(54)【考案の名称】太陽光発電システム

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電力分野に関し、特に、家庭用に適した太陽光発電システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽光発電のエネルギーは、太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用するため、資源が最も豊富な再生可能エネルギーである。省エネルギー、二酸化炭素排出量削減、環境保護は、誰にも責任があり、家庭用に適した太陽光発電システムは、各家庭が二酸化酸素排出量を削減する有効な手段の一つである。
【0003】
既存の太陽光発電システムの機能は単一で、全体の重量も重く、持ち運びに不便であるため、使用時非常に不便であり、且つ防水機能に欠けるため、屋外充電時に雨が降ると設備内に浸水して、短絡或いは損傷に至る。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
そこで、本考案は上記のような従来技術の問題点に鑑み、軽量、持ち運びに便利、機能の多様化で、且つ防水機能を備える太陽光発電システムを提供することを目的とする。

【効果】

【0015】
本考案の技術的効果は、本考案の防水蓋体と防水箱体が浸水を防止できるため太陽エネルギーの充電している際、留守中に雨が降り、雨に当って損傷してしまう心配はない。本考案の防水箱体にバッテリーとLEDライトと交流出力ポートと直流出力ポートが設けられるため、家庭或いはオフィスの非常用として使用でき、例えば照明、コンピュータの電力供給などで、その機能が多岐に渡る。本考案の構造全体が整っており、軽量、持ち運びに便利で、野外キャンプ時の照明、娯楽設備の電力に供給できる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案の構造展開図である。
【図2】図1内のA部分の局所拡大図である。
【図3】本考案の外部構造を示す図である。
【図4】本考案の防水蓋体を防水箱体から開けた状態を示す図である。
【図5】本考案の充電と放電プロセスブロック図である。

【0017】
以下、本考案の目的、特徴及び効果を更に明確に分かりやすくするため、具体的実施形態を添付図面に基づいて説明する。
【0018】
図1〜図4に示すように、該太陽光発電システムには、防水蓋体と防水箱体とを含み、防水蓋体が上蓋1と太陽電池パネル2と上蓋の蓋板3とを備える。該上蓋の蓋板3は太陽電池パネル2の周縁が上蓋1の下側に密に嵌合する。防水箱体は箱体本体14と太陽電池パネル5と箱体蓋板4とを備える。該箱体蓋板4は、太陽電池パネル5の周縁が箱体本体14の上側に密に嵌合する。該上蓋1と箱体本体14はヒンジ103を介してヒンジ連結し、上蓋1がヒンジ103を介して箱体本体14上で開閉させることができる。上蓋1を開けた時、太陽電池パネル2と太陽電池パネル5は露天に晒されることで太陽光(図4)を受け、上蓋1を閉めた時、太陽電池パネル2と太陽電池パネル5が該太陽光発電システムの内部に隠れる。該上蓋1に係止凸部102が設けられ、該箱体本体14に係止凸部102と係合する係止凹部141が設けられる。上蓋1を閉めた時、係止凸部102は係止凹部141と係合してロックできる。該上蓋1の上側面に支持脚101が設けられ、該箱体本体14の下側面にも支持脚142が設けられ、上蓋1を開けた時太陽光発電システムに支えるためのものである。
【0019】
図1に示すように、箱体本体14内部に太陽光発電制御基板7とインバーターと充放電制御基板9、配線箱6とファン10と電池箱8とバッテリー12が設けられる。太陽光発電制御基板7、インバーターと充放電制御基板9が配線箱6内に取り付けられ、該太陽光発電システムのコントローラを構成する。該ファン10は該配線箱6の側壁に取り付けられ、コントローラの放熱のために用いられる。該バッテリー12は電池箱8内に取り付けられる。その他、箱体本体14の側壁にLEDライト11と表示装置13と220V/110V出力スイッチ15と220V/110V出力ソケット17と補助充電用ソケット18と直流出力ソケット19と取っ手20が設けられる。該LEDライト11とコントローラを電気的に接続し、3Wの大電力LEDライトを採用し、表示装置13がLCDスクリーンを採用する。直流出力ソケット19には12V直流出力ソケットと5V直流出力ソケットとを含む。5V直流出力ソケットは、好ましくはUSBインターフェースソケットとする。図2と図3を参照しながら説明する。220V/110V出力ソケット17と補助充電用ソケット18と直流出力ソケット19とが箱体本体14の同じ側壁に取り付けられ、且つ上記の三種類ソケット以外にスイングドア16が設けられ、太陽エネルギーの充電を行う時、雨水の浸入を効果的に防止できる。
【0020】
図5に示すように該太陽光発電システムの動作過程において、主に2つの部分の運転プロセスを含み、1つ目は充電プロセスで、2つ目が放電プロセスであり、具体的なものは以下の通りとする。
【0021】
(1)充電プロセスには、太陽エネルギー充電プロセスと商用電源補助充電プロセスを含む。太陽エネルギー充電プロセスにおいて、太陽電池パネルで太陽エネルギーを電気エネルギーに変換してからコントローラに伝送し、更に該コントローラを経由してバッテリーに充電する。図1〜図4に示す具体的実施形態において、太陽電池パネル2と太陽電池パネル5は、太陽エネルギーを電気エネルギーに変換した後、太陽光発電制御基板7、充放電制御基板の順を経由してバッテリー12に充電しながらLCDスクリーンで充電ステータスと電力量のパーセンテージを表示する。商用電源補助充電プロセスにおいて、補助充電ポートに商用電源を接続した後、商用電源を充電コントローラに伝送してから該充電コントローラを経由してバッテリーに充電し、該充電コントローラをコントローラの中に集積する。図1に示すように、当該具体的実施形態において補助充電ソケット18に商用電源を接続した後、充放電制御基板に伝送してからバッテリー12に充電しながらLCDスクリーンで充電ステータスと電力量のパーセンテージを表示する。
【0022】
(2)放電プロセスには、交流負荷に接続する放電プロセスと直流負荷に接続する放電プロセスとを含む。交流負荷に接続する放電プロセスにおいて、バッテリーの電気エネルギーは、コントローラ、インバーターの順に経由して交流電流に変換してから交流出力ポートに交流電流を出力する。図1〜図4に示す具体的実施形態において、バッテリー12の電力量は充放電制御基板、インバーター、220V/110Vの出力スイッチ15を経由してから220V/110Vの交流出力ソケット17に到達する。この過程においてバッテリーの電気エネルギーはインバーター内部に昇圧、電圧安定保護を経た後安定したAC220V 50Hz電圧を出力し、同時にLCDスクリーンでAC OUTを表示する。直流負荷に接続する放電プロセスにおいて、バッテリーの電気エネルギーはコントローラを経由してから直流出力ポートに直流電流を出力する。図1〜図4に示す具体的実施例においてバッテリー12の電力量は充放電制御基板を経由して直流出力ソケット19に到達し、同時にLCDスクリーンでDC OUTの情報を表示する。DC直流電流は、一般的に12Vの低圧設備に使用され、例えば省エネ照明、ファン等の電気機器に使用される。USBインターフェースから出力する5V2Aの電圧を各種携帯電話、MP3及びカメラ等のデジタル商品に充電できる。
【0023】
該太陽光発電システムのLCDスクリーンに正常出力符号とエラー表示符号が更に設けられ、バッテリーの電力がなくなった時或いは大きすぎる電力の電気機器を駆動し、スイッチを入れるとエラーの泣き顔アイコンが表示され、ERRORが点滅し、電圧出力がなく、ユーザーに充電或いは適した電力の電気機器に接続して使用するよう知らせる。
【0024】
該太陽光発電システムの好ましい実施形態として、前記バッテリーは、好ましくはリチウム電池とする。
【0025】
該太陽光発電システムの好ましい実施形態として、前記インバーターはUPSインバーターとする。該太陽光発電システムは充電しながら正常に負荷電力に供給できる。商用電源で充電する時、商用電源の突発停電に遭遇した場合、該太陽光発電システムのUPSインバーターは直接バッテリーで発電し、負荷である電気機器の使用に供給し、変換時間がゼロで、負荷である電気機器の安全性を保証する。
【0026】
以上、本考案の好ましい実施形態であって、本考案の技術思想に基づいて以上の実施形態に対して行った種々の変更及び改変を為し得ることは本考案の実用新案登録請求の範囲内に含めるものであるのが勿論である。
【0027】
1 上蓋
10 ファン
101 支持脚
102 係止凸部
103 ヒンジ
11 LEDライト
12 バッテリー
13 表示装置
14 箱体本体
141 係止凹部
142 支持脚
15 220V/110V出力スイッチ
16 スイングドア
17 220V/110V出力ソケット
18 補助充電ソケット
19 直流出力ソケット
191 12V直流出力ソケット
192 5V直流出力ソケット
2 太陽電池パネル
20 取っ手
3 上蓋の蓋板
4 箱体蓋板
5 太陽電池パネル
6 配線箱
7 太陽光発電制御基板
8 電池箱
9 インバーターと充放電制御基板

(57)【要約】

【課題】軽量、持ち運びに便利、多機能で、且つ、防水機能を備える太陽光発電システムを提供する。【解決手段】防水蓋体と防水箱体をヒンジで回動自在に連結し、防水蓋体は防水箱体の上から開閉を行う。防水箱体に太陽電池パネルとコントローラとバッテリーとインバーターと交流出力ポートと直流出力ポートが設けられる。充電は、太陽電池パネルが太陽エネルギーを電気エネルギーに変換した後、コントローラを経由してバッテリーに伝送されることにより行われる。放電は、バッテリーの電気エネルギーがコントローラ、インバーターという順を経由して交流電流に変換されてから交流出力ポートに交流電流を出力、或いは、バッテリーの電気エネルギーがコントローラを通じて直流電流に変換されてから直流出力ポートに直流電流を出力することにより行われる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):