(54)【考案の名称】左官施工用具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、左官施工用具に関する。更に詳しくは、洗い出し工事用又はタイル目地拭き取り工事用であって、仕上がりが良く、作業効率に優れる左官施工用具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、洗い出し工事、タイル目地拭き取り工事の場合、通常、水を含ませたスポンジで、表面のノロを拭き取ることによって仕上げている。しかし、手作業となるため、手が濡れ、仕上がりもムラができるなどの不都合がある。
ここで、壁面仕上げに用いる施工用具として、1つの側辺が直線状に形成され、他の側辺が鋸歯状に形成された軟質材を備えた鏝が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。
この施工用具は、その直線状の側辺を一種のヘラとして利用して、小石と小石の間の隙間に適量のセメントを埋め込み、目地埋めセメント層を形成し、その後、鋸歯状の側辺を小石の表面に押し当てて、70度〜90度の角度範囲内に保ちつつ多方向に万遍なく掃き動かすことにより、目地埋めセメント層の上層部の余分なセメントをそぎ落として、小石の頭部を露出させるようにする。
【0003】

【効果】

【0006】
1.請求項1に記載の左官施工用具の考案は、鏝板と該鏝板の上面に形成した把手部とからなる鏝部と、前記鏝板の底面に積層固着した板状のスポンジ部とからなるため、簡易な構造である。そして、鏝板の底面に板状のスポンジ部が固着されているため、施工面に対して均等に拭き取りできるため、ムラのない施工が可能となる。また、スポンジに直接手で触れることなく、鏝の把手部を持って作業できるため、スピーディーに作業ができ、作業効率に優れる。
2.請求項2に記載の左官施工用具の考案は、請求項1の考案の効果に加え、更に、鏝板が、把手部に接続した第1鏝板と、第1鏝板に積層固着した第2鏝板とからなり、第2鏝板は、プラスチックからなるため、通常の左官鏝にプラスチック製の板を固着することによって、簡易に鏝板を製作することができる。
3.請求項3に記載の左官施工用具の考案は、請求項1の考案の効果に加え、更に、鏝部は、プラスチックにより一体に形成したものであるため、鏝部を射出成形等により効率よく製作することができ、製品コストを下げることができる。
4.請求項4に記載の左官施工用具の考案は、請求項2又は3の考案の効果に加え、更に、プラスチックが、強化プラスチックであるため、より強度に優れる。
5.請求項5に記載の左官施工用具の考案は、請求項1乃至4のいずれかの考案の効果に加え、更に、鏝板及び鏝板の底面に積層固着した板状のスポンジ部が把手部の長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲して形成されているため、スポンジ部の接触面を施工面に対して、次第に移動することにより長手方向の広範囲に亘って拭き取り作業をすることができる。
6.請求項6に記載の左官施工用具の考案は、請求項5の考案の効果に加え、更に前記スポンジ部が長方形板状であって、該スポンジ部の長手方向の施工面に投影した投影長さが280〜320mm、該スポンジ部の短手方向の施工面に投影した投影長さが180〜220mm、該スポンジ部の底面先端の載置面からの高さが25〜35mm、該スポンジ部の底面後端の載置面からの高さが20〜25mm、及び該スポンジ部の厚さが25〜35mmである場合には、特に使用しやすく作業効率を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の実施形態1に係る左官施工用具の斜視図である。
【図2】本考案の実施形態1に係る左官施工用具の動作を示す説明図である。
【図3】本考案の実施形態1に係る左官施工用具の(a)側面図、(b)X−X´断面図、(c)平面図である。
【図4】本考案の実施形態2に係る左官施工用具の斜視図である。
【図5】本考案の実施形態3に係る左官施工用具の斜視図である。
【図6】本考案の実施形態4に係る左官施工用具の斜視図である。
【図7】本考案の実施形態5に係る左官施工用具の斜視図である。
【図8】本考案の実施形態5に係る左官施工用具の(a)側面図、(b)Y−Y´断面図、(c)平面図である。

【0008】
以下、本考案の実施形態を示す図1〜8を参照しながら本考案を詳しく説明する。
尚、本考案は、かかる図に記載された具体例に示すものに限られず、目的、用途に応じて種々変更したものとすることができる。
【0009】
[実施形態1]
実施形態1に係る左官施工用具1は、図1に示すように、鏝板11と鏝板11の上面に形成した把手部15とからなる鏝部10と、鏝板11の底面に積層固着した板状のスポンジ部60とからなる。鏝板11は、第1鏝板11aと、第1鏝板11aに積層固着した第2鏝板11bとからなる。把手部15は、鏝板11に接続する背金15cと背金15cに接続して柄15aを支持する柄脚15bとからなる。
鏝部10は、把手部15と第1鏝板11aからなる通常の左官鏝に第2鏝板11bを接着固定して製作することができる。第2鏝板11bの材質は特に限定はないが、軽量化のためにプラスチックであることが好ましく、強度を保持するために強化プラスチックであることが更に好ましい。
鏝板11及び鏝板11の底面に積層固着した板状のスポンジが把手部15の長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲して形成されている。
鏝板11が長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲して形成されているため、鏝板11に接続する背金15cも湾曲して形成されている。
【0010】
この左官施工用具1を使用して洗い出し作業をする場合について説明する。まず、スポンジ部に水を含ませた後、図2(a)に示すようにスポンジ部の底面の後端付近60aから施工面を矢印の方向に拭き取るように動かす。そうすると、小石95を覆っているモルタル91のうちのノロ(不要な部分)91aが除去され、小石の表面95aが露出し、残ったモルタル91の表面91bが平坦な面となって現れてくる。そして、スポンジ部の内部端付近にノロが吸収されてくる。そして、図2(b)に示すように、更に拭き取り作業を進めるには、スポンジ部の中ほど60bへと次第に接触面を移動していき、新たなスポンジ部にノロが吸収されるようにする。更に、図2(c)に示すように、スポンジ部の先端60cまで移動させてスポンジ部全体にノロを含むようになると、スポンジ部を水洗して新たな作業を開始することができる。
このように、左官施工用具1によれば、図2(a)〜(c)に示すように、施工面の広範囲に亘って、洗い出し作業を効率的に行うことができる。
【0011】
左官施工用具1の形状、大きさについては、上述した以外には特に限定はないが、図3に示すように、スポンジ部60が長方形板状であって、スポンジ部の長手方向の施工面に投影した投影長さAが280〜320mm、短手方向の施工面に投影した投影長さBが180〜220mm、スポンジ部60の底面先端の高さCが施工面から25〜35mm、スポンジ部60の底面後端の高さDが施工面から15〜25mm、及びスポンジ部60の厚さEが25〜35mmであることが好ましい。
また、第1鏝板15cの長手方向の施工面に投影した投影長さGは220〜260mm、第2鏝板21bの厚さFは1〜3mmであることが好ましい。
実際の製品においては、A=300mm、B=200mm、C=30mm、D=20mm、E=30mm、F=2mmとして製作した。
【0012】
[実施形態2]
実施形態2に係る左官施工用具2は、図4に示すように、鏝板21と鏝板21の上面に形成した把手部25とからなる鏝部20と、鏝板21の底面に積層固着した板状のスポンジ部60とからなる。鏝部20は、鏝板21と把手部25とがプラスチックで一体に形成されており、鏝板21及び鏝板21の底面に積層固着した板状のスポンジ60が把手部25の長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲して形成されている。
左官施工用具2は、鏝部20が一体に形成されており、その下面にスポンジ部を接着固定することによって製作できるため、製作コストを下げることができる。使用方法、形状等については、左官施工用具1と同様であるため、その説明を省略する。
【0013】
[実施形態3]
実施形態3に係る左官施工用具3は、図5に示すように、鏝板31と鏝板31の上面に形成した把手部35とからなる鏝部30と、鏝板31の底面に積層固着した板状のスポンジ部60とからなる。鏝部30は、鏝板31と把手部35とがプラスチックで一体に形成されており、鏝板31及び鏝板31の底面に積層固着した板状のスポンジ部60が把手部35の長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲して形成されている。
左官施工用具3は、左官施工用具2とは、把手部のみが異なるだけであり、左官施工用具2と同様、一体に形成された鏝部30の下面にスポンジ部60を接着固定することによって製作できるため、製作コストを下げることができる。使用方法、形状等については、左官施工用具1と同様であるため、その説明を省略する。
【0014】
[実施形態4]
実施形態4に係る左官施工用具4は、図6に示すように、鏝板41と鏝板41の上面に形成した把手部45とからなる鏝部40と、鏝板41の底面に積層固着した板状のスポンジ部70とからなる。
鏝部40としては、通常の左官鏝を用いることができる。その構成は、図1に示すように、鏝板41と鏝板41の上面に形成した把手部45とからなる。把手部45は、鏝板41に接続する背金45cと背金45cに接続して柄45aを支持する柄脚45bとからなる。
使用に際しては、スポンジ部70に水を含ませた後、柄45aを持って、スポンジ部70の底面を施工面に当てて拭き取ることにより行なう。
【0015】
左官施工用具4は、左官施工用具1と異なり、スポンジ部の底面が平らであるため、洗い出し作業においては、ノロを除去してモルタル面を特に平滑に仕上げるのに適している。また、施工箇所の隅を仕上げるのにも適している。
それゆえ、洗い出し作業に際しては、最初に左官施工用具4を用いて、ノロを除去して、モルタル面を平滑に仕上げた後、左官施工用具1を用いて、小石の表面に残っているノロを拭き取るように使用することもできる。
なお、左官施工用具4は、鏝板41を把手部45の長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲するように変形し、その底面にスポンジを接着固定すれば、左官施工用具1〜3のように、スポンジ部が下方に向かって凸状に湾曲して形成するようにすることができる。
【0016】
[実施形態5]
実施形態5に係る左官施工用具5は、図7に示すように、鏝板51と鏝板51の上面に形成した把手部55とからなる鏝部50と、鏝板51の底面に積層固着した板状のスポンジ部80とからなる。
鏝部50は、把手部55と第1鏝板51aからなる通常の左官鏝に第2鏝板51bを接着固定して製作することができる。その構成は、図1に示すように、鏝板51と鏝板51の上面に形成した把手部55とからなる。把手部55は、鏝板51に接続する背金55cと背金55cに接続して柄55aを支持する柄脚55bとからなる。
【0017】
左官施工用具5は、図7に示すように、把手部55の長手方向に対して直角方向に第2鏝板51bが広く形成されている。
こうすることで、施工面の広範囲に亘って、効率的に拭き取りを行うことができる。
【0018】
左官施工用具5の形状、大きさについては、上述した以外には特に限定はないが、図8に示すように、スポンジ部60が長方形板状であって、スポンジ部の長手方向の施工面に投影した投影長さHが280〜320mm、短手方向の施工面に投影した投影長さIが180〜220mm、スポンジ部80の厚さJが25〜35mmであることが好ましい。
また、第2鏝板51bの厚さKは1〜3mmであることが好ましい。
実際の製品においては、H=300mm、I=200mm、J=30mm、K=2mmとして製作した。
【0019】
なお、左官施工用具5の鏝板51及び鏝板51の底面に積層固着した板状のスポンジ部80が把手部55の長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲して形成するようにすることができる。こうすることで、左官施工用具2と同様に、図2(a)〜(c)に示すように、施工面の広範囲に亘って、洗い出し作業を効率的に行うことができる。
【0020】
11、21、31、41、51・・・鏝板
15、25、35、45、55・・・把手部
10、30、30、40、50・・・鏝部
60、70、80・・・・・・・・・スポンジ部
11a、51a・・・・・・・・・・第1鏝板
11b、51b・・・・・・・・・・第2鏝板
1、2、3、4、5・・・・・・・・左官施工用具。

(57)【要約】

【課題】簡易な構造で、仕上がりが良く、作業効率に優れる左官施工用具を提供する。【解決手段】左官施工用具1は鏝板11と該鏝板11の上面に形成した把手部15とからなる鏝部10と、前記鏝板11の底面に積層固着した板状のスポンジ部60とからなる。前記鏝板11は、前記把手部15と接続した第1鏝板11aと、該第1鏝板に積層固着した第2鏝板11bとからなり、該第2鏝板11bは、プラスチックからなる。前記鏝部10は、プラスチックにより一体に形成したものであることが好ましい。前記プラスチックは、強化プラスチックであることが更に好ましい。前記鏝板11及び該鏝板11の底面に積層固着した板状のスポンジ部60が前記把手部15の長手方向に、下方に向かって凸状に湾曲して形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):