(54)【考案の名称】ステッキ傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、磁鉄ステッキ傘に関し、より詳しくは、ステッキと傘を結合させる「磁鉄ステッキ傘」設計の、シンプルな構造を有し、収納及び取り出しが便利な利点を有するものに関する。

【従来の技術】

【0002】
人間が雨や日差しを遮る必要に気付いた時に傘が発明され、今や傘は生活必需品となり、また傘の長さは老人の支えにも適するため、傘はステッキの用途も生み出した。
【0003】
傘は本来雨や日差しを遮る為に設計されており、故にステッキの支持機能及び安定化機能を有してはおらず、後に両方の用途に使用出来るよう、傘及びステッキの機能を一体化させており、現在では多様な型式のステッキ傘が市場に登場し、あるものは傘の上に手で握らせる為のグリップを設け、またあるものは更に工夫を利かせてグリップの高さを調節できるようにしており、この種の設計は傘にステッキ機能を兼備させた用具を提供させた。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、前述した従来の技術では、ステッキ機能を兼備する傘は、両方の機能を有するが、雨の時に傘機能の使用を選択すると同時にはステッキの機能は使用出来ない等常に一つの機能のみを選択して使用せねばならず、ステッキ機能の使用時には、雨や日差しの遮断等の傘機能を使用出来ない等、本来の設計意義を大きく損ねてしまい、真の意味で両方の機能を兼備し使用可能とは言えず、ステッキの支持が必要な者の需要を完全に叶える事は出来ない。
【0005】
本考案は、このような従来の問題に鑑みてなされたものである。上記課題解決のため、本考案は、傘とステッキ両方の機能を同時に有する構造、及び取り出しが安定且つ便利な効果を有するものを提供することを主目的とする。小さい力で取り出せるのが特徴で、ステッキと傘の結合箇所は、磁性ブロック部により互いに吸着し合い、他に複雑なロック部材は必要なく、簡単に使用可能にする効果を達成させる。
【0006】
また、本考案に係る「磁鉄ステッキ傘」は、結合の安定という特徴を有し、中棒の柄部内にはステッキの磁性ブロック部を収容させる孔部が設けられ、磁性ブロック部の吸着と合わせ、安定的で外れにくい効果を達成させる。

【効果】

【0008】
本考案によれば、シンプルな構造を有し、収納及び取り出しが便利という利点が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案に係る傘の実施形態図である。
【図2】本考案に係る傘とステッキを分離させた実施形態図である。
【図3】本考案に係る傘の柄部とステッキの手元の結合の実施形態図である。

【0010】
以下に図面を参照して、本考案を実施するための形態について、詳細に説明する。なお、本考案は、以下に説明する実施形態に限定されるものではない。
【0011】
(第1実施形態)
本考案に係る第1実施形態の構成を図1から図3に示す。本考案の実施形態に係る磁鉄ステッキ傘は図1と図2によると、ステッキ20は傘10の中棒13中に納置され、ステッキ20は手元21及び支持棒22を主に含み、手元21と支持棒22の間にはブロック部23が設けられ、傘10の中棒上端には柄部12が設けられ、図3によれば、傘の使用時に手で握らせ、また柄部12には内槽14が設けられると共に中棒13と共にステッキ20を収容させる為に中空状となり、中空の柄部12上端にはやや大きな経口の孔部16が設けられ、孔部16は手元21のブロック部23を収容させる。手元21のブロック部23には磁性機能を有し、対向する孔部16にも磁性ブロック部15が設けられて、手元21が中棒13に収容された後、二つの磁性ブロック部15と磁性ブロック部23は互いに吸着し合い、これによりステッキ20は傘10内に安定的に位置されて固持され、一体でステッキを使用させる目的を達成させる。
【0012】
ステッキ20と傘10を使用して雨や日差しを遮りたい場合、小さな力をステッキ20の手元21にかけて上に向け取り出すのみで、二つの磁性ブロック部15と磁性ブロック部23を簡単に分離出来、ステッキ20を取り出し傘10とは別々に使用させる目的を達成させる。
【0013】
以上、本考案はこのような実施形態に限定されるものではなく、考案の趣旨を逸脱しない範囲において、種々の形態で実施することができる。
【0014】
10 傘
12 柄部
13 中棒
14 内槽
15 磁性ブロック部
16 孔部
21 手元
22 支持棒
23 磁性ブロック部
24 端部

(57)【要約】

【課題】傘とステッキの両方の機能を有する構造及び取り出し時に安定的で便利な効果を有する磁鉄ステッキ傘を提供する。【解決手段】ステッキを傘の中棒13中に位置させ、中棒13の端には中空の柄部12が設けられ、中空の柄部12はステッキを中棒13内へ進入させる為に用いられ、中空の柄部12上端には内孔部が設けられ、内孔部内には磁性ブロック部15が設けられる。さらに、ステッキの手元21と支持棒22の端部にも磁性ブロック部23が設けられて、支持棒端部を柄部の孔部へ進入させ、磁性ブロック部23により両者を密着させて固定させ、僅かな力を加えるのみでステッキを取り出し使用できる構造となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):