(54)【考案の名称】発光ダイオードモジュールおよび発光ダイオードディスプレイ

(73)【実用新案権者】ライトハウス テクノロジーズ リミテッド

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、歯状側壁を有する発光ダイオード(LED)モジュールと、該発光ダイオードモジュールアレイから組み立てられる発光ダイオードディスプレイとに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の矩形状発光ダイオードモジュールは4つの直線状側壁を有する。これらの従来の矩形状発光ダイオードモジュールを並べて組み立てることによって大型の矩形状発光ダイオードディスプレイを形成すると、隣接する発光ダイオードモジュールの互いに当接する直線状側壁間に直線状の縦横の継ぎ目または格子線が形成される。大型の発光ダイオードディスプレイを遠くから見ると、これらの格子線が視認されてしまう。これらの視認可能な格子線の存在により、発光ダイオードディスプレイの全体的な外観が損なわれると共にその効果に悪影響が及ぼされる可能性がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
したがって、発光ダイオードモジュールアレイから組み立てられる大型の発光ダイオードディスプレイの視認可能な格子線を削減または排除することができる改善された発光ダイオードモジュールを製造する必要がある。

(57)【要約】

【課題】発光ダイオードモジュールアレイから組み立てられる大型の発光ダイオードディスプレイの視認可能な格子線を削減または排除することができる改善された発光ダイオードモジュールを提供すること。【解決手段】発光ダイオードディスプレイは発光ダイオードモジュールアレイを有する。各ダイオードモジュール20は4つの歯状側壁を有する。歯状側壁は、隣接する発光ダイオードモジュール20における対応する適合形状を有する歯状側壁28に当接して、当該当接する歯状側壁28間に歯状継ぎ目を形成するようにそれぞれ構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):