(54)【考案の名称】ミウラ折り用紙

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、文書のミウラ折りに関するものである。さらに詳細には、一枚ものの文書をミウラ折り形状に折り畳むことを容易にするガイドマークのしるした用紙、および、用紙に該ガイドマークを記入するためのテンプレートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ミウラ折りは、パンフレットや地図などの一枚ものの文書を折り畳む形式として定着している。その特徴はこの種の大画面の文書をコンパクトに折り畳み、容易に開閉できて、一覧性を保ち、かつ折り目が破れにくいことの特性により、携帯・閲覧と保存に適した性質があるからである。しかし、問題は折りの技術にある。
【0003】
商業的な大量に利用の場合、ミウラ折りは、印刷会社が二次元的ひろがりのある情報を印刷し、特殊折り専門の会社で折る、という形態で行われてきた。特殊折りの機械は、現状では速度がおそく、結果としてコストが高くなる。これが、ミウラ折りの普及の一つの障害となっている。
【0004】
一方、ソーホーや個人による小量の利用の場合はどうだろうか。プリンターの普及で、印刷までは問題は存在しない。しかし、ミウラ折りにするための、市販の折り機のようなものは存在しない。一方手折りをすることは、なんとか可能であるが、一般の人が、使いやすい整った形状に折るのは困難である。結局は二つ折り、四つ折り、小冊子、など一覧性に欠ける旧来の形状で使用、保存せざるを得ない。
【0005】
以上要するに、折る技術の制約によって、ミウラ折りの利用の普及には限界がある。しかし、普通の日本人なら体得している、ごく基本的な、折り紙の操作の能力を、これまでの手法は利用しきっていないのではないか。必要最小限のガイドマークを、コンテンツの中に忍ばせる手法を用いれば、簡単に、正確にミウラ折りを折る方法を支援することは、充分に可能と思われる。

【効果】

【0010】
本考案の第一の効果は、プリントした文書を、容易にかつ整ったミウラ折りに折る方策を、しかも紙面上にコンテンツに殆ど影響しないガイドマークとして忍ばせることで、提供することにある。そのために必要な操作は、或る点と或る点を合わせて折る、或る折り目に平行に折る、そして山折り谷折りを折り返すことの三種類である。これらの操作は、折り紙の技法ではごく普通のものである。
【0011】
本考案の第二の効果は、上記のガイドマークをあらかじめしるした用紙を用いる、またコンテンツをプリントした後でガイドマークをしるす 、またコンテンツと同時にプリントする、の三つの方法で実行できることである。

(57)【要約】

【課題】一枚ものの文書をミウラ折り形状に折り畳むことを容易にするガイドマークのしるした用紙、および、用紙に該ガイドマークを記入するためのテンプレートを提供する。【解決手段】長方形の紙面を紙面と等幅の細長い長方形に折り畳まれた状態を短冊と呼び、該短冊を所定のオフセット角をつけて折り返す際に元の短冊に重ねられた1つの頂点が乗る位置にガイドマークQを、折り返した短冊部分を前記オフセット角で再び折り返す際にオフセット角に対応する頂点の位置にガイドマークRを定義し、前記ガイドマークQ,Rを前記紙面にしるしてミウラ折り用紙とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):