(54)【考案の名称】色紙

(73)【実用新案権者】株式会社長門屋商店

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、サインや寄せ書き等をする際に使用される色紙(しきし)、または画材として使用される色紙(しきし)に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、色紙の寸法は横242×縦272mmのものが最も一般的であり、それ以外のものでは60×90mmのかるた判、242×333mmのF4判、320×410mmのF6判などがある。
【0003】
一方、一般的に市販されているコピー用紙やクリアファイル、封筒などで採用されている寸法はJIS規格で定められている。寸法の系統にはA列、B列、四六判、菊判、ハトロン判、AB判などがあり、その中でもA列またはB列であることが通常である。つまり、これらの寸法は色紙において採用されている寸法とは異なるものである。
【0004】
この寸法の相違は、色紙に使用される和紙の寸法に起因するものである。和紙の寸法は「切」、「裁」、「折」等の単位で表されるが、これらは全紙からいくつに裁ち切ったかを示すものである。例えば「六裁」とあれば、全紙を六つに裁ち切った状態・寸法を意味する。なお、和紙の全紙の寸法は、和紙を漉くための道具である漉簀や桁の大きさによって決まるものである。
【0005】
このような寸法の相違により、色紙を封筒やファイルに入れようとしても、入れることが出来ない。また、色紙を保管する場合には額縁に入れるか、食品包装用ラップフィルムで覆うことも行われているが、前者では特注品になってしまうため費用がかかり、後者では見栄えが良くない。本棚等に保管しようとしても色紙が棚からはみ出てしまい、結局引き出しや段ボール等に詰めて仕舞い込んでしまうことが多々ある。さらに、コピー機やスキャナなどで原稿を読み込む場合においても、これら機械は読み込む原稿がJIS規格のA列またはB列であることを前提として作られているため、色紙全体をうまく読み込むことが出来ない等、その取り扱いについては問題点があった。
【0006】
このような不便を解消するため、色紙の大きさに合わせた封筒が実用新案登録第3066559号に記載されている。しかしながら、上述のような問題点を根本的に解決するには至っていない。
【0007】

【効果】

【0013】
以上の構成を有することから、本考案によれば、色紙の寸法がJIS規格に定められた紙の仕上がり寸法と同じであるため、市販されている封筒やクリアファイル等に入れ、保管することが容易になる。また、色紙の持ち主又は贈り主が各自の趣向に合わせて自由に保管方法を選ぶことが可能となる。100円均一の小売店やホームセンタ−、文房具店等、様々な場所では、JIS規格に合わせた様々な封筒やファイル、額縁やアクリルフレーム等が安価で売られているので、特注品の額縁を作る必要もなくなり、費用の負担も激減する。さらに、コピー機やスキャナで色紙全体を読み込むことが可能となるため、色紙をデータとしてコンピュータ等に保存することができ、データ上で自由に加工することも可能となる。

(57)【要約】

【課題】封筒やクリアファイル等に入れることが出来、保管する際の選択肢を広げ、コピー機やスキャナで読み込むことが出来る、取り扱いに便利な色紙を提供すること。【解決手段】色紙が、JIS規格に定められたA列またはB列の仕上がり寸法を有していること。また、色紙が砂子紙又は洋紙層、中芯層、和紙又は上質紙層の三層からなること。また、中芯層が再生材であること。また、色紙がJIS規格に定められたA4判であること。また、色紙がJIS規格に定められたB5判であること。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):