(54)【考案の名称】太陽電池発電モジュール構造

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】全能科技股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池発電モジュール構造の改良に関し、特に嵌設構造、強化リブ及び支持アームの構造により、ガラス、太陽電池、封止材(EVA、PVB)、裏板又はガラス層が積層されてなる太陽電池発電モジュール及び固定フレームを三次元の方向から固定することで、太陽電池発電モジュールの構造をさらに強化するための太陽電池発電モジュール構造の改良に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
図7は、従来の太陽電池発電モジュール構造の立体分解模式図を示す。図7に示すように、この従来の太陽電池発電モジュール構造2は、ポリメタクリル酸メチル(polymethyl methacrylate、PMMA)、PTFE、テレフタル酸ポリエチレン(polyethylene terephthalate、PET)、ガラス又はプラスチックからなる前板と、太陽電池(単結晶シリコン、ポリシリコン、アモルファスシリコン、セレン化銅インジウム、化合物半導体)と、エチレン酢酸(ethylene−vinyl acetate、EVA)、ポリテトラフルオロエチレン(polytetrafluoroethylene、PTFE)又は注型用樹脂(casting resin)からなる封止材と、PMMA、PTFE、PET、ガラス又はプラスチックからなる裏板と(いずれも図示せず)が積層されてなる太陽電池発電モジュール21及び固定フレーム22を備える。しかしながら、太陽電池発電モジュール21は、応用時には室外に晒されるため、強風によって受ける直接的作用力、太陽の日差しによって受ける温度昇降から生じた応力及び剪断力のほか、寒帯気候での使用時に受ける積雪の重量等は、いずれも当該モジュール全体の構造が崩れてしまう要因となっている。
【0003】
図8は、実用新案文献1(中華民国実用新案登録第453400号)に開示された太陽電池パネルの搭載フレームの選択図を示す。実用新案文献1には、「切り欠き42aX、42bXは、それぞれ支持壁40aX、40bXの等高位置に設けられ、切り欠き42aX、42bXの開口方向は、いずれも矩形搭載フレーム1(図示せず)の中心方向に向けられ、これによって太陽電池パネル50を嵌設挟持する」こと、「2つの支持壁40aX、40bXは、2つの接続翼11X、21Xの接続により結合される」ことが開示されている。しかしながら、単一構造としては、切り欠き42aX、螺合部41aX及び支持壁40aXの構造の強度が不十分であるため、上述したような強風の直接的作用力、太陽の日差しによる温度昇降から生じた応力及び剪断力、寒帯気候での使用時における積雪の重量等、様々な要素に対応することは難しい。しかも、実用新案文献1に開示された連結型太陽電池パネルでは、単一のフレームが崩れると、その他のフレームも同じように崩れてしまう。従って、単一のフレーム構造に対して強化を行うことが、根本的解決につながる方法である。
【0004】

(57)【要約】

【課題】太陽電池発電モジュール構造の改良に関し、特に嵌設構造、強化リブ及び支持アームの構造により、ガラス、太陽電池、封止材(EVA、PVB)、裏板又はガラス層が積層されてなる太陽電池発電モジュール及び固定フレームを三次元の方向から固定することで、太陽電池発電モジュールの構造をさらに強化するための太陽電池発電モジュール構造を提供する。【解決手段】本太陽電池発電モジュール構造は、少なくとも1つのアウターフレームと該アウターフレームの対向する両側に跨設可能な少なくとも1つの強化リブとを有する少なくとも1つの固定フレーム12”と、前記固定フレームに嵌設可能な少なくとも1つの太陽電池発電モジュール11”とを備え、太陽電池発電モジュールと固定フレームとが太陽電池発電モジュール構造として一体形成された場合、前記強化リブにより前記太陽電池発電モジュール構造を強化することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):