(54)【考案の名称】検査用照明装置

(73)【実用新案権者】株式会社エム・アイ・エル

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、検査対象(ワーク)に光を照射するための検査用照明装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
検査対象に光を照射する光源と、光を拡散させる拡散板と、当該光源の光を拡散板に導く導光板とを備えた検査用照明装置が知られている(例えば、特許文献1等参照)。
【0003】

(57)【要約】

【課題】光が広がり易く、検査対象に対する照射範囲を広くできて、検査対象を撮像した場合の撮像画像における検査判断用の情報量を多くでき、適切な検査を行うことが可能な検査用照明装置を提供する。【解決手段】本考案に係る検査用照明装置1は、光源5と、前記光源5から出射された光を拡散させて検査対象50に照射する光拡散手段(光拡散板3)と、前記光の進行方向において前記光源5及び前記検査対象50と対向する位置に前記光拡散手段を位置させる光拡散手段の位置決め手段(光透過部材4)と、を備え、前記検査対象50に対して光を出射する光拡散手段の光出射面35が前記光の進行方向と交差する湾曲面又は傾斜面に形成されたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):