(54)【考案の名称】付箋紙

(73)【実用新案権者】株式会社ハイモジモジ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、付箋紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、シートの一端部領域に感圧性接着層を設けて積層された付箋紙が広く用いられている。ユーザは、積層された付箋紙を1枚ずつ剥がして書類等に貼付して目印とする、あるいは書籍の特定のページ間に貼り付けるとともに、突出領域に書込みを行ってインデックス片とする、さらには簡易なメモ用紙として用いることもできる。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案によれば、指に嵌装した状態で付箋紙を使用でき、かつ、指に嵌装した時に突出部が指から立設するので、突出部の所定形状と相俟って娯楽性に富んだ使用が可能となる。また、指に嵌装した状態で1枚ずつ剥がして使用できるため、使い勝手がよく、両手を使用できるため作業効率も向上する。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】実施形態における付箋紙の平面図である。
【図2】実施形態における付箋紙の斜視図である。
【図3】実施形態における付箋紙を指に装着した状態の説明図である。
【図4】2色の付箋紙を示す図である。

【0010】
以下、図面に基づき本考案の実施形態について説明する。
【0011】
図1に、本実施形態における付箋紙の平面図を示す。付箋紙10は、貼付部12と、用件等を書き込む突出部14から構成される。
【0012】
貼付部12は、リング状をなし、その一部、具体的には突出部14とは反対側の部位に切断部16が形成される。切断部16は、リング状の貼付部12の内径から外径に向けて半径方向に形成され、リングを切断する。貼付部12の一方の面には感圧性接着層が設けられ、この感圧性接着層を介して複数の付箋紙が積層され、一つの積層体として構成される。リング状の貼付部12の内径は、ユーザがその指を挿入することができる程度の寸法、例えば20mm程度に設定される。
【0013】
突出部14は、リング状の貼付部12から突出して形成され、その平面形状はダイヤモンドやルビー等のジュエリーを想起させるような多角形をなす。
【0014】
図2に、図1に示す付箋紙10の斜視図を示す。上記のように、貼付部12の感圧性接着層を介して複数の付箋紙が積層されて構成され、ユーザは突出部14の端部をめくることで1枚ずつ付箋紙10を剥がすことができる。付箋紙10の材料は例えばPETで構成される。
【0015】
図3に、本実施形態の付箋紙10の使用状態を示す。ユーザは、付箋紙10のリング状貼付部12の内径に特定の指、例えば薬指を挿入し、付箋紙10を嵌装した状態で使用する。付箋紙10を薬指に嵌装した状態では、図に示すように突出部14が貼付部12から立設した状態となり、あたかもジュエリーを薬指に嵌めているかのような雰囲気を醸し出す。
【0016】
付箋紙10を指に嵌装した状態で、ユーザは他方の手を用いて突出部14の端部をめくり、付箋紙10を1枚ずつ剥がす。この際、付箋紙10の貼付部12には、突出部14とは反対側の端部に切断部16が形成されているため、剥離が容易化されるとともに、剥離した付箋紙10を指から外すことも容易となる。従って、付箋紙10を指に嵌装した状態で1枚ずつ剥がすことができ、書類などの所望の位置に剥がした付箋紙10を貼付することができる。また、付箋紙10は指に嵌装した状態であるため、ユーザは両手を用いて所望の作業を行うことができ、作業効率が向上し得る。
【0017】
本実施形態の付箋紙10は、リング状の貼付部12を有しているため、例えば地図上の所定位置を囲むようにリング状の貼付部12を地図に貼付して所定位置の場所を明確に示すとともに、当該所定位置における情報を突出部14に書き込む等の使用態様も可能である。
【0018】
以上のように、本実施形態では、指に嵌装した状態で付箋紙10を使用でき、かつ、一見するとジュエリーを嵌めているような雰囲気で使用できるため、娯楽性に富んでいる。のみならず、指に嵌装した状態で1枚ずつ剥がして使用できるため、使い勝手がよく、両手を使用できるため作業効率も向上する。
【0019】
なお、本実施形態では、リング状の貼付部12をユーザの薬指に嵌装しているが、人差し指、中指、小指、親指のいずれでもよく、逆に、これらの任意の指を挿入できるように貼付部12の内径を設定しておけばよい。もちろん、貼付部12の内径として複数種類が存在する付箋紙10とし、人差し指用付箋紙、中指用付箋紙、薬指用付箋紙、小指用付箋紙等とすることもできよう。
【0020】
また、本実施形態では、突出部14の形状として、ジュエリーを想起させるような多角形としたが、円形、楕円系、三角形、四角形、星形等も可能である。
【0021】
さらに、図4には、色の異なる付箋紙10を利用する例を示してある。この例では、付箋紙10は、第1の色の付箋紙10aと、第2の色の付箋紙10bとからなっている。そして、第1の色の付箋紙10aは図における左側に位置し、各シートの左側が表面側となり貼付部12は裏面側に隣接するシートに接着層が形成されている。一方、第2の色の付箋紙10bは図における右側に位置し、各シートの右側が表面側となり貼付部12は裏面側に隣接するシートに接着層が設けてある。従って、付箋紙10はいずれの側からもシートを1枚ずつ剥離することができる。このため、2色の付箋紙10a,10bをどちらからでも使え、好きな色の方から選んで使い始められ、2色を随時選択して使い分けることもできる。従って、例えばピンクを使い終わらないとイエローを使い始められない、といった不便さもなくなる。
【0022】
ここで、本実施形態の付箋紙10は、リング状の貼付部12を形成する際には、複数枚の付箋紙10を同時にリング状に抜き加工して形成することが好適である。この抜き加工の場合、付箋紙10の積層枚数は25枚程度が限界であり、付箋紙10の1セットは、25枚程度になる場合が多い。本実施形態によれば、2色(2セット)の付箋紙10a,10bを両側から貼り付ける構成を採り、抜き加工した2セットの付箋紙10a,10bが背中合わせに貼り合わせられる。例えば、付箋紙10を25枚+25枚の計50枚のシートの積層体とすることができ、付箋紙10を構成するシートの積層枚数を適切なものにできる。なお、抜き加工の枚数は付箋紙10の材料や抜き加工の機械によって異なり、上記枚数は単なる例示である。
【0023】
また、1色のシートを2セット、一方側から積層したり、一方向に積層する付箋紙10を多数の色のシートで構成しても良い。さらに、付箋紙でないシートを区切りのために挿入したり、両面に接着層が形成してあるシートを用いて、付箋紙のセットの表面側同士を接続することも可能である。
【0024】
10 付箋紙、12 貼付部、14 突出部、16 切断部。

(57)【要約】

【課題】指に嵌装した状態で付箋紙を使用でき、かつ、指に嵌装した時に突出部を指から立設させることで娯楽性に富んだ使用が可能となる付箋紙を提供する。【解決手段】付箋紙10のリング状貼付部12の内径に特定の指、例えば薬指を挿入し、付箋紙10を嵌装した状態で使用する。付箋紙10を薬指に嵌装した状態では、突出部14が貼付部12から立設した状態となり、あたかもジュエリーを薬指に嵌めているかのような雰囲気を醸し出す。付箋紙10を指に嵌装した状態で、ユーザは他方の手を用いて突出部14の端部をめくり、付箋紙10を1枚ずつ剥がす。この際、付箋紙10の貼付部12には、突出部14とは反対側の端部に切断部16が形成されているため、剥離が容易化されるとともに、剥離した付箋紙10を指から外すことも容易となる。従って、付箋紙10を指に嵌装した状態で1枚ずつ剥がすことができ、書類などの所望の位置に剥がした付箋紙10を貼付することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):