(54)【考案の名称】一次元バーコードリーダー

(73)【実用新案権者】茂森科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に、線形レーザービームで正確にバーコードに照準を合わせ、読み取り光源でバーコードに対してキャプチャ動作を行い、かつ2つの光源に自動切換え式動作を採用した、線形レーザーを指標として提示する一次元バーコードリーダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
一次元バーコードは、複数の幅が異なる黒い線または空白から構成され、黒い線と空白間を一定のエンコード規則に基づいて排列してデータが記載され、スキャンによってキャプチャとデコードを行い、バーコードに記載された情報を取得する。上述のスキャンとキャプチャは、バーコードリーダーが発生するスキャン光源をバーコード上に照射し、黒い線と空白の両者の光に対する反射率の違いにより、バーコードリーダーがバーコードにより反射された反射光をキャプチャしてそれをデコードし、バーコードに記載された情報を取得する。情報のキャプチャ時、バーコードリーダーは読み取るバーコードと正確に位置を揃え、光源がバーコード上に完全に照射されるようにして、バーコードの情報を完全にキャプチャする必要がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、従来のバーコードスキャナは発光ダイオードの光源でバーコードの読み取りを行うとき、その発生する光の帯が比較的太く、例えば、バーコードの高さが低いバーコードなどの場合、人為的要因によってバーコードリーダーとバーコードの間の位置揃えが失われ、バーコードを円滑にキャプチャできなくなりやすい。
【0004】
このほか、現在の一部バーコードリーダーは、レーザーを検出光源としてバーコード情報を正確にキャプチャしようとしているが、バーコードリーダーの中に機械振動構造を組み込むか、あるいは透明の円柱または波形板で、レーザーを屈折してバーコードに照射するレーザービームとする必要がある。
【0005】
機械振動構造は、実施時に往復振動してスキャンをする必要があり、機械振動構造のスキャン速度によって制限されるため、バーコードを読み取る時間が長くなり、また機械振動構造は若干の衝撃で破損を生じやすい。
【0006】
透明円柱または波形板の実施方式は、屈折作用後、レーザービームに不均一なレーザー光線が発生しやすく、このレーザー光線ではバーコードを正確に読み取ることができない。
【0007】
さらに、レーザーをスキャン光源とすると、その光点を非常に強くしなければバーコードの読取りに用いることはできないが、光点が強過ぎると人の目に障害を与えることがあり、また一部の色系統のバーコードを正確に読み取ることができない。
【0008】
そこで、本考案は、これに鑑みてなされたもので、その目的は、読み取り位置の提示を生成してバーコード情報の完全なキャプチャを確約できる、即ち、線形レーザーを指標として提示する一次元バーコードリーダーを提供することにある。

【効果】

【0011】
本考案の一次元バーコードリーダーによれば、実施時に事前に非振動式レーザーモジュールにより線形レーザービームを生成して、使用者がこの線形レーザービームによりバーコードとの間の位置合わせを確定し、光信号センサモジュールが読み取り位置を確認した後、マイクロコントロールプロセッサモジュールが非振動式レーザーモジュールの作動をすぐに停止させ、発光ダイオードモジュールが読み取り光を発生し、バーコード情報の読み取り動作を行い、バーコード読み取り時の位置合わせの問題を回避する。このように、従来のレーザーバーコードリーダーの欠点を改善し、線形レーザービームによる視覚的な提示によってバーコード読み取り前の正確性を高めることができ、2つの光源モジュールが交互に作動することによって、消費電力を抑えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の実施形態に係る一次元バーコードリーダーを示す斜視図である。
【図2】同上の実施形態に係る一次元バーコードリーダーの電気的接続を示すブロック図である。
【図3】一次元バーコードリーダーの作動工程を示すフローチャートである。
【図4】使用状態を示す一次元バーコードリーダーの斜視図である。
【図5】使用状態における図4のつづきを示す一次元バーコードリーダーの斜視図である。

(57)【要約】

【課題】読み取り位置に線形レーザーを指標として提示する一次元バーコードリーダーを提供する。【解決手段】回路基板101上に、線形レーザービームを発生させる非振動式レーザーモジュール102と、読み取り光を発生させる発光ダイオード光源モジュール103と、読み取り光がバーコードに照射された後に反射されたバーコード反射光を受け取る光チャネルモジュール104とよりなる。さらに、光チャネルモジュールの末端に設置され、バーコード反射光を受け取り、かつ常態的に線形レーザービームが物体に照射された後に生成されるレーザービーム反射光を受け取る光信号センサモジュール105と、非振動式レーザーモジュール、発光ダイオード光源モジュール、光信号センサモジュールの作動を制御するマイクロコントロールプロセッサモジュール106と、が設置される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):