(54)【考案の名称】ひまわりソーラーパネル

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、日照時間帯において、太陽光をソーラーパネルに常に垂直にうけるよう、太陽追尾センサーに連動させた可動式ソーラーパネルを設けた、ソーラー発電に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
家屋の屋根上にて太陽光を垂直に受ける場合、ソーラーパネルを屋根と平行に固定して設置しては、日照時間帯において強い太陽光を受けるに対し、太陽がパネル面の真上にくるまで待たなければならなかった。

【効果】

【0005】
上述のように、本考案のひまわりソーラーパネルはソーラーパネル本体に太陽光を受光することはもちろん、太陽追尾センサーと連動した回転軸、および昇降機をひまわりソーラーパネルに設けたことで、日照時間帯は常に太陽光をソーラーパネルに垂直に当てることを、可能としたことにより、発電効率は大幅に向上するものである。

(57)【要約】

【課題】 本考案は日の出から日没まで、および春夏秋冬太陽の位置角度において、太陽光を常にパネル表面に垂直にあてることを容易とし、発電効率を最大限に上げる。【解決手段】本考案はパネル1裏側縦軸中心線位置にシャフト2を設け、太陽追尾センサー電池付モーター7の正逆回転運動を、ベルト4を回してシャフト2に伝えることで、パネル1表面を日の出から日没まで、太陽に対して常に垂直に向けることを可能とし、また、台座6とパネル台3の上側位置に設けた昇降機5の伸張可動により、年間の太陽位置角度の変化に対してパネル1表面を常に垂直に向けるよう修正することを容易としたことで、発電効率を上げることを可能とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):