(54)【考案の名称】グリーティングカード

(73)【実用新案権者】フロンティア株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はグリーティングカードに係わり、特に、使用後において他の用途に転用可能としたグリーティングカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
季節の挨拶や祝い等に、種々のグリーティングカードが用いられている。
このグリーティングカードは、メッセージカードと、それを収納する封筒とによって構成され、前記メッセージカードにメッセージを記入したのちに、このメッセージカードを前記封筒に入れて届けるようにしたものが一般的である(特許文献1)。
【0003】

【効果】

【0019】
このように、本考案においては、送られたグリーティングカードを別目的でも使用することを可能にして、グリーティングカードに込められたメッセージを、届けられた限られた時期のみならず、長期にわたって回想することができるようにすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本考案の一実施形態を示すもので、カバーの正面図である。
【図2】本考案の一実施形態を示すもので、カバーの背面図である。
【図3】本考案の一実施形態を示すもので、メッセージカードの正面図である。
【図4】本考案の一実施形態を示すもので、封筒の背面図である。
【図5】本考案の一実施形態を示すもので、カバーの形成手順を示す展開図である。
【図6】本考案の一実施形態を示すもので、カバーの形成手順を示す背面図である。
【図7】本考案の一実施形態の使用手順を示すもので、メッセージカードを収納した状態を示すカバーの背面図である。
【図8】本考案の一実施形態の使用手順を示すもので、メッセージカードを封筒に収納する途中を示す背面図である。
【図9】本考案の一実施形態の使用状態を示すもので、他の情報カードを収納した状態を示すカバーの背面図である。

【0021】
以下、本考案の一実施形態を、図面を参照して説明する。
図1および図2は本実施形態におけるグリーティングカードCを構成するカバー1を示し、本実施形態においては透明な合成樹脂製シートが用いられており、その裏面側には、このカバー1を通しての透視を防止するための目隠し処理としての図柄Zが印刷されている。
【0022】
前記カバー1矩形状に形成されているとともに、折線2を境に左右二つに区画され、それぞれの区画に異なる図柄Zが印刷されており、かつ、これらの図柄Zが表となるように二つ折り可能となされている。
【0023】
前記カバー1の裏面で、下部両側には、それぞれポケット3が一体に設けられており、前記グリーティングカードCを構成するメッセージカード4(図3参照)の両端下部が挿入されて把持されるようになっている。
【0024】
前記メッセージカード4は、本実施形態においては矩形状の紙片が用いられており、前記カバー1と同様に中心において二つ折り可能となされており、その内面には、目的に応じたメッセージが記録されるようになっている。
【0025】
図4は、本実施形態のグリーティングカードCを構成する封筒5を示し、前記カバー1およびメッセージカード4を二つ折した状態で収納するようになっている。
【0026】
一方、前記ポケット3は、合成樹脂シートを用いた本実施形態においては、たとえば、次のような方法によって形成される。
【0027】
すなわち、図5に示すように、前記カバー1の下部両側部に、1/4円状の舌片6を連設しておき、これらの舌片6を前記カバー1の裏面側へ折りたたんで重畳させ、これらの舌片6を、その下縁部において前記カバー1に直線状に熱融着(融着部B)して一体化させることにより、上方に開口部を有する前記ポケット3が形成される。
そして、本実施形態においては、前記各舌片6にも図柄Yが施されている。
【0028】
このように構成された本実施形態に係わるグリーティングカードCは、まず、メッセージが記録されたメッセージカード4を、図7に示すように、開いた状態にある前記カバー1の裏面側に位置させ、両下端部を、前記カバー1に設けられている両ポケット3に差し込む。
これによって、前記メッセージカード4が前記カバー1に装着された状態となる。
【0029】
ついで、これらのカバー1およびメッセージカード4を二つ折にした後に、これらを図8に示すように、封筒5へ入れて封をすることによって使用状態とすることができる。
【0030】
一方、受け取り側にあっては、前記封筒5を開封して前記カバー1を取り出し、このカバー1を開くことによって、収納されているメッセージカード4を抜き取ってメッセージを確認することができる。
【0031】
そして、メッセージを確認した後は、前記メッセージカード4のみを封筒5に戻し、前記カバー1をファイルとして用いることができる。
【0032】
たとえば、図9に示すように、メモ用紙7やスケジュール用紙8をそれぞれのポケット3に挟み込んで、メモ帳やスケジュール帳として使用することができる。
【0033】
ここで、前述したメモ帳やスケジュール帳を使用する場合、その都度、前記カバー1を見ることとなり、それとともに、このカバー1とともに送られたメッセージが思い起こされる。
したがって、送られたメッセージが永く残ることとなる。
【0034】
そして、前記カバー1に図柄Y・Zを施こすことによって、前述したメッセージをより効果的に思い起こさせることができる。
【0035】
一方、前述した図柄Y・Zによって、前記カバー1の内部が目隠しされていることから、前述したメモ帳やスケジュール帳として使用する場合にあっても、閉じた状態で内部が透視できず、通常の手帳のように使用することができる。
【0036】
なお、前記実施形態において示した各構成部材の諸形状や寸法等は一例であって、メッセージの種類や贈る目的等に基づいて種々変更可能である。
たとえば、前記カバー1やメッセージカード4の形状は矩形状でなくとも円形、楕円形、星型等任意に設定することができ、また、図柄Y・Zについても任意に設定することができ、また、図柄Y・Zはなくても良い。
さらに、前記ポケット3は一方にだけ設けても良い。
【0037】
1 カバー
2 折線
3 ポケット
4 メッセージカード
5 封筒
6 舌片
7 メモ用紙
8 スケジュール用紙
B 融着部
C グリーティングカード
Y 図柄
Z 図柄



(57)【要約】

【課題】グリーティングカードに込められたメッセージを、届けられた限られた時期のみならず、長期にわたって回想することができるようにしたグリーティングカードを提供する。【解決手段】メッセージが記録されるメッセージカード4と、このメッセージカードが収納されるシート状のカバー1と、このカバーと前記メッセージカードとが収納される封筒とからなり、前記カバーには、前記メッセージカードの一部が挟み込まれて保持されるポケット3が一体に設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):