(54)【考案の名称】新機能ポストカードブック

(73)【実用新案権者】株式会社出窓社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、出版物のポストカードブックの形態と機能に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の出版物のポストカードブックは、図3に示すようにポストカード3十数枚に表紙を付けて製本したものである。
【0003】
従来の出版物のポストカードブックは、一枚ごとに切り取ってポストカードとして使用すること以外は特別な機能を持たない。
【0004】
従来の出版物のポストカードブックは、読者が全てのポストカードを使い切った後、表紙以外は何も残らないため、使い惜しみなどの不満が生じ、読者がポストカードと同じ絵柄を手元に残しておくためには、更に同じものを購入しなければならない。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
解決しようとする問題点は、ポストカードを使い終わった後、読者の手元にポストカードと同じ絵柄が一枚も残らない点、ならびにポストカードブックがポストカードとして使う以外の機能を持たない点である。
そこで、本考案は、ポストカードを使い終わった後も、読者の手元にポストカードと同じ絵柄が残り、ポストカードを使い終わった後も、別の有益な機能を持った本として利用できるものを提供することを課題とする。

【効果】

【0007】
第一考案、または第二考案によれば、ポストカードを使い終わっても、同じ絵柄が読者の手元に残り、しかも残った絵柄を活用した独立の読み物として利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の一実施形態を示す斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態の進行後を示す斜視図である。
【図3】従来技術を示す斜視図である。

【0009】
本考案の一実施形態を、図1に示す。
新機能ポストカードブックは、A5判サイズを基本とし、本のノド5(製本側)に本文1をその対向頁にポストカードと同じ絵柄の本文2を配し、コグチ6(外側)にポストカード(宛名面4・絵柄面3)を配する構成になっている。本文とポストカードの間は、切り離す時の利便性を考慮し、予めミシン目7を入れてある。
図2が示す一実施形態のように、ミシン目に沿ってポストカードを切り離せば、最終的に本文1とポストカードと同じ絵柄の本文2、そして表紙8・9が残る。
「実施形態の効果」
【0010】
この実施形態によれば、ポストカードは、鋏がなくてもミシン目7によって容易に切り取ることができ、切り離したポストカード3は、日本郵便が定める通常はがきのサイズとなるため、50円切手で郵送することができる。
ポストカードを全て使い終わった後は、図2に示すとおり、残った表紙8・9を切り取れば、コンパクトな一冊の本10として利用できる。
「他の実施形態」
【0011】
図1の実施形態では、ポストカードが通常はがきと同じ大きさになるようにA5判の判型を基本としているが、他の実施形態では、より大きな判型を用いても良い。その際には、ポストカードはもちろん、カードなどその他の機能を付け加えることができる。
1本文(文章面)
2本文(絵柄面)
3ポストカード(絵柄面)
4ポストカード(宛名面)
5ノド(製本側)
6コグチ(外側)
7ミシン目
8表紙(オモテ側)
9表紙(ウラ側)
10表紙を切り取った後、完成したコンパクトブック

(57)【要約】

【課題】ポストカードブックにおいて、ポストカードと同じ絵柄を印刷したページを作ることで、ポストカードを使い終わった後も、ガイドブック等として使用可能なポストカードブックを提供する。【解決手段】A5判サイズを基本とし、本のノド5(製本側)に本文1をその対向頁にポストカードと同じ絵柄の本文2を配し、コグチ6(外側)にポストカード(宛名面4・絵柄面3)を配する構成とする。本文とポストカードの間は、切り離す時の利便性を考慮し、予めミシン目7を入れる。ミシン目に沿ってポストカードを切り離せば、最終的に本文1とポストカードと同じ絵柄の本文2、そして表紙が残る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):