(54)【考案の名称】メモ用紙

(73)【実用新案権者】ペーパリー株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、メモを記入するためのメモ用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、メモを記入するために種々のメモ用紙が利用されている。このようなメモ用紙としては、長方形のシートが積層されて束にされ、当該シート一枚ずつが切り取り可能に構成されているものが知られている(例えば、特許文献1参照。)。そして、利用者は、シートにメモを記入し、当該シートを切り取って所定の場所に置くなどして、メモの内容を忘れないようにする。
【0003】

【効果】

【0026】
本考案によれば、利用者に注意を喚起することができ、メモを記入したことを忘れ難くすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0027】
【図1】本考案の第1の実施形態におけるメモ用紙を示す平面図である。
【図2】図1のメモ用紙を反対面から示す平面図である。
【図3】図1の用紙本体部を約180°ひねった様子を示す斜視図である。
【図4】図1の用紙本体部を約360°ひねった様子を示す斜視図である。
【図5】図1の第一の切り欠き部と第二の切り欠き部とを係止させた様子を示す斜視図である。
【図6】本考案の第2の実施形態におけるメモ用紙を示す平面図である。
【図7】図6のメモ用紙を反対面から示す平面図である。
【図8】図1の先細り部を係合穴に係止した様子を示す斜視図である。
【図9】図8の環状内切り欠き部と補助切り欠き部とを係止した様子を示す斜視図である。
【図10】本考案の第1の変形例におけるメモ用紙を示す平面図である。
【図11】本考案の第2の変形例におけるメモ用紙を示す平面図である。
【図12】本考案の第3の変形例におけるメモ用紙を示す平面図である。

(57)【要約】

【課題】利用者に注意を喚起することができ、メモを記入したことを忘れ難くすることができるメモ用紙を提供すること。【解決手段】シート状の用紙本体部2を備え、前記用紙本体部2の一方の主面2aに、メモを記入するためのメモスペース部3が設けられ、前記用紙本体部2の他方の主面2bに、装飾用デザインが施されたデザイン部8が設けられ、前記メモスペース部3及び前記デザイン部8を環状に配した状態で保持する係止部4,5が前記用紙本体部2に設けられていることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):