(54)【考案の名称】日付印刷名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ビジネス社会に於いて、名刺の交換時にこの日付印刷名刺にて月日に印を付ける事に依り、対面者双方に記録を残すものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、ビジネス社会に於いて、対面者双方が名刺交換しても日付等の記録がない為、他の手段、主に手書等で記入するか、後に記憶を辿るかで顧客の管理が不確定であった。なお、複数の円周に凸ゴム印を施した円柱盤を内蔵したくの字に開閉するハウジングで、くの字の下部にインクパッドを設けた名刺用日付印が知られている。(特許文献1参照)
【0003】

【効果】

【0006】
本考案の日付印刷名刺を使用する毎に、名刺の数字に印を付ける事に依り,交換日が記録され対面者双方の手間を省き、正確な名刺管理ができ、後に記憶を辿ることなく交換日を確認する事ができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 本考案の平面図
【図2】 本考案の使用状態を示す平面図

【0008】
本考案の実施の形態を下記に説明する。
本考案は平面四角形状からなる名刺(1)の上下左右4辺を利用し、数字の数で名刺(1)の短い辺に1〜12の月数字(3)、長い辺に1〜31の日数字(4)を表示し、名刺(1)の任意の余白部分に年数字(2)をそれぞれ印刷した名刺である。
【0009】
本考案を使用するときは、本考案日付印刷名刺(1)に従来通りの会社名、氏名,住所等(5)を印刷し、使用時に月日数字に印(6)を付ける。
【0010】
(1)名刺、(2)年数時、(3)月数字、(4)日数字、(5)会社名等、(6)印使用例、

(57)【要約】

【課題】名刺に月日に印が記録され対面者双方の手間を省き、正確な名刺の管理ができ、後に記憶を辿ることなく交換日を確認する事ができる日付印刷名刺を提供する。【解決手段】平面四角形状からなる名刺1の上下左右4辺を利用し、数字の数で名刺1の短い辺に1〜12の月数字3、長い辺に1〜31の日数字4を表示し、名刺1の任意の余白部分に年数字2をそれぞれ印刷した名刺であって、あらかじめ名刺用紙に年月日を印刷されている事に依り、その用紙に会社名、氏名、住所等を印刷、使用する日にそれぞれ月数字、日数字に印を付ける事で交換日が記録され対面者双方の手間を省き、正確な名刺管理ができ、後に対面者の記憶を辿ることなく交換日を確認する事ができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):