(54)【考案の名称】アルバム

(73)【実用新案権者】株式会社カネダ工作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2A

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、アルバムに係り、特に、綴じ込まれる写真や絵画又はこれらを保持する台紙等を容易に綴じ込み及び取り出しすることができるアルバムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、写真や絵画等の整理及び保存のため、アルバム、バインダー式ファイル、クリアーファイル等が用いられている。そして、これらアルバムやファイル等は様々な種類があり、目的に応じた外観や形式のものが適宜選択して用いられる。
【0003】
例えば、特許文献1には、アルバムの表表紙とシート状体と裏表紙とを収容する背表紙部材と、これらを挿通して綴じ込む連綴部材と、背表紙部材の側面に係合され、連綴部材が抜け落ちることを防止する抜け止め部材と、を備えるアルバムが開示されている。
【0004】
背表紙部材は、断面が台形状である溝を、両側面に有し、この溝に連綴部材が挿通する貫通孔が所定の間隔で複数形成されている。
【0005】
抜け止め部材は、高強度木材によって形成され、その断面は略台形状に形成されている。この略台形の一方の側辺は円弧状にくびれており、他方の側辺の中央は突出している。また、抜け止め部材は、側面の一部に、後述する連綴部材の取り外しの際に機能する凹部を有する。
【0006】
抜け止め部材の背表紙部材への取り付けは、抜け止め部材を、円弧状の辺を有する面が背表紙部材の台形状の溝縁に沿うように回転させて挿入し、他方の中央が突出する辺を有する面が溝内で膨出することで、背表紙部材の溝に嵌着される。このようにして、抜け止め部材は、連綴部材が挿通する貫通孔を塞ぎ、連綴部材の抜け落ちを防ぐことになる。
【0007】
また、アルバムからシート状体の入れ替える際には、抜け止め部材を背表紙部材から取り外し、シート状体に対する連綴部材の連綴を解除する必要がある。特許文献1には、抜け止め部材に形成された凹部に治具を差し込んで、背表紙部材の溝から抜け止め部材を取り外して連綴部材の連綴を解除することが開示されている。
【0008】

【効果】

【0019】
本考案のアルバムによれば、綴じられる台紙等の入れ替えが容易となる。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本考案の実施形態に係るアルバムの斜視図である。
【図2A】背表紙部材を示す分解斜視図である。
【図2B】綴り箱と固定カバーとを示す側面図である。
【図3A】第1変形例に係る背表紙部材における綴り箱と固定カバーとを示す斜視図である。
【図3B】第1変形例に係る背表紙部材における綴り箱と固定カバーとを示す側面図である。
【図4】第2変形例に係る背表紙部材における綴り箱と固定カバーとを示す斜視図である。
【図5A】第3変形例に係る背表紙部材における綴り箱と固定シールとを示す斜視図である。
【図5B】第3変形例に係る背表紙部材における綴り箱と固定シールとを示す断面図である。

【0021】
以下に、本考案のアルバムについて説明する。なお、以下に説明する部材やその構成等は、本考案を限定するものではなく、本考案の趣旨に沿って各種改変することができることは勿論である。
【0022】
本考案の実施形態に係るアルバム10は、図1、図2A及び図2Bに示すように、表表紙1と、裏表紙2と、複数のシート状体3と、背表紙部材4aと、表表紙1と裏表紙2とシート状体3とを連綴する複数の綴じピン(連綴部材)5と、を備える。なお、表表紙1と裏表紙2と複数のシート状体3とを合わせてアルバム本体と称呼する。
【0023】
表表紙1及び裏表紙2は、互いにほぼ同じ形、同じ大きさを有する。シート状体3は、写真、絵画、版画等が印刷された紙、色紙等の厚紙の他、布、フィルム等である。また、表表紙1、裏表紙2及びシート状体3は、一端に、円柱状の小片である綴じピン5よりも大径であり前記一端の縁に沿うように所定の間隔で形成された複数の貫通孔11をそれぞれ有する。表表紙1、裏表紙2及びシート状体3は、綴じピン5に貫通孔11を挿通されて連綴される。
【0024】
背表紙部材4aは、表表紙1、裏表紙2及び複数のシート状体3のそれぞれの前記一端を収容する綴り箱(収容部材)40aと、綴り箱40aよりも短尺であり、綴り箱40aの周囲を覆うように取り付けられる固定カバー(抜け止め部材)46aと、を備える。
【0025】
綴り箱40aは、底壁と底壁の両側から立設する一対の側壁420とから構成され、断面コの字状に形成された長尺部材である本体部42を備える。本体部42は、底壁と一対の側壁420とに囲まれる溝400を有する。一対の側壁420には、綴じピン5よりも大径であり所定の間隔で形成された複数の貫通孔41が形成されている。複数の貫通孔41は、一対の側壁420を連通する方向に形成されている。なお、一対の側壁420の外面間隔は、綴じピン5の長さと略同じである。また、本体部42の両端には、本体部42の断面よりも大きな断面を有する端面板(第1突部)44が、突出した状態で接合又は一体的に形成されている。
【0026】
固定カバー46aは、貫通孔41からの綴じピン5の抜脱を防ぐ機能を有し、厚さが約2mm程度であり、弾性を有する合成樹脂又はステンレス等の金属から形成されている。固定カバー46aは、底壁と底壁の両端から立設する一対の側壁(被覆部)460を有する。固定カバー46aは、側壁460の上端から側壁460の開口を閉塞する方向に突出し、長尺方向に延出するツメ(係止部)47を有する。なお、固定カバー46aの外面は、端面板44の外面と略同一の大きさである。このように形成されていることで、固定カバー46aの外面は、固定カバー46aが綴り箱40aに取り付けられた状態において、端面板44の外面と面一となる。
【0027】
固定カバー46aの長さは、本体部42の両端に接合された端面板44の相互の間隔よりも僅かに短い長さであり、略同一の長さである。固定カバー46aの内面の大きさは、綴り箱40aの外面よりも僅かに大きな大きさである。また、固定カバー46aのツメ47は、綴り箱40aの本体部42の厚みと略同じ量だけ他の部位から突出している。
【0028】
次に、上記のように構成された本実施形態に係るアルバム10に係る表表紙1、裏表紙2及び複数のシート状体3の綴じ込み・固定方法について説明する。まず、使用者は、表表紙1、裏表紙2及び複数のシート状体3それぞれの貫通孔11が形成された一端を綴り箱40aに収容する。次に、綴じピン5を表表紙1、裏表紙2及び複数のシート状体3に挿通させ、この状態で、固定カバー46aを、貫通孔41からの綴じピン5の抜脱を防ぐように綴り箱40aに取り付ける。
【0029】
この固定カバー46aの綴り箱40aへの取り付け方法について、具体的に説明する。使用者は、固定カバー46aの開口が大きくなる方向に弾性力に抗する力をツメ47に付与する。次に、使用者は、固定カバー46aを、ツメ47が開かれて開口が大きく開かれた状態で、綴り箱40aの本体部42を覆うように開口側から挿入する。使用者が、固定カバー46aを離すと、ツメ47が復元力によって本体部42の開放側端面に回り込むように変形する。このようにして、ツメ47と本体部42の端面と係合し、固定カバー46aが綴り箱40aに取り付けられることとなる。
【0030】
このように、固定カバー46aが綴り箱40aの本体部42を覆っていることで、綴じピン5の移動は、固定カバー46aの内面間に制限される。上記のように、固定カバー46aが本体部42の外面に略一致するように形成されており、綴じピン5が、本体部42の外側面の間隔と略一致する長さで形成されている。このため、綴じピン5の端面が本体部42の内面より内側に移動することを防ぐことができる。つまり、ツメ47を弾性力に抗して開口が開く方向に力を加え、固定カバー46aを綴り箱40aから意図的にはずさない限り、綴じピン5の連綴状態は維持される。
【0031】
また、固定カバー46aは、綴り箱40aにおける端面板44の相互間の長さよりも僅かに短い長さで形成されているため、長尺方向に外力が加わることで移動する場合に、一対の端面板44のいずれかの長尺方向内側の面に当接する。このため、固定カバー46aの長尺方向の移動は端面板44の内面間に制限される。
【0032】
また、ツメ47を有する固定カバー46aは、短尺方向に外力が加わることで移動する場合に、その内面が綴り箱40aの外面に当接する。このため、固定カバー46aの短尺方向の移動は、その内面と綴り箱40aの外面との間に制限される。
【0033】
このように作用することで、固定カバー46aは、綴り箱40aから不意にはずれることはない。
【0034】
(第1変形例)
上記の背表紙部材4aにおいては、固定カバー46aは、綴り箱40aの一対の端面板44に当接することで、その移動を制限されるものとして説明したが、本考案は、この構成に限定されない。次に、第1変形例に係る背表紙部材4bについて説明する。なお、以下において、上記のアルバム10の構成部品が有する特徴との相違を明確にするため、重複する特徴については説明を省略する。
【0035】
第1変形例に係る背表紙部材4bは、図3A及び図3Bに示すように、綴り箱(収容部材)40bと、綴り箱40aよりも長尺であり、綴り箱40bの周囲を覆うように取り付けられる固定カバー(抜け止め部材)46bと、を備える。
【0036】
第1変形例に係る背表紙部材4bと上記の例に係る背表紙部材4aとの第1の相違点は、綴り箱40bにおいて、両端面に端面板44が接合されていないという点である。第2の相違点は、固定カバー46bにおいて、内部空間の断面積が小さくなるように両端部(第2突部)48が内側に突出して形成されている点である。第3の相違点は、綴り箱40bは、固定カバー46bにおける両端部48の間の長さよりも僅かに短い長さであり、略同一の長さで形成されている点である。
【0037】
このような構成を備える背表紙部材4bにおいては、固定カバー46bは、上記の固定カバー46aと同様に綴り箱40bを覆っている状態の場合に、固定カバー46bが長尺方向に移動したときには、両端部48が綴り箱40bの端面に当接する。よって、固定カバー46bは、その移動が制限されるため、弾性力に抗する力が付与されて変形しない限り、綴り箱40bから不意にはずれることはない。
【0038】
また、綴り箱40bと固定カバー46bとの間に、標題を記載する背表紙台紙を配するようにしてもよい。このような構成のときには、固定カバー46bを取り外すことで背表紙台紙の入れ替えを容易にできる。
【0039】
(第2変形例)
上記においては、綴り箱40a,40bの両端と固定カバー46a,46bの両端とが当接することによって、それぞれの相対的な移動を制限するものとして説明したが、本考案は、このような構成に限定されない。
【0040】
例えば、第2変形例に係る背表紙部材4cは、図4に示すように、一対の側壁420の外面に複数のディンプル(穴部)45を有する綴り箱(収容部材)40cと、綴り箱40cの一対の側壁420に対向する一対の側壁460の内面に係合突起(凸部)49を有する固定カバー(抜け止め部材)46cと、を備える。
【0041】
ディンプル45と係合突起49とは、それぞれ複数形成されており、固定カバー46が綴り箱40cを覆うように偏りなく被せられた状態において、対向する位置に同一の間隔で形成されている。
【0042】
このような構成を備える背表紙部材4cにおいては、固定カバー46cが綴り箱40cを覆っている状態において、ディンプル45と係合突起49とが係合している。この係合によって、固定カバー46cは、その移動が制限されるため、弾性力に抗する力が付与されて変形しない限り、綴り箱40cから不意にはずれることはない。
【0043】
また、綴り箱40cにディンプル45が形成され、固定カバー46cに係合突起49が形成されているものとして説明したが、両者の長尺方向への相対的な移動を制限できれば、その構成は任意である。例えば、固定カバー46cが、一対の側壁460の内面にディンプル45を有し、綴り箱40cが、その一対の側壁420の外面から突出する係合突起49を有する構成であってもよい。
【0044】
なお、上記においては、綴り箱40cの両側の側壁420にディンプル45が形成され、固定カバー46cの両側の側壁460に係合突起49が形成されているものとして説明した。しかし、本考案は、これに限定されず、綴り箱40cの一方側の側壁420とその側壁420に対向する固定カバー46cの一方側の側壁460のみに形成されているものとしてもよい。また、綴り箱40cの下面と固定カバー46cの内底面に形成されていてもよい。
【0045】
(第3変形例)
上記における背表紙部材4a,4b,4cは、綴り箱40a,40b,40cと、これらを覆う固定カバー46a,46b,46cとを備える構成であったが、本考案は、このような構成を備えるもの限定されない。
【0046】
例えば、第3変形例に係る背表紙部材4dは、図5Aに示すように、一対の側壁420に綴じピン5が挿通する複数の貫通孔41を有する綴り箱(収容部材)40dと、綴り箱40dにおける貫通孔41の周縁部50に貼着される固定シール(抜け止め部材)46dとを備える。
【0047】
固定シール46dは、薄い円形状であり、弾性を有する合成樹脂で形成されており、何度も再貼付可能な粘着剤が塗布された貼着面を有する。
【0048】
綴り箱40dにおける貫通孔41の周縁部50であり、固定シール46dが貼り付けられる面は、固定シール46dよりも大径である円形状に形成され、他の部位よりも窪んで形成されている。
【0049】
このような構成を備える背表紙部材4dにおいて、綴じピン5が貫通孔41を挿通して一対の側壁420に渡され後、2つの固定シール46dが綴じピン5を塞ぐように一対の側壁420の周縁部50に貼り付けられる。このようにすると、綴じピン5の移動は固定シール46dの内面間に制限される。
【0050】
具体的には、綴じピン5が周縁部60から抜け出る方向に移動し固定シール46dに当接したとしても、固定シール46dの弾性による復元力が作用し、綴じピン5の抜け出る方向の移動が制限される。つまり、綴じピン5の端面が一対の側壁420の内面より内側に移動することを防ぐことができる。よって、固定シール46dを剥がさない限り、綴じピン5が不意に外れることがなく、連綴状態は維持される。
【0051】
また、固定シール46dの貼着面における綴じピン5の抜脱を防ぐための貼着力は、必要以上に大きなものでなくてもよい。具体的に説明すると、綴じピン5が表表紙1、シート状体3、裏表紙2の貫通孔11を挿通している状態において、綴じピン5には、軸に垂直な方向の力と軸方向の力とが加わる。軸に垂直な方向の力は、表表紙1、シート状体3、裏表紙2が引かれる際に、貫通孔11が当接することによって加わる。また、軸方向の力は、表表紙1、シート状体3、裏表紙2を開閉する際に、貫通孔11の縁との摩擦によって加わる。この軸方向の力が綴じピン5の抜脱に影響するものであるが、軸方向に垂直な方向の力に比べて非常に小さい。よって、固定シール46dは、必要以上に大きなものでなくても、綴じピン5の抜脱を防ぐことができる。
【0052】
上記第3変形例に係る背表紙部材4dを備えるアルバム10は、固定カバーの代わりに安価な固定シール46dを備えることで、材料費が低減される。
【0053】
また、固定シール46dは、綴り箱40dの貫通孔41の周縁部50のみを塞ぐものであるため、その他の部位は露出していることとなる。このため、図5Bに示すように、綴り箱40dの表面を覆うように表皮材61が張られていると、美観性が良好となり好適である。
【0054】
この場合、表皮材61は、例えば、表表紙1及び裏表紙2の表面に張られた表皮材60と同じ色彩及び模様を有する共布で形成されたものであると、より美観が良好となる。
【0055】
また、固定シール46dは、貼着面を有し、綴り箱40dに貼着されるものとして説明したが、本考案はこれに限定されない。例えば、固定シール46dを、磁性を有するマグネットとし、綴り箱40dが磁性材料から成るものとして、磁力を利用して綴り箱40dに固定シール46dを固定するようにしてもよい。この場合、固定シール46dは、片側のみ、強磁性材料から形成されたマグネットであると好ましい。このようにすることで、綴り箱40d以外の磁性材料の影響を抑制でき、且つ、綴り箱40dと固定シール46dとの間に布を介したとしても磁力による結合を維持できるため、固定シール46dが不意にはずれることを防止することができる。また、固定シール46dは、綴り箱40dに、面ファスナーによって貼り付けられるものであってもよい。
【0056】
1 表表紙(アルバム本体)
2 裏表紙(アルバム本体)
3 シート状体(アルバム本体)
4a,4b,4c,4d 背表紙部材
40a,40b,40c,40d 綴り箱(収容部材)
400 溝
41 貫通孔
42 本体部
420 側壁
44 端面板(第1突部)
45 ディンプル(穴部)
46a,46b,46c 固定カバー(抜け止め部材)
460 側壁(被覆部)
48 両端部(第2突部)
47 ツメ(係止部)
46d 固定シール(抜け止め部材)
49 係合突起(凸部)
50 周縁部
5 綴じピン(連綴部材)
10 アルバム
11 貫通孔

(57)【要約】

【課題】綴じられる写真や絵画等を容易に綴じ込み及び取り出しすることができるアルバムを提供する。【解決手段】アルバムは、表表紙1とシート状体3と裏表紙2とから成るアルバム本体と、アルバム本体の端部を収容する綴り箱40aと、アルバム本体の端部側を貫通する貫通孔11、並びに綴り箱40aの貫通孔41を挿通して、一対の側壁420に渡されるように配設される綴じピン5と、綴り箱40aの外面に着脱可能に取り付けられ、側壁420に形成された貫通孔41を覆い、弾性材料から成る固定カバー46aと、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):