(54)【考案の名称】折り目の目安にするマークを有する便箋等の用紙

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、便箋やコピー用紙等(以下、便箋等という)の用紙を封筒に挿入する際、特に80円切手で郵送する場合の第一種定形封筒に、B5版、A4版等の用紙を挿入する場合、三つ折り以上にしないと挿入できない。この場合に簡単に三つ折り以上の折り畳みができるように便箋等の用紙に3以上の等分に折り畳めるように端部に2ヶ所以上のマークを設けた折り目の目安を有する便箋等の用紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術としては、紙に二つ折りできる折り目を施し、紙を折り畳んだ際、主にその外折れ側となる面に粘着剤を施した折り目入り粘着剤付きメモ用紙(例えば、特許文献1参照)が存在している。

【効果】

【0006】
本考案に係る折り目の目安にするマークを有する便箋等の用紙は、上記説明のような構成を有するので、以下に記載する効果を奏する。
(1)便箋等の用紙を3等分以上に等分して折り畳む場合、一側端部、あるいは両側端部に設けたマークを目安にして折り畳むことで、極めて簡単に3〜数等分に綺麗に折り畳むことができる。
(2)縦長の用紙の両側端部に設けたマークを利用して、綺麗に折り畳む際、左右のマークをつなぐように「物差し」等、薄い板状のものを添えて折り畳むと簡単に折り畳むことができる。

(57)【要約】

【課題】便箋等の用紙において、折り目の目安となるマークをつけることで、綺麗にかつ容易に3つ折が出来るようにした用紙を提供する。【解決手段】便箋等の用紙3を封筒に収納する際、封筒の大きさに合致するために用紙3が、B5版、A4判であると通常は3等分以上に折り畳まなければならない。この際、目安となるマーク1(例えば短い線や点、三角マーク等のマーク)を印刷したり、さらに各マークに色付けをしたり、折り畳み数の種類によってマークを換えておくことで二つ折り〜複数折りする上で、色やマークで確認しながら折り畳むことができる。両側端にマーク1を付した便箋であれば、上側の両端に同位置に設けたマーク1を目安に折り付け、さらに下側の両端の同位置に設けたマーク1を目安に折り付けることにより、均一に3等分に三つ折りすることが極めて簡単にできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):