(54)【考案の名称】和紙ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社ラクテル

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、レーザにより加工された和紙のラベル、特に風合い、質感に富んだ美麗な和紙ラベルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、和紙を用いたラベルには、引用文献1及び2が知られている。しかし、引用文献1は、基本的には織物シールである。和紙の使用も示唆しているが、これらの織物シールにおける表示体はレーザ加工ではない。印刷物や織地による表示体は耐久性に乏しい。また再利用や模造を防止するセキュアラベルとしての機能もない。一方、引用文献2は、和紙や布地の風合いを有する合成樹脂製ラベルで和紙ラベルではない。レーザ加工もしていない。一方、引用文献3には、紙を含む種々の材料を不活性ガス雰囲気中でレーザ加工したセキュアラベルが開示されている。和紙も概念的には紙の一部であるが、ここでいう紙ラベルはいわゆるサイジング加工したものである。抄紙原紙に近い天然繊維の三次元交絡スクリムを主体としたノンサイジング和紙を直接レーザ加工した和紙ラベルに関する記載も示唆もない。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案の和紙ラベルによれば、以下の効果及び実用上の利点がある。
(1)レーザ加工でスクリムに種々の表示をすることにより、初めてノンサイジング抄紙を用いた和紙ラベルが可能となった。
(2)ノンサイジングな和紙ラベルは、スクリム独自の風合いを有し、美麗な工芸品、高級バッグ、化粧瓶の封緘、服飾品など特殊なブランド品や高級品用ラベルとして有用である。
(3)スクリムは、天然繊維の3次元交絡体であることから、抄紙のどの部分をラベルとして切り出しても、光学的に同一部分はなく、セキュアラベルとして被貼着物の個体管理もできる。
(4)特に厚さ2.0〜15g/m以下の薄い抄紙に、加工幅が50μm以下のレーザ微細加工を施すことにより、セキュアラベルとしての機能は著しく向上し、偽造ラベルを作成したり、ラベルを剥離して再利用したりすることは不可能に近い。
(5)表示体の少なくとも一部に脆弱部を設け、この脆弱部の変異を光学的又は電磁的に読み取り、セキュリティ管理システムでの利用も可能である。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】図1は、本考案の和紙ラベルの一例を模式的に示す側断面図である。
【図2】図2は、本考案の和紙ラベルの一例を示す平面写真である。

【0010】
以下、図面に従って、本考案の和紙ラベルの好適な実施の形態について詳述する。図1は、本考案の和紙ラベルの一例を模式的に示している。同図において、和紙1は、糊剤2を介して、離形性の台紙3に糊着されている。本考案では、この和紙1に表示体をレーザ加工する。表示体には、スリット、コード、文字、記号、模様、図、画像、あるいはそれらの組み合わせであってもよい。表示体のレーザ加工は、糊剤2の層までレーザカット4、又は和紙1の層のみで止めたレーザカット4aでもよい。必要に応じて、和紙1の中間までレーザマーク5することもできる。ラベルの形状は任意に選択できる。
【0011】
和紙1は、天然繊維の三次元交絡体スクリムからなり、実質的にノンサイジングの抄紙である。天然繊維の原料は特に制限されない。麻、竹、楮、雁皮、檀、苦参などの他、一部に再生セルロース、合成繊維素が混合された不織布であってもよい。例えば、土佐和紙のひとつであるひだか和紙有限会社製商品のごとき極薄和紙は、その優美な風合いから高級ブランド用のラベルとして好適である。このような極薄和紙の場合、厚さを直接測定するのは困難である。通常、面積(m)当たりの重量(g)で示す。本考案に用いる特殊なレーザ加工技術によれば、2.0〜15g/m程度の厚さの和紙まで加工可能である。ラベルの形状、色彩、透明度、用途に特に制限はなく、シールや、王冠封緘用のストリップ等としても使用できる。
【0012】
糊剤2には特に制限はなく、アクリル系接着剤、ゴム系接着剤を好適に使用できる。
【0013】
台紙3は、基本的に剥離紙である。剥離紙は、一般的には剥離紙基材シートと、接着剤2と接触する剥離層と、剥離剤が剥離紙基材シートに浸透するのを防止する目止め層からなる。剥離紙基材シートには、用途により半晒紙、上質紙、グラシン紙等を用いる。目止め層にはポリエチレン系が多く用いられ、厚みは数〜数10μmである。浸透性の低いグラシン紙などの基材シートについては、目止め層がなくてもよい。また浸透性の高い剥離紙基材シートでは、目止め層をクレーコートやポリビニルアルコールなどで被覆する。剥離層には離形剤として知られるシリコン樹脂の使用が一般的である。
【0014】
図2は、本考案の和紙ラベル1を示す写真である。図2から明らかなように、本考案の和紙ラベル1は、スクリムを直接レーザ加工したものである。4は文字列のレーザカット、5も同様文字列のレーザマークである。むろん、文字列以外のスリット、コード、文字、記号、模様、図、画像及びそれらの組み合わせであってもよい。
【0015】
スクリムは、天然繊維の三次元交絡体からなるノンサイジング抄紙である。ラベルに切りだされた繊維素の交絡状態自体が複雑で同一なものはない。ラベル毎に光学的に記録しておけば、同一ラベルの模造は全く不可能である。特に、2.0〜15g/m以下の極薄和紙ラベルにいたっては、それを変異なしに剥離再使用することは不可能である。したがって、スクリム自体にすぐれたセキュリティ効果がある。
【0016】
さらに加工幅が50μm以下の極細レーザマーク、レーザカットからなる表示体と組み合わせれば、さらにすぐれたセキュアラベルとなる。表示体のレーザカットは、インラインカットでもアウトラインカットでもよい。視認性の観点から、これらのレーザマーク、レーザカットの加工幅を、例えば文字フォントで6ポイント相当以上に大きくしても、一部に加工幅が50μm以下、好適には20〜200μmの範囲にした脆弱部を設けておけば、十分なセキュリティ効果が得られる。特に、脆弱部を光学あるいは電磁的に読み取り可能な検知部とし、セキュリティ管理システムで利用することもできる。
【0017】
本考案の和紙ラベルのレーザ加工は、炭酸ガスレーザ、ヘリウムネオンレーザ、アルゴンイオンレーザのようなガスレーザでもよいし、ルビーレーザ、チタンサファイアレーザ、YAGレーザのような固体のレーザでもよい。また、必要に応じて他の方式のレーザも利用できるが、本考案で特徴的な極薄和紙のレーザによる微細加工にあたっては、レーザ加工に付随しがちな熱変性からスクリムを保護する意味で、強いレーザを使用する加工の場合には不活性ガス単独もしくは圧縮空気を混合した雰囲気中で集塵、弱いレーザを使用する加工の場合には圧縮空気のみを付与、集塵しながら行うのが望ましい。これらの方式によれば、表示体のレーザ加工幅は50μm以下でも可能でも十分スクリムにレーザ加工できる。いずれの場合も、レーザ照射条件、例えば出力パワー、画素濃度、集光サイズ、焦点距離、焦点深度などを適宜選択して行う。レーザ加工面に対する不活性ガスあるいは圧縮空気の付与圧は、これらのレーザ加工条件との関係で適宜調節しながら行えばよいが、一般的には、不活性ガスの付与圧は0.1〜1.0MPa、圧縮空気の付与圧は0.3〜1.2MPaの範囲内が好ましい。
【0018】
本考案の和風ラベルの使い方としては、和風ラベル単独での使用に加えて、通常の各種ラベルと組み合わせた積層ラベルとして用いることもできる。例えば、本考案の和風ラベルを最上層に用いて、その風合い、テキスチャーを利用することもできるし、台紙と通常のラベルとの中間に用いて、繊細なスクラムあるいはレーザ加工を偽造、再利用防止用のセキュアラベルとして用いることができる。
【産業上の利用可能性】
【0019】
本考案の和紙ラベルは、レーザ加工による表示があり、和紙独特の風合いに富んでいるので、美麗な工芸品、高級バッグ、化粧瓶の封緘、服飾品などのラベルに適用できる。加えて、極めて薄いスクリムに細いレーザ加工を施し、ラベルの偽造あるいは再利用を防止するセキュアラベルとして産業上広く利用できる。
【0020】
1…和紙
2…糊剤
3…台紙
4、4a…レーザカット
5…レーザマーク

(57)【要約】

【課題】天然繊維の三次元交絡スクリムを主体とするノンサイジング和紙に直接レーザー加工することで、偽造及び再使用の防止を図ると共に、美麗、繊細な風合いを出した和紙ラベルを提供する。【解決手段】和紙1は、糊剤2を介して、離形性の台紙3に糊着されている。この和紙1に表示体をレーザ加工する。表示体には、スリット、コード、文字、記号、模様、図、画像、あるいはそれらの組み合わせであってもよい。表示体のレーザ加工は、糊剤2の層までレーザカット4、又は和紙1の層のみで止めたレーザカット4aでもよい。必要に応じて、和紙1の中間までレーザマーク5することもできる。ラベルの形状は任意に選択できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):