折り畳み状態にある際には、ソーラーパネル12は、フレキシブル基材11に包まれ保護されている。ソーラーエネルギー収集モジュール10を使用する時には、フレキシブル基材11を図1に示すように展開し、すべてのソーラーパネル12の集光面が、ソーラーエネルギーを受けられるようにする。
【0011】
図3、4に示すように、携帯収納バッグ30は、折り畳み後のソーラーエネルギー収集モジュール10を収納可能な収容設置空間31、及び携帯収納バッグ30を封鎖する封鎖部品32を備える。本実施例では、封鎖部品32はファスナーである。携帯収納バッグ30内部には、蓄電装置33の収納に用いる蓄電装置収納部34を設置する。フレキシブル基材11から外に出る電力出力線15は、伝送モジュール151(電源コード、コンセント、プラグなど)を通して、蓄電装置33と接続する。ソーラーエネルギー収集モジュール10は、ソーラーエネルギーを電気エネルギーに転換し、蓄電装置33に蓄電する。図5に示すように、アダプター40は、伝送モジュール41(電源コード、コンセント、プラグなど)を通して、蓄電装置33と接続し、蓄電装置33の蓄電エネルギー(直流電流)を、一般家庭用の電力(交流電力)に転換する。これにより、電力は、低消費電力の家電、ポータブル3C製品の使用に提供される。
【0012】
図3、4に示すように、持ち手35を携帯収納バッグ30に連結することで、使用者は携帯収納バッグ30を持ち易くなる。携帯収納バッグ30の背面にはさらに、伸縮プルハンドル37を設置するプルハンドル挿入設置部36を備える。これにより、伸縮プルハンドル37とキャスター(図示なし)を設置することができ、使用者は携帯収納バッグ30を引いて持ち運ぶことができる。
【0013】
上記の本考案名称と内容は、本考案技術内容の説明に用いたのみで、本考案を限定するものではない。本考案の精神に基づく等価応用或いは部品(構造)の転換、置換、数量の増減はすべて、本考案の保護範囲に含むものとする。
【0014】
10 ソーラーエネルギー収集モジュール
11 フレキシブル基材
12 ソーラーパネル
13 角定位部品
14 折畳部
15 電力出力線
151 伝送モジュール
16 穿孔
30 携帯収納バッグ
31 収容設置空間
32 封鎖部品
33 蓄電装置
34 蓄電装置収納部
35 持ち手
36 プルハンドル挿入設置部
37 伸縮プルハンドル
40 アダプター
41 伝送モジュール

(57)【要約】

【課題】コストと減損率が共に低いソーラーエネルギーバッグを提供する。【解決手段】ソーラーエネルギーバッグは、展開及び折り畳み可能なソーラーエネルギー収集モジュール10、折り畳み後のソーラーエネルギー収集モジュール10を収納可能な携帯収納バッグ30を備える。携帯収納バッグ30中には蓄電装置33を設置し、蓄電装置33とソーラーエネルギー収集モジュール10のソーラーパネル12とは接続し、ソーラーエネルギー収集モジュール10は予定数のソーラーパネル12を集めて配列し、フレキシブル基材11に固定して構成する。この構成により、展開時のソーラーエネルギー収集モジュール10は充分なソーラーエネルギー収集面積を提供でき、ソーラーエネルギーを電気エネルギーに転換して、蓄電装置33中に蓄電し、ソーラーエネルギー収集モジュール10は折り畳んで小さくし、携帯収納バッグ30中に収納して携帯することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):