(54)【考案の名称】筆記具保持具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、手帳などに筆記具を固定して一体として携帯できるようにする筆記具保持具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来は、筆記具を手帳などに固定するためには、図1に示すように、手帳1の表紙11に固定した筆記具留め12に筆記具3を通していた。
【0003】
この方法では、決まった太さの筆記具にしか対応できない。また、手帳などが勝手に開くことを防ぐ機能は無いという問題が有った。
【0004】
また、特許公開2002−301896号公報に示されるように、ポケットや手帳などの上下寸法に応じて最適な位置に筆記具を保持するために、筆記具のクリップ部を筆記具の本体に対してスライドできるようにして位置を変える方法が提案されていた。
【0005】
この方法では、筆記具に特別なクリップのスライド構造が必要であり、そういう構造を持たない筆記具では使えないという問題が有った。
【0006】

【効果】

【0012】
本考案によれば、平面状の材料を切り抜いて、簡単な曲げ加工をするだけで、筆記具と手帳類を一体で保持して携帯することが可能になる筆記具保持具が低廉なコストで作成できる。

【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】ペン挿入部を備えた手帳の見取り図
【図2】筆記具保持具の見取図
【図3】筆記具保持具の平面展開図
【図4】筆記具を取り付ける操作を示す見取図
【図5】筆記具を取り付けた状態を示す見取図
【図6】手帳を取り付ける操作を示す見取図
【図7】筆記具と手帳を取り付けた状態を示す見取図
【図8】紙バサミ部の内側に設けた滑り止めの見取図
【図9】紙バサミ部に形成した引掛部の見取図
【図10】手帳を留めるゴムバンドを外す状態を示す概念図

【0014】
以下に図を用いて、本考案の筆記具保持具の構造について説明する。
【0015】
図2(a)は、本考案の筆記具保持具2の見取図である。全体は、薄板材料を2回半巻回した構造である。中央に半円筒状の筆記具保持部21があり、半円筒のそれぞれの端から連結部ra201および連結部la202がのびて押圧部22に達し、さらに押圧部22から連結部rb203および連結部lb204を経由して紙バサミ部23に至っている。
【0016】
図3は、これを分り易くするために、筆記具保持具2を構成する薄板材料を平面に展開した状態を表す図である。ここで、筆記具保持部21の部分の巾をWとする。
【0017】
図3で見られる通り、中央に筆記具保持部21が有って、その左右に巾が1/2Wよりやや狭い連結部ra201および連結部la202を経由して、押圧部22が伸びており、さらに先には、次の1/2Wよりやや巾の狭い連結部rb203および連結部lb204を経由して、紙バサミ部23に至っている。
【0018】
筆記具保持部21から左右に伸びる部分は、筆記具保持部21の中心であるO点を対象点として回転対象の形状である。
【0019】
図2(a)で見られる通り、筆記具保持部21と押圧部22の間にある連結部ra201および連結部la202、また押圧部22と紙バサミ部23の間にある連結部rb203および連結部lb204の高さは、全体の高さの1/2よりやや低くなっており、それぞれが上下に別れて立体的に交差している。
【0020】
中央の筆記具保持部21から見て、初めの左右の巾の狭い連結部分同士が、上と下に別れて立体的に交差する。2番目の巾の狭い連結部分同士が、同じように上と下に別れて立体的に交差する。
【0021】
図2(b)は筆記具保持具2の構造を見易くするために、筆記具保持部21の中央において、図3に示す中央線A−A’で切り離して、上下に分離して示したものである。
【0022】
図3に示したように、本考案の筆記具保持具20は1枚の平板の材料によって構成されており、平板を切り抜き、また折り曲げることで製作できる。
【0023】
平板の材料は、厚さ0.4mm程度の真鍮板が好適である。ただし、それに限らず、適当な弾性を持つ金属、プラスチック材料を使うこともできる。
【0024】
次に、本考案の筆記具保持具2の機能について説明する。図4は筆記具3を取り付ける方法を示す図である。図4(a)に矢印で示す位置、すなわち押圧部22において展開図で見た時に中心に近い個所を、図4(b)に示すように指でつまみ、適当な力をかけると、筆記具保持部21は左右から開く力がかかり、直径が拡がる。
【0025】
筆記具3を円筒状をなす筆記具保持部21に挿入して、つまむ力を緩めると材料の弾力で筆記具保持部21の直径が縮まり、図5に示すように、筆記具3を保持する。
【0026】
次に、図6は手帳などに筆記具保持具2を取り付ける方法を示す図である。図6では、煩雑を避けるために筆記具を描いていないが、筆記具が筆記具保持部21に挿入されていても構わない。
【0027】
図6(a)に矢印で示す位置、すなわち押圧部22において展開図で見た時に中心に遠い個所を、図6(b)に示すように指でつまみ、適当な力をかけると、2つの紙バサミ部23の間は左右に開く。
【0028】
その状態で、左右の紙バサミ部23の間に手帳などの端を挿入する。図7に示すように、指を放すと筆記具保持具2は、材料の弾力によって手帳などの端を咥えて固定される。図7には、煩雑を避けるために図6では省略してあった筆記具3も加えて描いてある。
【0029】
このようにして、本考案の筆記具保持具2によって、筆記具は手帳などに固定された。筆記具が手帳などと常に一緒にあるので、いちいち探したりする必要が無く、使い勝手が良い。また、紙バサミ23によって抑えられているので、手帳が勝手に開くことがない。

【0030】
図8は筆記具保持具2を上からみたもので、紙バサミ部23以外を省略してある。図8に示すように、紙バサミ部23の内側、すなわち手帳などと接する側に適宜な方法で滑り止め24を設けてある。
【0031】
このようにすると、筆記具保持具2に多少の力がかかっても、ずれたり、外れたりすることがない。
【0032】
滑り止めは、摩擦係数の高いゴムあるいはプラスチックなどの平板または表面に凹凸を付けた板で製作する。

【0033】
図9に示すように、片方の紙バサミ部23の先端を上向きに曲げて引掛部25を形成してある。この筆記具保持具2は、図10(a)に示す、表紙の開放を防ぐゴムバンド13を備えた手帳と組合せて使うことを想定したものである。
【0034】
このような手帳では、表紙が勝手に開かないという利点が有るが、手帳を開こうとする時には、ゴムバンド13をいちいち外さなくてはならない。
【0035】
そこで、図10(b)に示すように、紙バサミ部23の先端の引掛部25を手帳などのゴムバンド13に引っ掛けておく。手帳1などを使う時には、筆記具保持具2を引っ張って外すと、図10(c)に示すように、ゴムバンド13が一緒に外れる。ゴムバンド13をいちいち外す手間を省くことが可能である。
【0036】
図10(b)、図10(c)では、煩雑を避けるために筆記具が保持されていない状態を描いてあるが、勿論、筆記具が有っても操作は可能である。

【産業上の利用可能性】
【0037】
筆記具と手帳などを一緒に保持できる筆記具保持具に利用可能である。

【0038】
1 手帳
11 表紙
12 筆記具留め
13 ゴムバンド
2 筆記具保持具
21 筆記具保持部
22 押圧部
23 紙バサミ部
24 滑り止め
25 引掛部
201 連結部ra
202 連結部la
203 連結部rb
204 連結部lb
3 筆記具
31 クリップ

(57)【要約】

【課題】任意の筆記具を自由な位置で保持し、それを手帳などの自由な位置に留めることができ、また手帳などが勝手に開かないように表紙を抑えることのできる保持具を提供する。【解決手段】平面展開したとき、筆記具保持部を中心にして、左右の回転対称の位置に、押圧部ならびに紙バサミ部がそれぞれ並んでいる1枚の薄板材を、巻回して立体に形成し、左右の筆記具保持部と押圧部の間、ならびに押圧部と紙バサミ部の間で立体的に交差させた筆記具保持具。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):