(54)【考案の名称】携帯電話音声連動型イルミネーションケース

(73)【実用新案権者】株式会社ビッグスター

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話の周辺機器に関するものであり、特に携帯電話の着信に応じてイルミネーションを動作、制御する携帯電話ケースに関するものである。
【0002】
なお、本考案でいう「携帯電話」とは、携帯電話の外、PHS、スマートフォン、各種の携帯型無線機など、移動無線端末に類する全ての装置を含むものとする。

【従来の技術】

【0003】
携帯電話ケースでは、携帯電話を保護する機能のほか、装飾性におけるニーズが高まっており、さまざまな材質、図柄、色彩の製品が出揃っているだけでなく、携帯電話ケース上に発光素材を用いた製品も存在している。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
このような既存の携帯電話ケースは、いずれも携帯電話に着信があった際の電波を無線で検出するセンサを介してイルミネーションランプを動作させる方式を採用している。そのため、3Gネットワークの進展、3G携帯電話に存在する信号障害により、現状の携帯電話ケースでは、しばしばイルミネーションが点灯しない、誤作動する等の現象が生じている。また、このような無線センサ方式のケースやアクセサリーは、独立した電源供給システムを要することから、ボタン電池による電源供給が行われている。しかしながら、ボタン電池は容量が小さいため、使用寿命が短く、また、充電が不可能で繰り返し使用ができないため、ボタン電池の廃棄が環境に影響を及ぼすおそれもある。

【効果】

【0010】
本考案によれば、携帯電話のインターフェースに接続するプラグコネクタを採用し、携帯電話の電池をLEDランプの継続的供給電源として共用したことで、携帯電話が出力する音声信号によってLEDランプの点滅を的確に制御し、安定した着信イルミネーションの効果を真に実現することができた。また、独立した電力供給システムの存在を要するという不備を解決したことで、コストの低減、環境負荷の軽減を可能にした。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の携帯電話音声連動型イルミネーションケースの実施の形態の一例における背面構造を示す図である。
【図2】本考案の携帯電話音声連動型イルミネーションケースの実施の形態の一例における分解構造を示す図である。
【図3】本考案の携帯電話音声連動型イルミネーションケースの実施の形態の一例における回路構成を示す図である。

【0012】
以下に図面と本考案の優先的実施形態を合わせて、本考案の構成をより具体的に示す。
【0013】
図1、図2に、本考案におけるケース本体1、ケース本体1に組込む3個以上のLEDランプ2を示す。具体的な実施プロセスにおいては、少なくとも赤、緑および青のLEDランプを備えることが望ましい。各LEDランプの交互点滅を実現し、注意を喚起させる動的効果を達成するために、ケース本体1に1個の制御回路を設け、制御回路のプリント基板3をケース本体1の底部内に取付ける。LEDランプ2に点灯制御用電源を取得させ、制御回路にオープンの起動信号を制御させるために、前記ケース本体1の底部内に1個のプラグコネクタ4を設ける。
【0014】
使用の際は、プラグコネクタ4を携帯電話7のデータインターフェースに挿し込み、携帯電話7のデータインターフェースを介してLEDランプ2の動作用電源および音声信号を取得し、携帯電話の音声信号に応じた制御回路の起動により、LEDランプ2の点灯、点滅を制御する。本考案の鑑賞性を高め、ケース本体1の単調さを解決するために、ケース本体1のLEDランプ2に対応する領域を透明ロゴ領域1aにするか、または透明ロゴ領域1a内に独立したLEDランプを設ける。
【0015】
本考案への携帯電話の取付けを容易にするために、ケース本体1の底部に1個の底部カバー5を設ける。底部カバー5はネジ6を介してケース本体1と結合される。
【0016】
図3にLEDドライバ制御チップU1とトランジスタQ1からなる増幅回路とを含む制御回路を示す。前記LEDドライバ制御チップU1は、LEDランプLED1、LED2、LED3に接続することで、LEDランプLED1、LED2、LED3電源のオン/オフを制御する。
【0017】
LEDドライバ制御チップU1の動作電源については、電源端子Vccとアース端子GNDを介して携帯電話7のデータインターフェースから取得する。前記増幅回路の電圧入力端子は、コンデンサC2を介してプラグコネクタ4の携帯電話音声信号入力端子INに接続する。増幅回路の電圧出力端子は、LEDドライバ制御チップU1の制御信号入力端子SWに接続する。携帯電話に着信があった場合または音楽が鳴った場合、携帯電話の音声信号は、プラグコネクタ4の携帯電話音声信号入力端子INを介して入力される。その後、コンデンサC2のカップリングを経て、トランジスタQ1に増幅回路の動作を構成させることで制御信号を発生させ、LEDドライバ制御チップU1の制御信号入力端子SWを介してLEDドライバ制御チップU1を動作させ、LEDランプLED1、LED2、LED3を点滅させる。
【0018】
1:ケース本体、1a:透明ロゴ領域、2:LEDランプ、3:プリント基板、4:プラグコネクタ、5:底部カバー、6:ネジ、7:携帯電話。

(57)【要約】

【課題】着信時に確実にイルミネーションランプを点灯させることができる携帯電話音声連動型イルミネーションケースを提供する。【解決手段】ケース本体1を備え、ケース本体1に少なくとも1個のLEDランプ2とLEDランプの点滅を制御する制御回路のプリント基板3とを設け、ケース本体1の内側に制御回路に接続されたコネクタ4を設けて、それをLEDランプ2の動作に要する電源および音声信号を携帯電話7のインターフェースから取得するプラグコネクタとして用いる。携帯電話7から供給される電源によって動作する制御回路により、着信時に携帯電話7から発生する音声信号を検出してLEDランプ2を点灯させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):