(54)【考案の名称】折畳み式ソーラーパネル

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】緯利股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に複数のパネルを折畳んで体積を縮小できる折畳み式ソーラーパネルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ソーラーシステムは、太陽電池や、太陽光発電などとも呼ばれ、主に太陽光エネルギーを直接に電力に変換できる半導体のパネルを用いて、電圧及び電流を発生させるものであり、この発電方法は、従来のような価格が上がり続けている再生不可能な化石燃料より、温室効果ガスの排出量を大幅に削減でき、且つ環境にやさしく、低コストで製造できるなどの利点を有することから、今後、重要なエネルギー源として広く期待されている。
【0003】
上述したソーラーパネルは、表面に結晶シリコンまたは多結晶シリコンなどから構成された受光面を備えるパネルであり、この受光面が光を受けると、太陽光のエネルギーを電力に変換することができる。使用する時は、太陽光がよく当たる室外、例えば、屋根や、広場などの太陽光が長時間当たる、比較的に高い場所に設置される。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
また、ソーラーパネルの発電効率は、受光面の広さによって異なり、電力量を多くしたい場合には、大面積の受光面を設置する必要がある。しかしながら、ソーラーパネルは、大面積にすると、搬送や設置が非常に不便となり、雨や台風などの天候の悪い時には、受光面が破壊されやすいので、使用寿命に影響を与えるとの問題があった。

【効果】

【0014】
本考案に係る折畳み式ソーラーパネルは上記の如く、駆動装置が連結ロッドを駆動することによって、太陽光発電部材を自由に展開或いは折畳むことができ、更に、太陽光発電部材のパネルを展開する時は、最も効率的な最大の面積で太陽光を受けることができることから、発電効率を向上させることができる。一方、太陽光発電部材におけるパネルを折畳んだ時は、小さな面積に縮小でき、搬送や設置、収納などが便利となり、また、折畳んだ時、太陽光発電部材は、パネルの受光面が内側となるので、受光面を保護して使用寿命を延ばすことができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案に係る折畳み式ソーラーパネルにおいて展開した状態を示す斜視図である。
【図2】本考案に係る折畳み式ソーラーパネルにおいて展開した状態を示す部分断面図である。
【図3】本考案に係る折畳み式ソーラーパネルの部分正面図である。
【図4】本考案に係る折畳み式ソーラーパネルの部分分解斜視図である。
【図5】本考案に係る折畳み式ソーラーパネルを折畳んだ状態を示す部分断面図である。
【図6】本考案に係る折畳み式ソーラーパネルを折畳んだ状態を示す部分断面図である。
【図7】本考案に係る折畳み式ソーラーパネルを折畳んだ状態を示す斜視図である。

【0016】
以下、添付図面を参照して本考案の好適な実施の形態を詳細に説明する。尚、下記実施例は、本考案の好適な実施の形態を示したものにすぎず、本考案の技術的範囲は、下記実施例そのものに何ら限定されるものではない。
【0017】
図1及び図2に示すように、本考案に係る折畳み式ソーラーパネルは、支持部材10と、太陽光発電部材20と、連結ロッド30とを有し、その内、該支持部材10は、内部に空洞を有する支持台11と、該支持台11に設置される駆動装置12と、伸縮可能に該駆動装置12に設置されると共に、上端が該支持台11の上面から突出する伸縮軸13とを備える。
【0018】
前記太陽光発電部材20は、ベース21と、該ベース21の外周縁に間隔をおいて設置される複数の側部パネル22と、該各側部パネル22の対応し合う左右両側にそれぞれ枢設される折畳みパネル23と、該各側部パネル22の外側に設けられる上部パネル24とを備え、また、それら側部パネル22、折畳みパネル23、上部パネル24の上面は受光面である。
【0019】
前記ベース21は、中央に形成される中央貫通孔211と、全体が放射状となるように配置される複数の細長孔212とを備え、前記側部パネル22は、前記ベース21の外周縁における細長孔212の間に枢設され、前記隣り合う2つの折畳みパネル23はそれぞれ、前記ベース21の細長孔212と対応するように枢設され、前記上部パネル24は、前記側部パネル22における、ベース21と反対する側に斜め上方に向かって延設され、前記側部パネル22から所定の角度が跳ね上がる。この構造によれば、前記太陽光発電部材20におけるベース21は、中央貫通孔211を介して前記伸縮軸13に環装されると共に、前記支持部材10の支持台11の上部に装着される。
【0020】
図3及び図4に示すように、前記側部パネル22と折畳みパネル23との枢設構造は、該側部パネル22と折畳みパネル23との間にヒンジ25を設けることにより達成し、そのヒンジ25は、該側部パネル22と折畳みパネル23との対向する側縁にそれぞれ設置される2つのプレート251と、該2つのプレート251に貫設される軸体252とからなる。
【0021】
一方、上述した隣り合う2つの折畳みパネル23の枢設構造は、該隣り合う2つの折畳みパネル23の間に少なくとも1つのヒンジ25Aを設けることにより達成し、そのヒンジ25Aは、該2つの折畳みパネル23の対向する側縁にそれぞれ設置される2つのプレート251Aと、該2つのプレート251Aに貫設されるロッド部252Aと、該ロッド部252Aの内端に結合されるブロック253Aとを備え、該ブロック253Aは、外軸孔254A及び内軸孔255Aを形成すると共に、前記細長孔212に位置するように、該外軸孔254Aにピンを挿設することによりベース21に枢設される。
【0022】
図1及び図4に示すように、前記連結ロッド30は、枢設キャップ33及び複数のロッドセットを有し、該枢設キャップ33は、前記伸縮軸13の上端に設置され、該ロッドセットはそれぞれ、前記ベース21の細長孔212と対応するように配置されると共に、該枢設キャップ33に間隔をおいて枢設される。
【0023】
前記各ロッドセットは、互いに枢設する内部ロッド31及び外部ロッド32と、枢設座34とを有し、その内、該内部ロッド31における、外部ロッド32と反対する内端が該枢設キャップ33の外周縁に枢設され、該外部ロッド32における、内部ロッド31と対応する位置に枢設部321が延設され、該枢設部321の内側に内軸孔322が形成されると共に、外側に内軸孔255Aと対応する介在軸孔323が形成され、一方、該外部ロッド32は、枢設部321の内軸孔322にピンを挿入することにより内部ロッド31の外端に枢設され、且つ該介在軸孔323及び内軸孔255Aにピンを挿入することによりブロック253Aに枢設され、更に、該外部ロッド32における、内部ロッド31と反対する外端に外軸孔324が形成される。尚、前記外部ロッド32は、該外軸孔324にピンを挿入することにより枢設座34に枢設され、該枢設座34は、スライド可能に前記ロッド部252Aの外端に環装される。
【0024】
図1に示すように、本考案の実施例におけるベース21は、六角形を呈し、6つの辺にそれぞれ結合部210が設けられ、該各結合部210の間に細長孔212が形成され、更に、該結合部210に複数の矩形の側部パネル22が枢設され、前記各側部パネル22の間に、対称の2つの台形の折畳みパネル23が枢設され、また、上部パネル24は矩形を呈し、連結ロッド30におけるロッドセットは、六角形のベース21における細長孔212の数量と対応するように、6個を有する。
【0025】
図1に示すように、太陽光発電部材20を展開する時は、側部パネル22、折畳みパネル23、上部パネル24の受光面が太陽光を受けることにより電力を発生させる。一方、図5に示すように、太陽光発電部材20を折畳む時は、駆動装置12を駆動して伸縮軸13を下方へ移動させ、内部ロッド31と外部ロッド32との枢接点を下方へ移動させると共に、外部ロッド32の外端及びロッド部252Aの外端に枢設座34が取り付けられるため、隣り合う2つの折畳みパネル23を畳むように側部パネル22を内側上方へ移動させて太陽光発電部材20を閉じることができる。
【0026】
図6及び図7に示すように、本考案に係る折畳み式ソーラーパネルを折畳むと、隣り合った2つの上部パネル24の側縁が互いに隣接し合い、側部パネル22が立ち上がって隣り合った側部パネル22が互いに隣接して六角柱の形状を形成し、隣り合った2つの折畳みパネル23を折畳むように、それら側部パネル22の内側に収納する。これによれば、側部パネル22、折畳みパネル23、上部パネル24の受光面が内側に面するように、ソーラーパネルが六角柱の形状となる。また、太陽光発電部材20を展開する時は、伸縮軸13を上方へ移動させて連結ロッド30を外側へ広げれば、側部パネル22、折畳みパネル23、上部パネル24を展開することができる。
【0027】
上述したように、本考案に係る折畳み式ソーラーパネルは、支持部材10の駆動装置12により連結ロッド30を駆動して太陽光発電部材20を展開することによって、側部パネル22、折畳みパネル23、上部パネル24が最大な面積の受光面で太陽光を受けることができる。一方、太陽光発電部材20を折畳む時は、側部パネル22、折畳みパネル23、上部パネル24を折り曲げて収縮面積を縮小するように収容できることから、搬送や設置、収納などの利便性を有し、また、雨や台風などの天候悪化時においては、側部パネル22、折畳みパネル23、上部パネル24の受光面を内側に面するように太陽光発電部材20を折畳んで閉じることができることから、パネルの破損を防ぐことができるので、太陽光発電部材20を安定的に使用することができ、使用寿命も延ばすことができる。
【産業上の利用可能性】
【0028】
本考案は上記の構成を有することから、駆動装置が連結ロッドを駆動することによって、太陽光発電部材を展開したり、折畳んで閉じることができ、また、太陽光発電部材のパネルを展開した時には、最大の面積で太陽光を受けることができるので、発電効率の上昇に繋がり、一方、太陽光発電部材のパネルを折畳んで閉じた時は、小さな面積に縮小することができることから、搬送や設置、収納などが便利であり、更に、太陽光発電部材がパネルの受光面が内側に面するように閉じることができるので、受光面を保護して使用寿命を延ばすことができる。
【0029】
10 支持部材
11 支持台
12 駆動装置
13 伸縮軸
20 太陽光発電部材
21 ベース
210 結合部
211 中央貫通孔
212 細長孔
22 側部パネル
23 折畳みパネル
24 上部パネル
25 ヒンジ
251 プレート
252 軸体
25A ヒンジ
251A プレート
252A ロッド部
253A ブロック
254A 外軸孔
255A 内軸孔
30 連結ロッド
31 内部ロッド
32 外部ロッド
321 枢設部
322 内軸孔
323 介在軸孔
324 外軸孔
33 枢設キャップ
34 枢設座

(57)【要約】

【課題】自由に開閉することができると共に、複数のパネルを折畳んで小体積に縮小することができる折畳み式ソーラーパネルを提供する。【解決手段】伸縮可能に伸縮軸13が設置される支持部材10と、ベース21の外周縁に枢設される複数の側部パネル22と、該各側部パネルの両側にそれぞれ枢設される折畳みパネル23と、内端が該ベースに枢設されるロッド部252Aとを備え、該支持部材に設置される太陽光発電部材20と、該ベースに複数の内部ロッド31及び外部ロッド32が枢設される連結ロッド30と、を備える。さらに、該内部ロッドの内端が該伸縮軸に枢設され、該外部ロッドの内側が該ロッド部の内端に枢設され、該外部ロッド外端に、該ロッド部の外端に環装される枢設座が枢設される。この構造により、その伸縮軸を駆動して上下方向に移動させることによって、連結ロッドを介して太陽光発電部材を展開したり、折畳んで閉じることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):