(54)【考案の名称】太陽電池モジュール用ジャンクションボックス

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】浙江佳明▲天▼和▲縁▼光伏科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽エネルギー変換技術に関し、特に、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスに関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽エネルギーは、それ自身が無害で容易に得られ、いつまでも消耗し尽くさないため、従来の石炭エネルギーが除々に太陽エネルギーに置き換えられている。ただし、太陽エネルギー変換コンポーネントの中で最も広く利用されている太陽電池モジュールは、工場や企業の大型発電に拘わらず、家庭用ミニソーラー発電などにも適用される。
【0003】
従来技術における太陽電池モジュール用ジャンクションボックスとケーブルとを接続することには、2つの問題が存在する。
【0004】
1つは、主に外部ケーブルが頻繁に移動するか揺動されるため、ケーブルと導電部品とが接触しているところが磨損するため、ジャンクションボックス内の導電部品と外部ケーブルとの導電性を長期間に渡り保持できない点である。
【0005】
2つは、ジャンクションボックスとケーブルとが接続しているところにおいてもケーブルが揺動されるため、ジャンクションボックスの密封性能を維持することが困難な点であり、また、ジャンクションボックス内の部品は、高温多湿、低温多湿及び熱サイクルなどの要因の影響を受けやすく、正常に動作できない。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
本考案は、従来のジャンクションボックスとケーブルとが接続しているところにおけるジャンクションボックスのシールの不安定性、及び従来のジャンクションボックスとケーブルとが接続しているところが損傷を受けやすいなどの問題を解決する太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供することを目的とする。

【効果】

【0012】
請求項1の考案によれば、ナットと花籠の当て嵌まりにより、Tリングをインタフェースに加締め、かつ、ケーブルと密圧着することによって、ジャンクションボックスとケーブルの接続のところの封止性を確保することができ、また、優れた防水、防湿、及び防塵の効果を有し、ナットと花籠はケーブルを固定し、端子と導電部品との相対位置を十分に固定して、外部のケーブルの揺動などで端子と導電部品の接触に影響が及ぼされることなく、優れた接続の安定性を保証することができる。さらに、簡単な構造で、取付操作しやすく、安定性の効果を持続させ、かつ部品とケーブルにも損傷がない。
【0013】
請求項2の考案によれば、端子を導電部品に挿入した後で、ナットを締め、花籠が爪型を呈する一端を次第に内に収縮させ、Tリングを押圧して、Tリングにケーブルを締め付けさせ、密封の効果を果たすだけでなく、また、ケーブルが損傷していない場合には、端子と導電部品とを接続させ、外部ケーブルの揺動による接触不良現象の発生をなくすことができ、波浪状の曲面を呈する端面とインタフェースとを互いに噛み合わせた後で、ナットを締め付けるときに花籠がともに回転することを防止でき、磨耗の発生を防止できる。
【0014】
請求項3の考案によれば、花籠がTリングを締め付ける機能を同時に満足しているために、構造を簡素化したり、製作コストを更に低くすることができる。
【0015】
請求項4の考案によれば、ジャンクションボックス全体の封止性を確保することができる。
【0016】
請求項5の考案によれば、上カバーが導電部品をしっかり胴体に固定することにより、緩みによる接触不良と封止性に与える影響を防止でき、また、分解したり変更するのに便利である。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の構造分解図である。
【図2】図1に示すような花籠を示す構造模式図である。
【図3】本考案の接続状態の模式図である。

【0018】
以下、本考案を添付図面に示す実施形態例に基づき、更に詳細に説明する。
【0019】
図1に示すように、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスは、整合胴体10と上カバー11を含み、胴体10内には導電部品3とダイオード9が装着され、この太陽電池モジュール用ジャンクションボックスは、さらにTリング8、中空の花籠7、ナット6、及びケーブル5の端部に鋲締める端子4を含み、Tリング8の小端部は、花籠7に嵌まり、花籠7は、ナット6に嵌まり、胴体10にナット6と整合するインタフェース12が設けられ、Tリング8の大端部は、インタフェース12にかしめ密封され、ナット6で固定され、端子4は、Tリング8、花籠7、及びナット6を貫通し、胴体10内の導電部品3と接続する。
【0020】
本考案の実施の形態において、図2に示すように、花籠7の胴体10側の端面71は、波浪状の曲面を呈し、インタフェース12には、端面71と互いに噛み合わせる波浪状の曲面が設けられ、花籠7の胴体10から遠く離れた一端は、爪型を呈し、ナット6の内壁からナット6の中心軸へ収縮する円弧を次第に呈する。
【0021】
端子4を導電部品3に挿入した後で、ナット6を締め、花籠7が爪型を呈する一端を次第に内に収縮させ、Tリング8を押圧して、Tリング8にケーブル5を締め付けさせ、密封の効果を果たすだけでなく、また、ケーブル5が損傷していない場合には、端子4と導電部品3とを接続させ、外部ケーブル5の揺動による接触不良現象の発生をなくすことができ、波浪状の曲面を呈する端面71とインタフェース12とを互いに噛み合わせた後で、ナット6を締め付けるときに花籠7がともに回転することを防止でき、磨耗の発生を防止できる。
【0022】
また、花籠7の爪型は、8つの爪条72から構成され、各爪条72の端部にはナット6のアーチ形の内壁と整合する突起部73が設けられ、この花籠7がTリング8を締め付ける機能を同時に満足しているために、構造を簡素化したり、製作コストを更に低くすることができ、また、胴体10と上カバー11を互いにかぶせ合うところにオー・リング1が設けられ、ジャンクションボックス全体の封止性を確保することができ、なお且つ、導電部品3は、天蓋2を介して胴体10内に固定され、天蓋2が導電部品3をしっかり胴体10に固定することにより、緩みによる接触不良と封止性に与える影響を防止でき、また、分解したり変更するのに便利である。
【0023】
図3の利用形態の模式図により、ナット6と花籠7の当て嵌まりにより、Tリング8をインタフェース12に加締め、かつ、ケーブル5と密圧着することによって、胴体10とケーブル5の接続のところの封止性を確保することができ、なお且つ、優れた防水、防湿、及び防塵の効果を有し、ナット6と花籠7はケーブル5を固定し、端子4と導電部品3との相対位置を十分に固定して、外部のケーブル5の揺動などで端子4と導電部品3の接触に影響が及ぼされることなく、優れた接続の安定性を保証することができる。
【0024】
1 オー・リング
2 天蓋
3 導電部品
4 端子
5 ケーブル
6 ナット
7 花籠
8 Tリング
9 ダイオード
10 胴体(整合胴体)
11 上カバー
12 インタフェース
71 端面
72 爪条
73 突起部

(57)【要約】

【課題】ケーブルが接続するところの密封性を確保し、また、接続の安定性を保証する太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供する。【解決手段】整合胴体10と上カバーを含み、胴体10内には導電部品3とダイオードが装着され、さらにTリング8、中空の花籠7、ナット6、及びケーブル5の端部に鋲締める端子を含む。Tリング8の小端部は、花籠7に嵌まり、花籠7は、ナット6に嵌まり、胴体10にナット6と整合するインタフェース12が設けられ、Tリング8の大端部は、インタフェース12にかしめ密封され、ナット6で固定され、端子は、Tリング8、花籠7、及びナット6を貫通し、導電部品3と接続する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):