(54)【考案の名称】無線通信システムモジュールを内蔵された自動車オーディオ主機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、自動車の前部計装表示盤の集中制御パネル上に取り付けられる車両オーディオ主機の斬新な構造設計に関し、特に、多種応用可能なWIFI/GPRS (3G/4G)などの無線通信モジュールを内蔵された車用オーディオ主機に関する。

【従来の技術】

【0002】
車用オーディオ主機は、車内の前部計装表示盤の集中制御パネル上に取り付けられている。公知のローエンドの一般の車用オーディオ主機は、影像再生システムが取り付けられており、ラジオ/CD/DVD及びテレビの放送の受信機能しかない。または、主機に外部との通信機能及び多機能携帯電話機/タブレットPCの応用機能が備われている。
【0003】
さらに、ハイエンドの車用オーディオ主機には、人工衛星測位のARM構造モジュール、または、埋込式コンピュータシステム(embedded computer system, ECS)を利用して、衛星測位として使用される。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、この種の公知の車用オーディオ主機は、外部への通信接続または多機能携帯電話機あるいはタブレットPCと直接に接続して、組み合わせ使用することはできず、改善の必要がある。

【効果】

【0015】
本考案は、以上の斬新な設計によって、以下の応用を達成できる。
【0016】
A. 本考案の車用オーディオ主機は、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線通信機能が備われている。
【0017】
B. 本考案の車用オーディオ主機は、車内に取り付けられ、使用者がWIFI/GPRS (3G/4G) など、無線通信のアカウントがあれば、必要な応用プログラム、文書または電子メールをアップロードまたはダウンロードできるほか、クラウド演算または格納データに接続することができる。
【0018】
C. 本考案の車用オーディオ主機に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線モジュールに接続して、車両の盗難追跡機能は、無線方式の接続によって、実現することができる。
【0019】
D. 本考案の車用オーディオ主機に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線モジュールに接続して、車両チームの管理または運輸管理を実現し、サービスセンターが車両移動の現在位置を監視できると共に、サービスセンターより、直接にデータを車両に転送し、車両より直接にデータサービスセンターに伝送することもできる。
【0020】
F. 本考案の車用オーディオ主機に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線モジュールに接続して、車両が故障したとき、直接にサービスセンターに接続でき、車両の現在位置及び状況をサービスセンターに伝送して、直接に通話接続サービスを達成できる。
【0021】
G. 本考案の車用オーディオ主機に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線モジュールに接続して、車両に取り付けられた車走行影像記録または撮像レンズは、直接に管制センターまたはサービスセンターに伝送し、または影像をクラウドサーバーに格納することができる。
【0022】
H. 本考案の車用オーディオ主機に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線モジュールに接続して、車両を保守するときは、無線通信システムモジュールを介して、無線方式によるデータ伝送を行い、車両の走行制御コンピュータの記録データをサービスセンターのシステムに伝送することができ、車両の保守作業が便利である。
【0023】
G. 本考案の車用オーディオ主機の応用プログラムは、車両制御コンピュータシステムと組み合わせて、主機によるモード制御モードを利用し、主機のタッチスクリーンを介して、パワーウィンドウ/空調システムなど常用機能の関連制御ができる。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】本考案の主機の構造図である。
【図2】本考案を車両の前面計装表示盤の集中制御パネル上取り付ける態様図である。

【0025】
以下、図面に示された実施例に基づき、本考案の構造の特徴および使用効果を詳しく説明する。
【0026】
図1を参照する。本考案の無線通信システムモジュールを内蔵された自動車オーディオ主機100は、図2に示すように、自動車の前部計装表示盤の集中制御パネル200上に取り付けられている。車用オーディオ主機100は、主に制御システム101と、前面パネル102と、FM/AM無線音声受信モジュール103と、DVD/SD/USB再生モジュール104と、デジタルテレビ受信及び再生モジュール105と、オーディオ出力システム106からなる。
【0027】
本考案の制御システム101は、車用電源変換システム107に接続し電力を取得するとともに、車両制御コンピュータシスのリニア通信システム201によって、車内の車両制御コンピュータシステムに接続する。特に注意したいことは、本考案は前面パネル102の特殊設計である。前面パネル102は、制御システム101に接続され、タッチスクリーンを有し、表示駆動モジュールによってタッチスクリーンを制御でき、知能型コンピュータシステムモジュールと、内蔵のGPS受信アンテナと、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線通信システムモジュールを有する。
【0028】
そのうち、制御システム101は、CANバス(Controller area network bus, CAN BUS)通信プロトコルによって、車両制御コンピュータシステムのリニア通信システム201に接続される。さらに、前面パネル102の無線通信システムモジュールは例えば、WIFI/GPRS (3G/4G)などがある。
【0029】
さらに、本考案のFM/AM無線音声受信モジュール103、DVD/SD/USB再生モジュール104、デジタルテレビ受信及び再生モジュール105と、オーディオ出力システム106は、すべて制御システム101に接続されている。
【0030】
オーディオ出力システム106は、音声DSPシステム、音声制御システムと、音声アンプシステムを含み、音声は車載のスピーカ204より再生できる。
【0031】
本考案の制御システム101は、前面パネル102に備えるタッチスクリーンをタッチ操作によって、オーディオ出力システム106の再生音声及び前面パネル102のタッチスクリーンの影像を再生することができる。さらに、前面パネル102に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュール及び無線通信システムモジュールを介して、無線方式による通信、通話及びインターネット接続の機能を実現することができる。
【0032】
さらに、本考案の車用オーディオ主機100の制御システム101はさらに、ドライブレコーダ202に接続され、FM/AM無線音声受信モジュール103はラジオアンテナ203に接続されている。
【0033】
本考案は、以上の斬新な設計によって、以下の応用を達成できる。
【0034】
A. 本考案の車用オーディオ主機100は、WIFI/GPRS (3G/4G)などの無線通信機能が備われている。
【0035】
B. 本考案の車用オーディオ主機100は、車内に取り付けられ、使用者がWIFI/GPRS (3G/4G) など、無線通信のアカウントがあれば、必要な応用プログラム、文書または電子メールをアップロードまたはダウンロードできるほか、クラウド演算または格納データに接続することができる。
【0036】
C. 本考案の車用オーディオ主機100は、前面パネル102に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、無線モジュールに接続すれば、車両の盗難追跡機能は、無線方式の接続によって、実現することができる。
【0037】
D. 本考案の車用オーディオ主機100は、前面パネル102に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、無線モジュールに接続して、車両チームの管理または運輸管理を実現し、サービスセンターが車両移動の現在位置を監視できると共に、サービスセンターより、直接にデータを車両に転送し、車両より直接にデータサービスセンターに伝送することもできる。
【0038】
E. 本考案の車用オーディオ主機100は、前面パネル102に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、無線モジュールに接続して、車両が故障したとき、直接にサービスセンターに接続でき、車両の現在位置及び状況をサービスセンターに伝送して、直接に通話接続サービスを達成できる。
【0039】
F. 本考案の車用オーディオ主機100は、前面パネル102に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、無線モジュールに接続して、車両に取り付けられた車走行影像記録または撮像レンズは、直接に管制センターまたはサービスセンターに伝送し、または影像をクラウドサーバーに格納することができる。
【0040】
G. 本考案の車用オーディオ主機100は、前面パネル102に内蔵された知能型コンピュータシステムモジュールを介して、無線モジュールに接続して、車両を保守するときは、無線通信システムモジュールを介して、無線方式によるデータ伝送を行い、車両の走行制御コンピュータの記録データをサービスセンターのシステムに伝送することができ、車両の保守作業が便利である。
【0041】
H. 本考案の車用オーディオ主機100の応用プログラムは、車両制御コンピュータシステムと組み合わせて、主機によるモード制御モードを利用し、主機のタッチスクリーンを介して、パワーウィンドウ/空調システムなど常用機能の関連制御ができる。
【0042】
以上、説明したとおり、本考案の無線通信システムモジュールを内蔵された自動車オーディオ主機は、実用新案の新規性と進歩性を満足しており、よって、法によって出願する。
【0043】
100 車用オーディオ主機
101 制御システム
102 前面パネル
103 FM/AM無線音声受信モジュール
104 DVD/SD/USB再生モジュール
105 デジタルテレビ受信及び再生モジュール
106 オーディオ出力システム
107 車用電源変換システム
200 車両の前面計装表示盤の集中制御パネル
201 車両制御コンピュータシステムのリニア通信システム
202 ドライブレコーダ
203 ラジオアンテナ
204 スピーカ

(57)【要約】

【課題】無線通信システムモジュールを内蔵された自動車オーディオ主機を提供する。【解決手段】制御システムを車両制御コンピュータのリニア通信システムによって、車両制御コンピュータシステムに接続して置き、タッチパネルを備えた前部パネルに知能型コンピュータシステムのモジュールと無線通信システムモジュールを内設する。制御システムは、タッチパネルのタッチ操作によって、オーディオ出力システムに音声出力するとともに、タッチスクリーンより影像を再生することができる。前部パネルに内設された知能型コンピュータシステムモジュール及び無線通信システムモジュールを介して、無線通信の通話とインターネット接続機能を実現することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):