(54)【考案の名称】ミシン目を二本設けた付箋

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は,書物又は書類に付箋を貼り付けるとき,不要になっても捨てずに先端部分のみ切り捨てて,複数回使えるようにした付箋に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来,書物・書類に付箋を貼り付けて内容のメモを書く事により、次にそのページを開くことを容易にするように作られたものであるが、用事が終わった時は,付箋を捨ててしまう。先端部分に記載した文字の書いた部分のみを切り捨てて、複数回使用できる付箋は他に見当たらない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来,付箋は 書物・書類等の自分の今読んだページが何ページかを忘れないように,次に開く時に瞬時にそのページが分かるようにメモを付けて貼っておく事は一般的な使用方法であるが,不必要に付箋を次々に捨ててしまう事は資源小国日本にとって適切ではないと考える。

【効果】

【0005】
本考案は,下記の効果を有する。
(1)付箋を貼るときは,必要があれば一番先端部分のミシン目から先端にかけてメモをする。
(2)次回そのページを開いて次に進んでページに又,付箋を必要とする場合は,ミシン目から切って捨てて又,残りの部分で更に複数回メモをして使用出来るため,余分な資源を使わず,余分な廃棄物も少なくて済む。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案平面図(長方形)
【図2】本考案平面図(楕円形)
【図3】本考案平面図(円形)

【0007】
以下,本考案を実施するための最良の形態について説明する。
図1のように,ミシン目を二本設けた付箋は,書物に貼る時は一番先端部分に読んだ日や時間等を記載すると便利であるが,次に開いて閉じるときは一番先端部分のみ切って捨て又,日や時間等を記載して置くようにすれば一枚の付箋を最低3回使えることになる。
書類の内容を書き込んで付するときも同様のことが言える。
【0008】
(1)ミシン目を二本設けた付箋
(2)ミシン目が二本設けた付箋のミシン目(1回目に切り捨てる部分)
(3)ミシン目が二本設けた付箋のミシン目(2回目に切り捨てる部分)
(4)のりの付いている部分

(57)【要約】

【課題】書物又は書類に付箋を貼り付けるとき、不要になっても捨てずに先端部分のみ切り捨てて、複数回使えるようにした付箋を提供する。【解決手段】付箋1にミシン目2、3を設け、本に貼り付けるためのノリのついている部分4を設けて複数回使える構造とした事を特徴とする。付箋を貼るときは、必要があれば一番先端部分のミシン目から先端にかけてメモをする。次回そのページを開いて次に進んでページに又、付箋を必要とする場合は、ミシン目から切って捨てて又、残りの部分で更に複数回メモをして使用出来るため、余分な資源を使わず、余分な廃棄物も少なくて済む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):