(54)【考案の名称】拡充式モバイル電源装置

(73)【実用新案権者】匯聚電子股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、拡充式モバイル電源装置に関し、特にバックアップ及び充/放電に便利な携帯装置で、使用ニーズに基づき、総バッテリー容量を増加或いは減少させることができ、伝送ポートを通して、ポータブルデジタル機器に、充電或いは給電可能な拡充式モバイル電源装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話端末、ノート型コンピューター、デジタルカメラ、音楽プレーヤー等のポータブルデジタル機器はどれも、充/放電バッテリーを用いて、使用時の電源としている。
【0003】
一般に、ポータブルデジタル機器に使用するバッテリーに対して充電を行う時には、配備する充電器を通して、商用交流電源を一定の電圧レベルに転換して行う。
しかし、商用交流電源を得ることができない環境下では、充電上の困難を招き、或いは該ポータブル機器の使用を中断しなければならないという状況が発生する。
【0004】
よって、随時携帯可能な充電装置が市販されている。
該ポータブル電源装置により、使用者は商用交流電源がない環境においても、ポータブルデジタル機器に対して充電或いは給電することができる。
【0005】
従来のポータブル電源装置は、充電バッテリー及び制御回路からなり、ケーシング中に一緒に収納される。
それらは、総バッテリー容量の大きさに応じて、製品として分類される。
容量が小さいポータブル電源装置製品は、軽量でコンパクトという長所を備えるが、使用時間が短いという欠点が存在する。
大容量のポータブル電源装置製品は、大きくて重く、携帯に不便であり、しかも充電バッテリーには、使用年限及び回数の制限があるため、ポータブル電源装置の性能が低下、或いは損壊した時には、全体を廃棄せざるを得ない。
本考案は従来のポータブル電源装置の上記した欠点に鑑みてなされたものである。
【0006】

【効果】

【0009】
本考案の拡充式モバイル電源装置は、使用者のバッテリー容量に対するニーズに基づき、バッテリーユニットを結合する方法で、総バッテリー容量をフレキシブルに増加或いは減少させることができ、また携帯時の体積及び重量を調整でき、必要時には、バッテリーユニットを新しくするだけで、ポータブル電源装置の性能を上げることができ、資源の浪費を減らすことができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案単一のバッテリーユニットの俯視、及び主要構成部品の模式図である。
【図2】本考案電源制御モジュールの俯視、及び主要構成部品の模式図である。
【図3】本考案電源制御モジュールと単一のバッテリーユニットとを相互に組合せた様子を示す立体図である。
【図4】本考案電源制御モジュールと単一のバッテリーユニットとを相互に組合せた様子を示す側視図である。
【図5】本考案電源制御モジュールと複数の単一のバッテリーユニットとを相互に組合せた様子を示す分解立体図である。
【図6】本考案電源制御モジュールと複数の単一のバッテリーユニットとを相互に組合せた様子を示す立体図である。
【図7】本考案電源制御モジュールと複数の単一のバッテリーユニットとを相互に組合せた様子を示す別の視角からの立体図である。
【図8】本考案電源制御モジュールと単一のバッテリーユニットとを相互に重ねて組合せた様子を示す分解立体図である。
【図9】本考案電源制御モジュールと単一のバッテリーユニットとを相互に重ねて組合せた様子を示す別の視角からの分解立体図である。
【図10】本考案電源制御モジュールと複数の単一のバッテリーユニットとを相互に重ねて組合せた様子を示す分解立体図である。

【0011】
以下に図面を参照しながら本考案を実施するための最良の形態について詳細に説明する。
【0012】
図1、2、3に示すように、本考案拡充式モバイル電源装置は、電源制御モジュール1、及び1個或いは1個以上の単一のバッテリーユニット2、3、4、5からなる。
【0013】
図2に示すように、電源制御モジュール1の殼体11内には、回路板12を設置する。
【0014】
該回路板12上には、充電制御回路121、電源昇/降圧転換回路122、電源管理回路123、スイッチボタン124、作動状態インジケーターユニット125、バッテリーユニットに接続する第一接続ポート126、電源入力ポート127、電源出力ポート128を設置する。
【0015】
該殼体11のバッテリーユニットに相対する面には、定位孔13及び係合孔14を設置する。
【0016】
該電源制御モジュール1の電源入力ポート127と充電制御回路121とは電気的に接続し、充電制御回路121、昇/降圧転換回路122、電源管理回路123間は、回路接続を構成する。
【0017】
電源管理回路123とスイッチボタン124及び作動状態インジケーターユニット125とは電気的接続を構成し、電源昇/降圧転換回路122と電源出力ポート128、第一接続ポート126とは電気的接続を構成する。
【0018】
該回路板12のスイッチボタン124、作動状態インジケーターユニット125、第一接続ポート126及び電源入力ポート127、電源出力ポート128は、該電源制御モジュール1の殼体11外に露出し、これにより使用者は外部から接続し、押釦操作し、或いは目視することができる。
【0019】
該電源入力ポート127には、アダプター(Adapter)端子を接続して直流電源を、該電源制御モジュール1中の電源出力ポート128に入力し、充電或いは給電が必要なポータブルデジタル機器の給電端と接続し、充電或いは給電を行う。
【0020】
図1に示すように、該単一のバッテリーユニット2、3、4、5の上記電源制御モジュールに相対する殼体21上には、電源制御モジュール、又は他のバッテリーユニットの下半部をスライドして収容する収容設置空間22を設置する。
【0021】
該単一のバッテリーユニット2には、コントローラー23、バッテリー24、電源制御モジュールの上記第一接続ポート又は他のバッテリーユニットの第三接続ポートに接続する第二接続ポート25、第三接続ポート26を備える。
【0022】
該コントローラー23とバッテリー24、第二接続ポート25及び第三接続ポート26とは電気的に接続し、該第二接続ポート25を上記電源制御モジュールの第一接続ポート又は他のバッテリーユニットの第三接続ポートに相対して該殼体21の収容設置空間22上に設置する。
【0023】
該第三接続ポート26は、該殼体21の収容設置空間22の片側の他のバッテリーユニットの第二接続ポートに相対する位置に設置する。
【0024】
該単一のバッテリーユニット2は、該殼体21の収容設置空間22上に、上記電源制御モジュールの定位孔13及び係合孔14に相対して定位ブロック27及び係合フック28を設置し、また、単一のバッテリーユニット2、3、4、5の反対面には、重ね合わされる他のバッテリーユニットの該定位ブロック27及び該係合フック28位置に対応して定位孔271及び係合孔281を設置する。
【0025】
図3、4に示すように、使用時には、該電源制御モジュール1を、該単一のバッテリーユニット2殼体21の収容設置空間22内にスライドさせて入れる。
【0026】
これにより、該電源制御モジュール1の第一接続ポート126と該単一のバッテリーユニット2の収容設置空間22上の第二接続ポート25とは、電気的に接続する。
【0027】
同時に、該電源制御モジュール1の定位孔13及び係合孔14と、該単一のバッテリーユニット2の定位ブロック127及び係合フック28とは結合する。
【0028】
図5〜7に示すように、使用時には、該電源制御モジュール1と該単一のバッテリーユニット2とを組合せた後、2個目の単一のバッテリーユニット3、3個目の単一のバッテリーユニット4、4個目の単一のバッテリーユニット5等を、それと対応する単一のバッテリーユニット2の収容設置空間内に順番にスライドして入れてセットする。
【0029】
さらに、上下に重ねられた各バッテリーユニットの該第二接続ポート25と該第三接続ポート26をそれぞれ対応させて電気的に接続し、定位して係合する。
【0030】
上記したように、本考案装置は、使用者のニーズに応じて、該単一のバッテリーユニット2、3、4、5等の数を増やすことができる。
【0031】
さらに、図5〜7に示すようにスライド機構をバッテリーユニットの拡充或いは減少結合の定位に用いるため、電力容量の増加を達成し、或いは適当に調整後は、ポータブルデジタル装置への適時充電或いは給電のために携帯しての外出に便利である。
【0032】
図8、10に示すように、使用時には、別に該電源制御モジュール1の第一接続ポート126及び該単一のバッテリーユニット2、3、4、5の第三接続ポート26を、該殼体11、21背面に設置することもできる。
【0033】
これにより、該電源制御モジュール1と該単一のバッテリーユニット2及び他の単一のバッテリーユニット3、4、5とは、上下に重なる方式で組み合わされる。
【0034】
上記の本考案名称と内容は、本考案技術内容の説明に用いたのみで、本考案を限定するものではない。本考案の精神に基づく等価応用或いは部品(構造)の転換、置換、数量の増減はすべて、本考案の保護範囲に含むものとする。
【産業上の利用可能性】
【0035】
本考案は実用新案登録の要件である新規性を備え、従来の同類製品に比べ十分な進歩を有し、実用性が高く、社会のニーズに合致しており、産業上の利用価値は非常に大きい。
【0036】
1 電源制御モジュール
11 殼体
12 回路板
121 充電制御回路
122 電源昇/降圧転換回路
123 電源管理回路
124 スイッチボタン
125 作動状態インジケーターユニット
126 第一接続ポート
127 電源入力ポート
128 電源出力ポート
13 定位孔
14 係合孔
2 単一のバッテリーユニット
21 殼体
22 収容設置空間
23 コントローラー
24 バッテリー
25 第二接続ポート
26 第三接続ポート
27 定位ブロック
28 係合フック
271 定位孔
281 係合孔
3 単一のバッテリーユニット
4 単一のバッテリーユニット
5 単一のバッテリーユニット

(57)【要約】

【課題】必要に応じてバッテリー容量を増減可能な拡充式モバイル電源装置を提供する。【解決手段】電源制御モジュール1及びバッテリーユニット2、3、4、5から構成し、電源制御モジュールには、充電制御回路などを収容すると共に、スイッチボタン124、作動状態インジケーターユニット125、第一接続ポートを備える。また、バッテリーユニットは、バッテリーを収容して前記電源制御モジュールの第一接続ポートに接続する第二接続ポート25、さらに重ね合わされる他のバッテリーユニットの第二接続ポートに接続する第三接続ポート26を備え、電源制御モジュールをバッテリーユニットに重ね合わせて結合する。さらに、その第一接続ポート126をバッテリーユニットの第二接続ポート25に接続し、さらに他のバッテリーユニットを同様にして重ね合わせて結合する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):