(54)【考案の名称】太陽電池モジュール用架台

(73)【実用新案権者】日本フォームサービス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池モジュールを設置するために使用する太陽電池モジュール用架台に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池モジュールを鉄骨フレーム等の架台に設置する場合、太陽電池モジュールの側縁部をスライド支持する構成の架台が提案されている。特許文献1に記載の架台には、屋根上に、この屋根の傾斜方向と交差する方向に延びて固定され、斜め下向き溝を有した上側横架台と、この上側横架台の下側に平行に配置され、斜め上向きに開放する上向き溝を有した下側横架台とを装着し、これら上側横架台と下側横架台との間に太陽電池モジュールの側縁部をスライド支持する構成が示されている。
【0003】
また、特許文献2に記載の架台には、比較的脚の短い短脚部材と比較的脚の長い長脚部材との間に太陽電池モジュールを装着する構成が記載されている。この架台の短脚部材と長脚部材とには、それぞれ溝が形成され、この溝に太陽電池モジュールの側縁部を嵌合するものである。
【0004】

【効果】

【0013】
本考案の請求項1のごとく、支持枠20は、ジョイント金具30で連結するだけで構築されるので、多数の筋交い等を用いなくとも支持強度に優れた支持枠20を設置することができる。したがって、架台の構築作業を極めて簡略化することに成功した。
【0014】
しかも、傾斜する上下方向に沿って配したスライド杆体10の間に、各太陽電池モジュールPの左右両側縁部をスライド自在に支持するように構成したことにより、太陽電池モジュールPの上面に雨や雪が降り積もっても、スライド杆体10に沿って自然に流れ落ちる構造になっている。この結果、従来の支持部材のように、太陽電池モジュール上の雨水や雪の面倒な排除作業や、支持部材の溝部内部に溜まる雨水の悪影響などを受けるおそれも解消し、設置後のメンテナンスが容易になるものである。
【0015】
請求項2のように、スライド杆体10は、アルミニウム、ステンレス、鉄に属する金属材にて形成され、一方の支持片12を中央杆材11の上端から延長し、他方の支持片12を樋部13の上端から延長した構成により、耐候性及び耐久性に富んだスライド杆体10を提供することができる。
【0016】
請求項3のごとく、樋部13は、支持片12の下方に延長された断面樋状を成し、この樋部13を挿通した固定ネジ14にてスライド杆体10を角度調整板40及び前記支持枠20に固定するように構成したことにより、雨水等は、支持片12から離れた樋部13に沿って排出されるので、支持片12にて支持している太陽電池モジュールPに悪影響を与えるおそれはない。
【0017】
請求項4のように、スライド杆体10の下端部に太陽電池モジュールPの下端部を係止せしめる係止片15を装着したことで、傾斜する方向に沿って配したスライド杆体10の間に、スライド自在に支持した各太陽電池モジュールPを、この係止片15が確実に係止することができる。しかも、この係止片15に至るまでスライド杆体10に沿って太陽電池モジュールPをスライド移動できるので、太陽電池モジュールPの装着作業が極めて用意、且つ簡略化することができる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本考案の使用状態を示す概略斜視図である。
【図2】本考案の使用状態を示す側面図である。
【図3】本考案の設置状態を示す要部斜視図である。
【図4】図2に示す矢視IV‐IV線断面図である。
【図5】本考案のジョイント金具の一実施例を示す斜視図である。
【図6】本考案の角度調整板の一実施例を示す斜視図である。
【図7】本考案の使用状態を示す平面図である。

【0019】
このように本考案によると、架台の構築作業を簡略化すると共に、太陽電池モジュールの装着が容易になり、しかも、設置後のメンテナンスが容易になるなどといった当初の目的を達成した。
【0020】
以下、本考案架台の一実施例を説明する。本考案架台は、屋上や空き地等の平坦な設置面に、一定の角度で太陽電池モジュールPを設置する架台である(図2参照)。本考案架台を構成する主な部材は、スライド杆体10、支持枠20、ジョイント金具30、角度調整板40にて構成される(図1参照)。
【0021】
スライド杆体10は、アルミニウム、ステンレス、鉄等の金属材にて形成されるもので、太陽電池モジュールPの端部をスライド自在に支持するものである(図1参照)。このスライド杆体10は、隣接する太陽電池モジュールP相互の間に介され、各太陽電池モジュールPの側縁部を両側で支持するように構成している。
【0022】
図示のスライド杆体10は、中央杆材11、支持片12、樋部13にて構成されている(図3参照)。中央杆材11は、太陽電池モジュールPの傾斜面に沿って上から下に向けて配置される帯板状の部材である。また、支持片12は、この中央杆材11の左右側面に沿って設けられた部材で、太陽電池モジュールPの側縁部の上下面を支持するように上下一対の支持片12が平行に設けられている(図4参照)。図示例では、一方の支持片12を中央杆材11の上端から延長し、他方の支持片12を樋部13の上端から延長したものである。
【0023】
複数の太陽電池モジュールPをスライド杆体10に装着するには、この支持片12の間に太陽電池モジュールPの左右両端部を挿入して、スライド杆体10の傾斜上部から下部に向けてスライド移動させるものである(図1参照)。スライド杆体10の下端部まで移動した太陽電池モジュールPは、この下端部に装着された係止片15によって固定される。
【0024】
さらに、樋部13は、支持片12の下方に延長された断面略U字形状を成す部位である(図4参照)。スライド杆体10を角度調整板40及び支持枠20に固定するには、この樋部13の底を挿通した固定ネジ14にて固定するものである。
【0025】
支持枠20は、スライド杆体10を支持するように構成されたもので、スライド杆体10の支持角度を設定するように構成された後述する角度調整板40を介してスライド杆体10を支持するものである。この支持枠20は、角パイプ材にて構成された支柱21と横材22とをジョイント金具30が連結するように構成している(図3参照)。図示例では、支柱21に対して2種類の横材22を組合せた例を示している。
【0026】
すなわち、支柱21の上端部に連結する支持用横材22Aと、支柱21の下端部付近に連結する補強用横材22Bである(図1参照)。支持用横材22Aは、角度調整板40を載置して連結ネジ23で固定すると共に、スライド杆体10を支持する横材22である。補強用横材22Bは、支持枠20全体の強度を高めるもので、筋交50の代わりになる部材として使用されている。
【0027】
ジョイント金具30は、支柱21と横材22とを連結する部材で、重合板体31、支柱連結腕32、横材連結腕33にて構成している(図5参照)。重合板体31は、支柱21と横材22とを直交状態で重ねるときに各重合側面の間に重ねる1枚の板状の部材である。支柱連結腕32は、重合板体31の支柱21側に突設された部材で、2枚の板が平行に対峙した状態を成している。そして、支柱21の左右側面に支柱連結腕32を嵌合して連結する。横材連結腕33は、重合板体31の横材22側に突設された断面コ字形状を成した部材である。更に、この横材連結腕33に支持用横材22Aや補強用横材22Bからなる横材22の底面を嵌合状態で固定することで、横材22を支持するものである。
【0028】
角度調整板40は、スライド杆体10の支持角度を設定する部材であり、支持枠20とスライド杆体10との間に介在する(図6参照)。図示の角度調整板40は六面体のブロック形状を成し、支持枠20の横材22の上面とスライド杆体10の樋部13の下面との間に設置される。そして、角度調整板40の上面には、スライド杆体10の傾斜角度を設定する角度設定面41が予め形成されている。したがって、太陽電池モジュールPの設置角度に応じて、角度が異なる角度調整板40から任意の角度の角度調整板40を選択使用するものである。
【0029】
更に、角度調整板40とスライド杆体10とを連結する固定ネジ14を挿通する固定ネジ孔42が形成されている(図6参照)。また、角度調整板40と横材22とを連結する連結ネジ23を挿通する連結ネジ孔43も形成されている(図4参照)。この図4に示す如く、角度調整板40は、横材22とスライド杆体10との間に設置するものである。
【0030】
本考案架台を構築するには、ジョイント金具30で連結された支持枠20上に、角度調整板40を介して複数本のスライド杆体10を設置するもので、このスライド杆体10の間に複数の太陽電池モジュールPを連続的にスライド設置する(図1参照)。この太陽電池モジュールPは、スライド杆体10の支持片12の間に連続的に挿入することができる。したがって、複数の太陽電池モジュールPを装着する場合、隣接する太陽電池モジュールP相互に隙間なく設置することができる(図7参照)。
【0031】
一方、スライド杆体10の中央杆材11を介した両側の太陽電池モジュールPの設置面積は、中央杆材11の厚み分のスペースがあれば足りるものである(図4参照)。これらを総合すると、本考案架台の設置面積は、使用する太陽電池モジュールPの総面積とほぼ同等の設置面積で足りることになる。
【産業上の利用可能性】
【0032】
本考案は、ビルの屋上や庭等の平坦なスペースに設置する架台として説明しているが、傾斜のあるスペースでも設置可能であり、設置スペースは水平面に限定されるものではない。また、本考案の各構成は図示例に限定されるものではなく、本考案の要旨を変更しない範囲において自由に変更できるものである。
【0033】
P 太陽電池モジュール
10 スライド杆体
11 中央杆材
12 支持片
13 樋部
14 固定ネジ
15 係止片
20 支持枠
21 支柱
22 横材
22A 支持用横材
22B 補強用横材
23 連結ネジ
24 補強体
30 ジョイント金具
31 重合板体
32 支柱連結腕
33 横材連結腕
40 角度調整板
41 角度設定面
42 固定ネジ孔
43 連結ネジ孔
50 筋交

(57)【要約】

【課題】架台の構築作業を簡略化し、架台を設置したスペースを有効利用することが可能な太陽電池モジュール用架台を提供する。【解決手段】太陽電池モジュールの側縁部を両側で支持するスライド杆体10を設ける。スライド杆体10に、太陽電池モジュールが傾斜する方向に沿って配置される帯板状の中央杆材11を設ける。該中央杆材11の左右側面に沿って、太陽電池モジュールの側縁部の上下面を支持せしめる上下一対の支持片12を設ける。該支持片12の下方に延長され断面樋状を成した樋部13を設ける。該スライド杆体10の間に各太陽電池モジュールの側縁部を両側でスライド自在に支持する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):