(54)【考案の名称】C型耐震引出しロック装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本〔C型耐震引出しロック装置〕は、地震時の揺れに〔符号G引出し〕が飛び出さない様にブロックする、〔符号Eキャビネット〕側と〔符号G引出し〕側に取り付けられた装置である。

【従来の技術】

【0002】
現在使用されている引出しロック装置は、多く樹脂で製作されており、大きな揺れなどで破損するなど、様々なトラブルが発生する為、装置の堅固化他、揺れに素早く対応することが重要である。近年の引出しは、動きが滑らかで飛び出しやすく、素早くロックしなければならない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
引出しロック装置の堅固化、また、地震の揺れに素早く対応することと、簡単な構造で低価格、取り付けコストの低減など解決すること。

【効果】

【0008】
耐震装置部品を、全金属で製作することにより、製品の小型化、及び低価格で堅固な製品となり、破損等を少なくすることができる。また、地震での火災等による有毒ガスの発生も無く、リサイクルできる金属製であり、エコ製品である。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本装置の符号12耐震ロック装置カバーを外した正面図
【図2】本装置右横より見た断面図
【図3】符号12耐震ロック装置カバー内部正面図
【図4】符号16多溝付ストッパー板正面図
【図5】符号FC型耐震引出しロック装置部品の斜視図
【図6】符号FC型耐震引出しロック装置を取り付けた上面より見た断面図
【図7】符号FC型耐震引出しロック装置を右から見た断面図
【図8】符号FC型耐震引出しロック装置内部の符号10センターピン付リングと、符号15揺動板ロック部の位置を示す。
【図9】符号FC型耐震引出しロック装置裏側の符号15揺動板ロック部と、符号16多溝付ストッパーの位置を示す。
【図10】符号FC型耐震引出しロック装置内部の、符号10センターピン付リングが矢印方向に走行して、符号8C型揺動板を押し上げた図。
【図11】符号FC型耐震引出しロック装置裏側の、符号16多溝付ストッパー板に、符号15揺動板ロック部が挿入された図
【図12】符号Eキャビネット内部に、符号G引出しに符号FC型耐震引出しロック装置を取り付けた状態を示す。
【図13】符号G引出しに、符号16多溝付ストッパー板を取り付けた状態を示す。

【考案を実施する為の形態】
【0010】
本〔C型耐震引出しロック装置〕は、〔符号Bキャビネット側板〕に取り付けることができるが、〔符号Bキャビネット側板〕と、〔符号G引出し〕の隙間に取付けることもできる。
今回の説明は、木製キャビネット用として、〔図6〕の様に、〔符号Bキャビネット側板〕に埋め込まれる。
【0011】
一方、〔符号G引出し〕側には、〔図7〕の様に、〔符号16多溝付ストッパー板〕を、〔C型耐震引出しロック装置〕に、ロック部が合う様に取付ける。なお、正常時には、〔符号G引出し〕の出し入れ自在になる様取付ける。
【0012】
〔C型耐震引出しロック装置〕内部〔図8〕に示される様に、〔符号10センターピン付リング〕が、正常時には矢印方向に走行し、〔符号15揺動板ロック部〕を押し上げているか、中間に止まっているかである。〔図8〕は、ロック部が解除された状態を示す。
【0013】
〔図10〕の様に、〔符号10センターピン付リング〕が矢印揺れ方向に走行し、〔符号9揺動加重部〕を押し上げ、〔符号6揺動基点ピン〕を軸に回転、〔符号15揺動板ロック部〕が〔図11〕の様に、〔符号16多溝付ストッパー板〕溝部に挿入され、〔符号17多溝付ストッパー山部〕に引っ掛かり、〔符号G引出し〕が飛び出さない様にロックすることで解決した。

(57)【要約】

【課題】地震が発生した時、引出しが飛び出さない様に、素早くロックすること、他ロック装置の破損の防止、また、低価格で製造できる耐震引出しロック装置を提供する。【解決手段】耐震ロック装置部品取付板1と耐震ロック装置カバーとの内側の下部にセンターピン付リング走行板7を、上部にはC型揺動板8をC型揺動板揺動基点ピン6を支点として揺動自在に設置する。C型揺動板の下部のC型揺動板ロック部15とC型揺動板重量部9との間の、センターピン付リング走行板上て自在に転がり、移動当接して、C型揺動板を揺動させ、引出し側に取り付けられた多溝付ストッパー板にロックする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):