(54)【考案の名称】携帯通信端末用受信報知装置

(73)【実用新案権者】株式会社グルマンディーズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話端末、携帯情報端末を含む電波受信機能を有する携帯通信端末において、携帯通信端末の外縁取付部若しくは未使用イヤホンジャックに取付けて使用する携帯通信端末用受信報知装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、携帯電話機等の携帯通信端末に取付け可能なストラップ型の装飾体に、発音若しくは発光により報知機能を具備させることによって携帯通信端末が受信電波を受信した時に当該報知機能を発揮させることによって外部から受信の有無を識別できる受信識別機能付ストラップが用いられている。
【0003】

【効果】

【0018】
本考案によれば、ストラップの取付部を具備しない携帯通信端末であってもイヤホンジャックにプラグ軸体を挿し込むことによって本考案に係る携帯通信端末用受信報知装置を固定することができ、さらに、従来の取付部にも下げ紐部材を取付けて使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】第一の実施形態に係る携帯通信端末用受信報知装置1の全体図及び受信機能装備部2と外殻部10の縦断面図を示す図である。
【図2】第二の実施形態に係る携帯通信端末用受信報知装置1の全体図及び受信機能装備部2と外殻部10の縦断面図を示す図である。
【図3】第一の実施形態に係る発光部7及び受信電波感知部17の概略を示すブロック図である。
【図4】第二の実施形態に係る発光部7及び受信電波感知部17の概略を示すブロック図である。
【図5】携帯通信端末の端末本体KのイヤホンジャックJにプラグ軸体5を挿入して携帯通信端末用受信報知装置1を装着した様子を示す概略図である。
【図6】下げ紐部材4を携帯通信端末の端末本体Kに設けられた従来の取付部Lに括り付けて取付けた様子を示す概略図である。

【0020】
以下、本願考案に係る実施の形態を、図を参照しながら詳しく説明する。
【0021】
図1は、本願考案に係る携帯通信端末用受信報知装置1を示す全体及び受信機能装備部2と外殻部10の縦断面図を示す概略図である。
【0022】
携帯通信端末用受信報知装置1は、受信機能装備部2の先端部3に設けられた係止孔3aに下げ紐部材4が挿通されて固定されており、下げ紐部材4にはプラグ軸体5が取付けられている。また、受信機能装備部2の基端部6には発光部7が取付けられており、発光部7に設けられたLED素子8は、基端面9に対して垂直方向に向けて取付けられている。
【0023】
受信機能装備部2の基端部6の外縁部には発光部7及び基端面9を覆って外殻部材10が取付けられており、発光部7から放出された光が外殻部10を照らすことができる。外殻部10は半透明の樹脂で形成されており、発光部7が発光すると外殻部10自体が発光しているように見える。
【0024】
下げ紐部材4は環状の紐体に形成されており、当該環状部の内側に突起状の物体を引っ掛けて携帯通信端末用受信報知装置1を掛け止めることができる。
【0025】
プラグ軸体5は、携帯通信端末の端末本体Kに設けられたイヤホンジャックJに挿入可能な先端部11と挿通孔12が設けられた基体部13とからなる。当該挿通孔12に環状の下げ紐部材4を挿通することによって、プラグ軸体5を下げ紐部材4から離脱させることなく下げ紐部材4に沿って移動自在に取付けることができる。なお、端末本体Kは情報表示ディスプレイDを備えている。
【0026】
当該プラグ軸体5は、図5に示すように先端部11をイヤホンジャックJの挿し込み穴に挿入して固定することにより端末本体Kに装着することができる。
【0027】
発光部7は、基盤14及びLED素子8を有してなり、基盤14が基端面9に取付けられることによって受信機能装備部2と固定されている。
【0028】
基盤14の内部には電波を検知するアンテナ部15及びアンテナ部15が検知した電波を検波する検波装置16を有する受信電波感知部17が組み込まれており、検波装置16とLED素子8とが電気的に接続されている。アンテナ部15が電波を検知するとアンテナ部15において発生した電流を検波装置16が検波し、検波装置16がLED素子8の発光可能な電圧を有する電流をLED素子8に送ることによってLED素子8から光を放出される。
【0029】
図1に示す本願考案の第一の実施形態として、受信電波感知部17が図3に示すようにアンテナ部15がコイルを有する棒アンテナ状及び検波装置16を有してなるものとしても好ましい。棒アンテナ状に形成されたアンテナ部15は、検知した電波からコイルにおいて生じる電磁誘導によって発生させた電流を、他の電源を用いずにLED素子8に送り、LED素子8を発光させることができる。当該第一の実施形態によれば、端末本体K又は携帯通信端末用受信報知装置1に本願発明用の独立した電源を装備していなくても電波を検知した受信電波感知部17から発生した電流によって発光部7から光を放出させることができる。
【0030】
図2に示す本願考案の第二の実施形態として、受信電波感知部17が図4に示すようにアンテナ部15及び検波装置16の他に電池18を有してなるとしても好ましい。当該第二の実施の形態によれば、検波装置16には増幅部19を備え、アンテナ部15が検知した電波から発生した電流を検波装置16が検波すると共に電池18及び増幅部19で電圧を増幅させることができる。このため、アンテナ部15が検知した電波が微弱であってもLED素子8を発光させることができ、安定した光を発光部7から放出させることができる。
【0031】
図5に示すように、イヤホンジャックJにプラグ軸体5を挿し込んだ携帯通信端末用受信報知装置1は、下げ紐部4を介して端末本体Kにぶら下がった状態で装着される。端末本体Kが受信電波を受信すると、発光部7から光が放出され、外殻部10が光って使用者に受信を報知する。使用者は、端末本体K本体をポケットやカバンの中に入れるなどして直接見えない状態としていても外殻部10が外に露出するようにしておくことで、情報表示ディスプレイDを直接見なくても受信を知ることができる。
【0032】
また、図6に示すように下げ紐部材4を端末本体Kに設けられた従来の取付部Lに括り付けて取付けることも可能であるため、イヤホンジャックJに通常のイヤホンコードプラグを挿して使用する際にも携帯通信端末用受信報知装置1を端末本体Kに装着して使用することができる。この際、プラグ軸体5が下げ紐部材4に沿って移動自在となるように取付けられているため、下げ紐部材4の取付部Lへの取り付け時にプラグ軸体5が邪魔になることがない。
【0033】
1 携帯通信端末用受信報知装置
2 受信機能装備部
4 下げ紐部材
5 プラグ軸体
7 発光部
8 LED素子
10 外殻部
14 基盤
15 アンテナ部
16 検波装置
17 受信電波感知部
18 電池


(57)【要約】

【課題】携帯通信端末を直接見なくても受信を知ることができる受信報知装置を、紐体を括り付けて取付ける取付部が設けられていない携帯通信端末にも使用することができる携帯通信端末用受信報知装置を提供する。【解決手段】電波を検知可能な受信電波感知部が設置された受信機能装備部2と、受信機能装備部の基端部に設けられた発光部7と、受信機能装備部の基端部に取付けられた外殻部10と、環状の紐体に形成されており、その紐体の一部分が受信機能装備部の先端部に固定されている下げ紐部材4と、前記イヤホンジャックに先端部を挿入して装着可能なプラグ軸体5であって、当該プラグ軸体の基体部に設けられた挿通孔には下げ紐部材が挿通されることにより、プラグ軸体が下げ紐部材に沿って移動自在となるように取付けた構造を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):