(54)【考案の名称】太陽電池パネルユニット設置用架台の支柱、及び太陽電池パネルユニット設置用架台

(73)【実用新案権者】株式会社イスズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光によって発電する複数の太陽電池パネルユニットを取り付ける架台を設置するために、地中に挿入されて埋設され、地中において前記架台を支えるための支柱と、この支柱を用いて構成される架台に関する。特に地中に埋設される支柱の構造により強固に架台を固定するためのに支柱及びこれを用いた架台に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、火力発電などの化石燃料に代わって、クリーンなエネルギーとして太陽光発電が注目され、積極的に広く導入されている。太陽光発電の設備は平らな土地や、建物の屋上、住宅の屋根などに設置されている。そして太陽の光を効率的に受光可能なように、太陽光発電パネルユニットを取り付けるための架台を使用して、パネルを所定の傾斜角度に設置している。
【0003】
太陽電池パネルユニットは屋外に設置されるため、様々な方角からの風を受け、長期間にわたり風雨にさらされるため、パネルに傾斜を持たせた姿勢で固定し、角度を一定に保てるように、強固な取り付け架台が必要とされている。
さらに、大規模な太陽光発電施設を設置しようという機運が全国的に盛り上がり、広大な土地を必要とするようになっている。このため、凹凸のある土地や、地盤の軟弱な土地であっても、太陽光パネルを強固に保持するための架台設置が求められる。さらに、これらの要求を満たすために、強い強度の鋼材や特殊な構造を採用すれば、費用がかさむこととなるため、費用を軽減しつつ、しかも発電所設備を早期に建設でき、電力供給を行うようにすることが課題となっている。
【0004】

【効果】

【0015】
本考案によれば、地中に埋設する支柱を地盤に強固に固定できるとともに、その設置工法が簡単で、設置費用も安くすることが可能な、支柱及びこれを用いた太陽電池パネルユニット設置用架台を提供することができる。
これにより、土地の面積や地面の形状等に応じた太陽光発電設備を、安価かつ迅速に設置することが可能になり、自然エネルギーの普及促進、電力供給不安の解消、遊休土地の活用など、様々な効果を発揮することができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】図1は、本考案の支柱の側面図である。
【図2】図2は、本考案の支柱において、ストッパー部が設けられた部分を示す断面図である。
【図3】図3は、本考案の支柱の別の実施形態を示す側面図である。
【図4】図4は、本考案の支柱と、これを用いた太陽電池パネルユニット設置用架台の実施形態を示す側面図であり、図中の点線は地表面を示す。
【図5】図5は、考案の支柱と、これを用いた太陽電池パネルユニット設置用架台の実施形態を示す斜視図であり、図中の点線はそれぞれ、手前側及び奥側の支柱に対応して地表面を示す。

【0017】
以下、本考案の支柱と、これを用いた太陽電池パネルユニット設置用架台について、図面を参照しながら説明する。
図1は、本考案の支柱の側面図である。
図2は、本考案の支柱において、ストッパー部が設けられた部分を示す断面図である。
本考案の第一の実施形態は、複数の太陽電池パネルユニットを取り付ける架台を設置するために、地中に挿入されて埋設され、地中において前記架台を支えるための支柱1である。
支柱1には、地中に挿入され埋設される部分に複数のストッパー部材2が設けられている。ストッパー部材2は、地中において、支柱が倒れたり、地中深くに沈みこんだりするのを防ぐために、支柱とその周囲の土壌、地盤との固着強度を高めるために設けられる、突起、リング、その他の形状のものであり、各種の材質や形状の物が含まれる。
ストッパー部材2の好ましい一例は、地表面に近い断面の円の直径が大きい円錐台形状の部材からなるものであり、太陽電池パネルユニット設置用架台の支柱を構成される。また、円錐台形状には、円錐台形のほか、外側に膨らんだお椀形、あるいはお椀形とは逆に内側に凹んだ漏斗状の形状や、その他の形状であってもよい。
【0018】
また、本考案において好ましい形態の一例は、複数のストッパー部材2が、支柱1の地中に挿入され埋設される部分に等間隔に設けられたものである。図1においてはこの実施形態を示している。
ストッパー部材2を支柱1に固定する方法は、強度の面からは、溶接により金属同士を固着させることが好ましい。本願出願人が試作した一例によれば、5個のストッパー部材を取り付けることにより、約750キログラム位の引張荷重があり、必要に応じてストッパーの数や形状、大きさを調整することが可能である。
また、ストッパー部材2と支柱1を別個のものとして製造し、ボルトやナット、継ぎ手、等により両者を固定する方法でもよく、この場合には、通常工事現場などで使われている汎用的な金属製パイプ等を支柱として利用することが可能である。
【0019】
なお、本考案においては、複数のストッパー部材2は、溶融亜鉛メッキが施された金属板状部材を円錐台形状に形成した部材からなることが好ましい一例である。溶融亜鉛メッキを施すことにより、地中において支柱が腐食してしまうことを防ぐためである。
【0020】
本考案の別の実施例によれば、前記の複数のストッパー部材2には、金属板状部材に一以上の穴3が設けられたものとすることができる。
図3は、本考案の支柱の別の実施形態を示す側面図である。
穴3は、支柱1を地中に打ち込む際に、ストッパー部材2が受ける土の抵抗を少し逃がすために設けられるものである。穴の大きさや形状は任意のものであり、大き過ぎると設置後の地盤との顧客強度を弱めることにもなりかねないため、小さめの穴であることが好ましい。
【0021】
次に、本考案の第二の実施形態としては、請求項1〜4のいずれかに記載の太陽電池パネルユニット設置用架台の支柱1と、前記支柱1に連結され、複数の太陽電池パネルユニット4を設置するための架台5とからなる、太陽電池パネルユニット設置用架台である。
図4は、本考案の支柱と、これを用いた太陽電池パネルユニット設置用架台の実施形態を示す側面図であり、図中の点線は地表面を示す。
図5は、考案の支柱と、これを用いた太陽電池パネルユニット設置用架台の実施形態を示す斜視図であり、図中の点線はそれぞれ、手前側及び奥側の支柱に対応して地表面を示す。
太陽光パネルを支える架台2の構成、形状、素材等は各種の物を用いることができる。また、太陽光パネルの枚数や、設置場所の広さ、土地の形状などにも限定されることはなく、様々なものとすることができる。
たとえば、太陽光パネルユニットを設置するための架台は、支柱を組み合わせて構成することにより、太陽光パネルユニットの下の部分は別の用途、たとえば温室や駐車場などとして利用できる設備にしてもよい。
【0022】
以上詳細に説明したように、本考案によれば、地中に埋設する支柱を地盤に強固に固定できるとともに、その設置工法が簡単で、設置費用も安くすることが可能な、支柱及びこれを用いた太陽電池パネルユニット設置用架台を提供することができる。
また、弱い地盤の土地、たとえば田んぼや河川敷、海岸など、あるいは貴福のある土地、たとえば畑や山林、原野、湿地などに陽電池パネルユニットを設置することもできる。
これにより、土地の面積や地面の形状等に応じた太陽光発電設備を、安価かつ迅速に設置することが可能になり、自然エネルギーの普及促進、電力供給不安の解消、遊休土地の活用など、様々な効果を発揮することができる。
【0023】
1 支柱
2 ストッパー部
3 穴
4 太陽電池パネルユニット
5 架台

(57)【要約】

【課題】土地の面積や地面の形状等に応じた太陽光発電設備を、安価かつ迅速に設置することを可能にする太陽電池パネルユニット設置用架台の支柱を提供する。【解決手段】複数の太陽電池パネルユニットを取り付ける架台を設置するために、地中に挿入されて埋設され、地中において前記架台を支えるための支柱に、地中に挿入され埋設される部分に複数のストッパー部材が設けられて、ストッパー部材は好ましくは地表面に近い断面の円の直径が大きい円錐台形状の部材とする。この支柱に連結して太陽電池パネルユニットを設置するための架台を設置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):