(54)【考案の名称】書籍用自動しおり

(51)【国際特許分類】

B42D 9/02 ・自動しおり

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、書籍用自動しおりに関するものであり、最近の電子書籍の発展にたいして従来からの紙書籍の維持、発展貢献に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
以下詳細に記載されるように、この自動しおりは1片より構成されるものであるが、この明細書ではこの折り曲げた部分を「幅方向」7といい、これに直交する方向を「縦方向」6という。折り曲げた突出部分を有する部分を「表部分」3、有しない部分を「裏部分」4という。

(57)【要約】

【課題】誤って本を閉じてしまった場合にも容易に読んでいた箇所を開け、かつ頁めくりの際に不快な音や、本を毀損することのない書籍用自動しおりを提供する。【解決手段】1片よりなり、上から3分の1位のところより折り曲がり表部分の左側上部より丸みを伴ったカーブ状の帯状突出片を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):