(54)【考案の名称】付箋紙保持具

(73)【実用新案権者】株式会社アーティミス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、指若しくは腕に多数の付箋紙を重ねた付箋紙束を装着する付箋紙保持具に関する。

【従来の技術】

【0002】
付箋紙は、書籍等に貼り付け剥がす見出しとしての用途に加え、平面にメモを書き込むメモ用紙としても用いられている。一般に、付箋紙は多数の各付箋紙の輪郭を揃えて積層させたブロック状の付箋紙束として束ねられ、事務作業を行う周辺の机や引き出しの中に置かれているが、使用の際にすぐに見つからないという問題があり、また、頻繁に付箋紙を使用する場合には、作業の近辺に配置しておくことが臨まれる。
【0003】
そこで、従来、ボールペンの一部を切り欠き、その切り欠いた凹部内に付箋紙束を装着する半円筒形のインデックスケースを収容し、ポールペンの上部から付箋紙を一枚づつ取り出し可能としたボールペンの考案が知られている(特許文献1)。この考案によれば、事務作業で使用するボールペンに付箋紙束を装着しておくことができるので、使用の際に付箋紙を探す手間がなく、容易に一枚の付箋紙が得られる。
【0004】
また、クリップ付きの剛性を有するメモ板に、付箋紙束を貼り付けたクリップ付き携帯メモの考案も知られている(特許文献2)。このクリップ付き携帯メモによれば、使用者のポケットや事務作業で用いる書類の頁などにクリップで付箋紙束が貼り付けられたメモ板を係止しておくことができ、同様に付箋紙を探すことがなく、また、メモ板を台紙として付箋紙に直接メモを書き込むことができる。
【0005】
一方、看護師等の医療従事者やツアーコンダクターなどは、片手がふさがった状態でメモを書き留めたい、書き留める為の時間を短縮したいという要望があり、腕時計の内方の収容部にロール状のメモシートを収容したメモ用具も提案されている(特許文献3)。このメモ用具は、腕時計の内方の収容部から、腕時計を巻き付けた使用者の手首の甲側にロール状のメモシートを引き出し、手の甲に展開したメモシートへ、空いた他方の手でメモを記入する。
【0006】

【効果】

【0023】
請求項1の付箋紙保持具によれば、簡単な構成で、使用者の指や腕に付箋紙束を装着でき、付箋紙にメモを書き込んだり付箋紙を所望の位置へ貼り付ける際に、付箋紙束を探す手間がない。
【0024】
また、使用者は、可撓性の付箋紙へ片手で容易にメモを書き留めることができる。
【0025】
請求項2の付箋紙保持具によれば、デザイン上の違和感がなく、装飾品に見せかけて付箋紙束を使用者の指に装着できることができるので、使用する者の興味を惹く趣向を凝らした事務用品として、商品価値を高めることができる。
【0026】
請求項3の付箋紙保持具によれば、デザイン上の違和感がなく、腕時計に見せかけて付箋紙束を使用者の手首に装着できることができるので、使用する者の興味を惹く趣向を凝らした事務用品として、商品価値を高めることができる。
【0027】
請求項4の付箋紙保持具によれば、メモ書きとして書き留めておく時刻を、腕時計に見せかけて各付箋紙の平面に印刷される腕時計の時刻表示を利用して簡単に記入できる。
【図面の簡単な説明】
【0028】
【図1】本考案の第1実施の形態に係る指輪形付箋紙保持具1を示す斜視図である。
【図2】指輪形付箋紙保持具1の分解斜視図である。
【図3】指輪形付箋紙保持具1の(a)は、ハート形付箋紙4にメモを書き込む状態を、(b)は、ハート形付箋紙束5からハート形付箋紙4を剥がす状態を、それぞれ示す斜視図である。
【図4】本考案の第2実施の形態に係る指輪形付箋紙保持具10を示す斜視図である。
【図5】指輪形付箋紙保持具10の分解斜視図である。
【図6】本考案の第3実施の形態に係る腕時計形付箋紙保持具20を示す斜視図である。
【図7】腕時計付箋紙保持具20の分解斜視図である。
【図8】腕時計付箋紙保持具20の腕時計形付箋紙21の平面図である。
【図9】腕時計形付箋紙保持具20の(a)は、腕時計形付箋紙21にメモを書き込む状態を、(b)は、腕時計形付箋紙束22から腕時計形付箋紙21を剥がす状態を、それぞれ示す斜視図である。
【図10】腕時計形付箋紙31にメモを書き込んだ状態を示す本考案の第4実施の形態に係る腕時計付箋紙保持具30の平面図である。

【0029】
以下、本考案の第1実施の形態に係る指輪形付箋紙保持具1について、図1乃至図3を用いて説明する。指輪形付箋紙保持具1は、図2に示すように、リング部2aと台座2bが合成樹脂で一体に形成された指輪部2と、ハート形の輪郭を互いに一致させて積層された多数のハート形付箋紙4からなるハート形付箋紙束5と、ハート形付箋紙束5を平面上に支持する支持プレート3とから構成されている。
【0030】
リング部2aは、円環の一部が切断されたC字状に形成され、弾性変形してその内径が変化し、使用者の異なる太さの指に対して着脱自在に装着できるようになっている。リング部2aの外側面に突設される台座2bは、リング部2aから外方に向かって拡径する逆円錐状でその平面は、平板状の支持プレート3を支持する平坦面に形成されている。
【0031】
ハート形付箋紙4は、底面に従来公知の不乾接着剤からなる粘着層が付着され、書籍や書類に一時的に貼り付けるしおりとして用いられる他に、パソコンのディスプレー等に貼り付けて備忘禄や伝言メモとしての用途でも使用可能なように、平面の全体をメモを書き込み可能な書き込み領域4aとしている。ハート形付箋紙4の使用前の状態では、多数のハート形付箋紙4が、上層側の各付箋紙4の底面の粘着層が下層側の各付箋紙4の平面に粘着して、ハート形の輪郭が一致する状態で積層され、ブロック状のハート形付箋紙束5として束ねられている。
【0032】
支持プレート3は、硬質の形紙をハート形付箋紙4の輪郭と同形状の輪郭に切り抜いて形成され、ハート形付箋紙束5の輪郭に一致させて支持プレート3の平面に、最下層のハート形付箋紙4の底面に付着する粘着層を粘着し、平面上にハート形付箋紙束5を支持する。これにより、ハート形付箋紙4が可撓性の紙片であっても、その下方に剛性を有する支持プレート3が配設されるので、書き込み領域4aへの書き込みが可能となる。
【0033】
ハート形付箋紙束5を支持する支持プレート3は、更に、その底面に塗布された不乾接着剤により指輪部2の台座2bの平面に接着され、図1に示すように、指輪部2の表面に取り付けられる。ハート形付箋紙束5と支持プレート3は、指輪部2に取り付けられる前に、消耗品であるハート形付箋紙4の交換用として、一体のブロック状ユニットで製造され、ブロック状ユニットの状態では、底面の不乾接着剤が剥離可能な剥離紙(図示せず)で覆われている。ハート形付箋紙束5の全てのハート形付箋紙4を剥がして使用した後は、指輪部2の台座2bから支持プレート3を剥がして取り除き、ブロック状ユニットの剥離紙を剥がして、台座2bの平面にハート形付箋紙束5を支持する支持プレート3を接着して取り付ける。
【0034】
このように構成された指輪形付箋紙保持具1は、台座2bを上方側とした指輪部2のリング部2aへ、利き手と逆側の手の例えば人差し指を挿入し、図3(a)に示すように、手の甲側の人差し指にハート形付箋紙束5を装着する。リング部2aは、人差し指の周囲に撓みながら巻き付けられ、人差し指の上方にハート形付箋紙束5ががたつきなく支持されるので、ハート形付箋紙束5を装着した側の手で物を持ちながら、他側の利き手で握った筆記具6によりハート形付箋紙束5の表面に表れるハート形付箋紙4の書き込み領域4aへ所定のメモを書き込むことができる。
【0035】
書き込み領域4aへメモを書き込むか否かにかかわらず、最上層のハート形付箋紙4は、図3(b)に示すように、ハート形付箋紙束5から剥がし、パソコンのディスプレー等の所望の位置に貼り付けて、しおりや伝言メモとすることができる。
【0036】
指輪部2に取り付けられる付箋紙束や支持プレートの形状は、任意の形状とすることができ、本考案の第2実施の形態に係る指輪形付箋紙保持具10では、複数の付箋紙からなる付箋紙束の形状を、指輪に付けられる宝石に似せた宝石形付箋紙束12としている。以下、この指輪形付箋紙保持具10について、図4と図5を用いて説明するが、第1実施の形態に係る指輪形付箋紙保持具1とは、支持プレートの輪郭形状と付箋紙が異なるのみであるので、共通する構成については同一番号を付してその説明を省略する。
【0037】
指輪形付箋紙保持具10では、付箋紙が宝石の外形に合わせて8角形の輪郭に形成された宝石形付箋紙11となっている。宝石形付箋紙11の平面には、その周囲に沿って宝石のカットを示すカット模様11aが印刷され、カット模様11aで囲まれる内側が書き込み領域11bとなっている。従って、8角形の輪郭を一致させて多数の宝石形付箋紙11を積層した宝石形箋紙束12は、輪郭が8角形のブロック状で宝石を模造した立体形状となる。
【0038】
この宝石形箋紙束12は、輪郭を一致させた支持プレート13の平面上に粘着して支持され、宝石形箋紙束12を支持する支持プレート13を指輪部2の台座2b上に接着し、リング部2aの表面に取り付けることにより、図4に示すように、指輪に付けられた宝石のように見える。
【0039】
上述の第1、第2実施の形態では、付箋保持具1、10を指輪を模造した形状としたが、腕時計を模造した形状とすることもできる。以下、外形を腕時計に似せた本考案の第3実施の形態に係る腕時計形付箋保持具20を、図6乃至図9を用いて説明する。
【0040】
腕時計形付箋保持具20は、図7に示すように、合成樹脂で時計バンドに似せて形成したバンド部23と、腕時計に似せた長方形の輪郭とした多数の腕時計形付箋紙21を各輪郭を一致させて積層させた腕時計形付箋紙束22と、腕時計形付箋紙束22を平面上に支持する支持プレート24とから構成されている。
【0041】
バンド部23は、帯状の中央に支持プレート24を接着して取り付ける円形の取り付け部23aが形成され、取り付け部23aに連続する一方の帯状バンドの表面と、他方の帯状バンドの背面に、互いの凹凸で組み付けられる面ファスナー23bが形成されている。このバンド部23は、取り付け部23aが使用者の手の甲側となるように手首に巻き付け、帯状バンドが重なる対向部位に形成された一組の面ファスナー23bを貼り付けることにより、手首に取り付けられる。
【0042】
腕時計形付箋紙21は、ハート形付箋紙4と同様に、底面に従来公知の不乾接着剤からなる粘着層が付着され、平面の全体をメモを書き込み可能な書き込み領域21aとしている。更に、この腕時計形付箋紙21では、図8に示すように、平面にデジタル時刻表示を含む腕時計の時計表示模様21bが薄い濃度で印刷され、時刻をメモ書きする下書きとなっている。
【0043】
腕時計形付箋紙21の使用前の状態では、多数の腕時計形付箋紙21が、上層側の各付箋紙21の底面の粘着層が下層側の各付箋紙21の平面に粘着して、長方形の輪郭が一致する状態で積層され、ブロック状の腕時計形付箋紙束22として束ねられている。
【0044】
ブロック状の腕時計形付箋紙束22の底面には、最下層の腕時計形付箋紙21の粘着層が粘着しているので、同形状の長方形の輪郭に切り抜いて形成された支持プレート24の平面上に粘着させることにより、支持プレート24の平面上に腕時計形付箋紙束22が支持される。これにより、腕時計形付箋紙21が可撓性の紙片であっても、その下方に剛性を有する支持プレート24が配設されるので、書き込み領域21aへの書き込みが可能となる。
【0045】
腕時計形付箋紙束22と支持プレート24は、バンド部23に取り付けられる前に、消耗品である腕時計形付箋紙21の交換用として、一体のブロック状ユニットで製造され、ブロック状ユニットの状態では、支持プレート24の底面の不乾接着剤が剥離可能な剥離紙(図示せず)で覆われている。腕時計形付箋紙束22の全ての腕時計形付箋紙21を剥がして使用した後は、バンド部23の取り付け部23aから支持プレート24を剥がして取り除き、ブロック状ユニットの剥離紙を剥がして、取り付け部23aの平面に腕時計形付箋紙束22が支持された支持プレート24を接着して取り付ける。
【0046】
このように構成された腕時計形付箋保持具20は、取り付け部23aを上方側としたバンド部23を、利き手と逆側の手首に巻き付け、図9(a)に示すように、腕時計形付箋紙束22を装着する。バンド部23は、一対の面ファスナー23b間が貼り付けられることにより、手首の上方に腕時計形付箋紙束22ががたつきなく支持され、空いた利き手で握った筆記具6により表面に表れる腕時計形付箋紙21の書き込み領域21aへ所定のメモを書き込むことができる。
【0047】
書き込み領域21aへメモを書き込むか否かにかかわらず、最上層の腕時計形付箋紙21は、図9(b)に示すように、腕時計形付箋紙束22から剥がして、パソコンのディスプレー等の所望の位置に貼り付けて、しおりや伝言メモとすることができる。
【0048】
この腕時計形付箋保持具20では、腕時計形付箋紙21が腕時計の外形に合わせた4角形の輪郭に形成され、その平面に、デジタル時刻表示を含む腕時計の時計表示模様21bが印刷されているので、腕時計形付箋紙束22は腕時計に似た外形となり、腕時計形付箋紙束22が支持プレート24を介して時計バンドに似せたバンド部23に取り付けられることにより、時計バンド付きの腕時計を模造した形状となる。
【0049】
また、この腕時計に見せ掛けて腕時計形付箋紙21の平面に印刷した時計表示模様21bを下書きにして、メモで記録しておく予定の時間を書き込み領域21aへ書き込むことができる。
【0050】
本実施の形態に係る腕時計形付箋紙21や支持プレート24の形状も、任意の形状とすることができ、図10に示す第4実施の形態に係る腕時計形付箋保持具30では、腕時計形付箋紙31の輪郭を円形とし、時計の文字盤を表す時計表示模様31bが印刷された平面を文字を書き込み可能な書き込み領域31aとしている。尚、図10においても、第43施の形態に係る腕時計形付箋保持具20と同一若しくは相当する構成は、同一番号を付している。
【0051】
この腕時計形付箋保持具30によれは、多数の腕時計形付箋紙31を重ねた腕時計形付箋紙束32が円形の腕時計に似たブロック状に表れ、腕時計形付箋紙束32を、違和感がないばかりか、遊び心をもって手首に装着することができる。更に、腕時計に見せ掛けて腕時計形付箋紙31の平面に印刷した時計表示模様31bを下書きにして、長針に似せた直線32を記入するだけで、メモで記録しておく予定の時間を書き込むことができる。
【0052】
上述の各実施の形態では、使用者の指や手首に巻き付ける巻き付け部である指輪部2やバンド部23を合成樹脂で形成したが、これにに限らず種々の材料で形成することができ、例えば、指輪部2を貴金属で、バンド部23を皮革で形成し、より模造する指輪や腕時計に近い材質で形成してもよい。
【0053】
また、支持プレート3,13,24は、硬質の形紙を用いたが、付箋紙を書き込み自在に支持できる剛性があれば、合成樹脂、金属など他の材質で形成してもよい。更に、支持プレート3,13,24は、使用前に、付箋紙束5、12、22が粘着する一体のブロック状ユニットして製造される例で説明したが、指輪部2やバンド部23の表面に取り付け、若しくは一体に成形した支持プレートに対して、付箋紙束5、12、22を粘着させるものであってもよい。
【産業上の利用可能性】
【0054】
付箋紙に片手でメモを書き込む付箋紙保持具に適している。
【0055】
1 指輪形付箋紙保持具(第1実施の形態)
2 指輪部(巻き付け部)
3 支持プレート
4 ハート形付箋紙
4a 書き込み領域
5 ハート形付箋紙束
10 指輪形付箋紙保持具(第2実施の形態)
11 宝石形付箋紙
11b 書き込み領域
12 宝石形付箋紙束
13 支持プレート
20 腕時計形付箋紙保持具(第3実施の形態)
21 腕時計形付箋紙
21a 書き込み領域
21b 時計表示模様(時刻表示)
22 腕時計形付箋紙束
23 バンド部(巻き付け部)
24 支持プレート
30 腕時計形付箋紙保持具(第4実施の形態)
31 腕時計形付箋紙
31a 書き込み領域
31b 時計表示模様(時刻表示)

(57)【要約】

【課題】使用者の手首や指に装着することにより携帯性に優れ、片手で簡単に付箋紙束に束ねられた最上層の付箋紙へメモを書き込むことができる付箋紙保持具を提供する。【解決手段】多数の付箋紙を重ねた付箋紙束を、剛性の支持プレート上に粘着させて支持し、付箋紙束を支持する支持プレートを、手首若しくは指に着脱自在に巻き付けられる巻き付け部の表面に取り付ける。付箋紙束は、剛性の支持プレートを介して手首若しくは指に装着される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):