(54)【考案の名称】キャップ用押さえ金具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【001】
本考案は、ボトルのキャップに簡単に取り付けられ、付け替えを何度でも交換可能にした構造

【従来の技術】

【002】
多様なデザインがあり、飲み終えるとボトルと一緒に捨てられてしまっていた。

【効果】

【005】
同じサイズのキャップであれば気に入った物との交換が簡単にでき、平らな面であればほとんどの物に付けられ、使い勝手の良い所へい何度でも付けはがしが簡単にした為、利用頻度が高く楽しさも増した。

(57)【要約】

【課題】飲料用のペットボトル等のボトルのキャップを利用して、該キャップに押え金と張り付け用粘着物を付加することで、手近な所へ簡単に付け剥がしができ、素早く物をはさめるようにするキャップ用押え金具を提供する。【解決手段】金具を取り付けられる様にキャップCのふちに沿って噛むように折り曲げガイド4を設け、取り外しが簡単に出来るように加工、キャップCの高さのあいだを利用し押さえ圧を付け底部には粘着物2を取り付けられるように、金具3を底板と固定し粘着物を貼り付け粘着剤は再利用が可能な物を取付た。材質的には、薄く、曲げにも強く、弾力性を保持できる金属が望ましいが、他の非金属でも押さる圧力が保持できればこだわらない。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):