(54)【考案の名称】家屋倒壊時の、避難用の立方体

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

本考案は、地震等により家屋が倒壊し人が圧死などの災害から身を守る為の、設置式の避難用に作られた、開口部が大きい立方体である。

【従来の技術】

従来、住宅内部などでの使用において簡易に設置が出来る有効性の高い設備があったが、開口部が小さく、その部分を改善した。

【効果】

各方向からの対抗力が増した。
そして、侵入用の開口部が大きくなった。

(57)【要約】

【課題】地震等により家屋が倒壊し人が圧死などの災害から身を守る為の、設置式の避難用に作られた、開口部が大きい立方体を提供する。【解決手段】壁の袖に開口を設けるのではなく、壁自体に開口部を設け、その構造で強度を持たせることにした。それにより、開口部の広さを利用し、布団を引くことも可能になり、就寝時も使用できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):