(54)【考案の名称】電動式ローラマッサージ機

(73)【実用新案権者】ヤーマン株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電動式ローラマッサージ機に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、マッサージ器として、筐体内に、電動機とこれによって駆動される回転軸の方向の異なる複数のマッサージローラを周面の一部が同一平面となるよう収容し、筐体に設けた開口部から各マッサージローラの同一平面とした周面の一部を露出させ、露出したマッサージローラの周面を人体の皮膚面に接触させてマッサージ効果を得るようにしたものが知られている(例えば、特許文献1参照)。
また、このマッサージローラの周面に軟質弾性材料からなる突起部を歯車状に突設して、マッサージローラの周面の摩擦によるマッサージ効果に加えて回転時におけるこれらの突起部によるパルス状の押圧によるマッサージ効果も得られるようにしたマッサージ器も提案されている。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案の電動式ローラマッサージ機によれば、毛髪が回転軸に巻き付いてしまうことや、衣服や皮膚が巻き込まれてしまったりすることを防止することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】電動式ローラマッサージ機1の模式図。
【図2】電動式ローラマッサージ機1を下端側から見た平面図。
【図3】カバー20を示す斜視図。
【図4】電動式ローラマッサージ機1にカバー20を取り付けた模式図。
【図5】カバー20の変形例であるカバー120を示す斜視図。
【図6】電動式ローラマッサージ機1にカバー120を取り付けるための模式図。

【0010】
[実施形態]
以下、実施の形態を図に基づき説明する。本実施形態の電動式ローラマッサージ機1は、図1、2に示す本体10と図3に示すカバー20とから主に構成される。
(本体10について)
図1、2に示すように本体10は、筐体100を備える。筐体100は開口部を有する幅広の下端と、この下端よりも幅狭である上端を有する円錐形状に形成されており、上端の上面には商用電源から電力を供給されるための電源接続端子101が設けられ、側面には、使用者によって握持されるための凹状の握持部102が設けられている。筐体100の表面には、筐体100内部で電動機である電動モータ103と電気的に接続され、この電動モータ103の駆動をON・OFFするためのスイッチ104が設けられている。
【0011】
筐体100は、電動モータ103、第1の回転軸として機能する電動モータ103の主軸Aによって回転駆動させられる伝達機構の一部である回転盤104、電動モータ103と回転盤104との間に介在された伝達機構の他部であるギアボックス106、商用電源から供給される電力によって充電され、商用電源からの電力の供給が困難な場合に電動モータ103を駆動可能な二次電池108などを内蔵する。
筐体100の下端には、第2の回転軸として機能する回転軸B1〜B3を介してそれぞれが回転盤104と接続され、回転軸B1〜B3に対してそれぞれ回転自在(図1の矢印参照。)に設けられる刺激付与体である複数のマッサージローラ110A〜110Cが配置される。マッサージローラ110A〜110Cは、一部が筐体100の開口に覆われており、他部が筐体100の開口から外に露出している。
【0012】
マッサージローラ110A〜110Cはそれぞれ同様の構成を備える。図2に示すように、マッサージローラ110A〜110Cは、それぞれ1対のローラ110a及びローラ110bから構成されている。1対のローラ110a及びローラ110bは、それぞれ円盤状に形成されており、その外周面には適度に弾性を有し、使用者の肌面に刺激を与えるための複数の棘112が周方向に沿って歯車状に突設されている。1対のローラ110a及びローラ110bは、ゴム又は発泡プラスチックで形成されることが望ましい。
ここでは棘112を含む1対のローラ110a及びローラ110bの直径は、それぞれ4.5cmであり、このうち、棘112一個あたりの高さは0.8cmである。ローラ110a及びローラ110bに形成される棘112の数は、13個である。もちろん、これらの高さや個数などは一例であり、例えば棘112を含む1対のローラ110a及びローラ110bの直径を4cm〜5cmの範囲で適宜設定してもよいし、さらに短くまたはさらに長くなるように設定することも可能である。同様に、棘112一個あたりの高さを0.6〜1.0cmの範囲で適宜設定してもよいし、さらに短くまたはさらに長くなるように設定することも可能である。ローラ110a及びローラ110bに形成される棘112の数も1個以上であれば、適宜設定してよい。
このような構成を有するマッサージローラ110A〜110Cは、回転盤104の円周方向にそれぞれ120度ずつずらされて設けられた回転軸B1〜B3によって、それぞれ軸止される。結果として、マッサージローラ110A〜110Cはそれぞれ120度ずつずらされて筐体100下端の開口に配置されることになる。
【0013】
以上のような構成を有する本体10では、スイッチ104のON・OFFによって電動モータ103の駆動が制御され主軸Aが回転する。主軸Aの回転速度は、ギアボックス106によって最適な速度に変換されて回転盤104に伝達され、結果的に回転盤104が回転駆動する。
回転盤104が回転駆動すると、回転軸B1〜B3によって回転盤104に接続されたマッサージローラ110A〜110Cはそれぞれが一体となって、回転盤104と共に図2の矢印方向に回転駆動する。この状態のときに、使用者が握持部102を握り、マッサージローラ110A〜110Cを使用者の肌面に当接させることで、回転軸B1〜B3に軸止されたマッサージローラ110A〜110Cは、図1の矢印のように、肌面上でそれぞれが独立的にかつ同方向に回転駆動する。この結果、回転盤104の回転駆動に合わせて複数の棘112が使用者の肌面を滑らかに転動し、肌面をタッピングする。このタッピングによって肌面にマッサージ効果を与えることができる。
【0014】
(カバー20について)
図3に示すようにカバー20は、使用者の肌面に接触する肌接触面21、本体10の開口を覆い棘112と接触する棘接触面23、カバー20を本体10の下端に係止するためのゴム体を内蔵する取付部24とを有する。
カバー20は、伸縮性・可撓性に優れた布体である。カバー20は、布帛または表面がコーティングされた布帛からなり、ナイロン、ポリウレタン、ポリエステルなどの合成繊維、レーヨン、アセテートなどのなどの再生繊維、麻や木綿などの天然繊維のいずれかを使用して巾着状に形成されている。
図4に示すように、カバー20は、筐体100の開口及びマッサージローラ110A〜110Cを覆うようにして本体10の下端に装着される。この時、取付部24によって、カバー20が本体10から自然に取れてしまうことが防止される。カバー20が本体10の下端に取り付けられたとき、マッサージローラ110A〜110Cの高さに応じて、カバー20には全体的に縦方向の張力Faがかかる。この結果、棘112と棘接触面23との接触部である接触部ta−tb間には張力Fbがかかり、肌接触面21がピンと張った状態になる。
【0015】
この状態のときにスイッチ104のON・OFFによって電動モータ103の駆動が制御されると、マッサージローラ110A〜110Cは、棘112が棘接触面23に常時接触しつつ、カバー20の伸縮性・可撓性によってカバー20内で回転盤104と一体的に滑らかに回転駆動する。そして、すでに述べたように回転軸B1〜B3に軸止されたマッサージローラ110A〜110Cは、それぞれが独立的に回転駆動し(図1の矢印参照)、複数の棘112がカバー20を介して使用者の肌面を滑らかに転動して、肌面をタッピングする。
【0016】
カバー20を本体10の下端に取り付けることで、マッサージローラ110A〜110Cがカバー20に覆われるので、毛髪が回転軸Bに巻き付きついてしまったり、マッサージローラ110A〜110C間の隙間に使用者の衣服や皮膚が巻き込まれるようにして引き込まれてしまったりすることを確実に防止することができる。さらに、かつカバー20の伸縮性・可撓性によって肌面を確実にタッピングすることができる。
【0017】
以上、本考案の実施形態について説明したが、本考案に係る電動式ローラマッサージ機1は種々の変形が可能である。例えば、カバー20を図5に示すカバー120のような構成としてもよく、カバー120の構成に対応させて、図6に示すように筐体100の下端に嵌合突起100aを設けるようにしてもよい。
詳細には、図5に示すようにカバー120は、開口124a、124bが形成された円筒状の取付部124と、この取付部124の開口124aに設けられた布体126とから構成されるようにしてもよい。
【0018】
取付部124は、例えば、プラスチックで形成される。取付部124は、開口124bの縁部にこの開口124bの内側に向かって、突設された複数の嵌合凸部124cと、この複数の嵌合凸部124c間に形成された複数の嵌合凹部124dとを有する。取付部124は、さらに開口の外側に向かって突設され、使用者によって持たれる爪部124eを有する。
布体126は、図3に示したカバー20と対応する構成・機能を備える。したがってここでは詳細な説明は省略する。
【0019】
以上のように構成・機能を有するカバー120は筐体100の下端に取り付けられる。詳細には、図6(a)の一点鎖線で示すようにまずカバー120の嵌合凹部124dと、筐体100の嵌合突起100aとの位置を対応させつつ、布体126によって筐体100の開口が覆われるようにカバー120を筐体100の頂部方向に持っていく。嵌合突起100aが嵌合凹部124dを通過した所で、図6(b)に示すように嵌合凸部124cが嵌合突起100a上に引っ掛かるようにカバー120を筐体100の外周面の周方向に沿わせてひねる。この結果筐体100に対してしてカバー120が確実に係止され、カバー120が本体10から自然に取れてしまうことが防止される。
カバー120を筐体100から取り外すときは、使用者が爪部124eを指で掴んで、カバー120を筐体100に取り付けたときとは逆方向にカバー120を筐体100の外周面の周方向に沿わせてひねる。こうすることで、嵌合凸部124cと嵌合突起100aの引っ掛かりが解けて、カバー120を筐体100から簡単に取り外すことができる。
【0020】
このように構成されたカバー120を用いることで、布体126によって毛髪が回転軸Bに巻き付きついてしまったり、マッサージローラ110A〜110C間の隙間に使用者の衣服や皮膚が巻き込まれるようにして引き込まれてしまったりすることを確実に防止することができる。さらに、カバー20の伸縮性・可撓性によって肌面を確実にタッピングすることができる。そして、カバー120を確実に本体10に係止させることができる。
【0021】
以上が、本考案に係る電動式ローラマッサージ機1の変形例であるが、電動式ローラマッサージ機1はさらなる変形も可能である。例えば、ギアボックス106や二次電池108を備えない構成としてもよい。また電動式ローラマッサージ機1では刺激付与体としてマッサージローラ110A〜110Cの3つを備えたが、この個数は限定されず更に多くのマッサージローラ110A〜110nまでを備える構成であってもよい。
【0022】
110A〜110n…マッサージローラ、1…電動式ローラマッサージ機、10…本体、20…カバー、21…肌接触面、23…棘接触面、24…取付部、100…筐体、100a…嵌合突起、101…電源接続端子、102…握持部、103…電動モータ、104…スイッチ、105…回転盤、106…ギアボックス、108…二次電池、110a,110b…ローラ、112…棘、120…カバー、124…取付部、124a,124b…開口、124c…嵌合凸部、124d…嵌合凹部、124e…爪部、126…布体、A…主軸、B1〜B3…回転軸。

(57)【要約】

【課題】毛髪が回転軸に巻き付いてしまうことや、衣服や皮膚が巻き込まれてしまったりすることを防止することが可能な電動式ローラマッサージ機を提供する。【解決手段】電動式ローラマッサージ機1が、電動機103と、下方に延びる第1の回転軸Aと、第1の回転軸に伝達機構を介してそれぞれ係合されて第1の回転軸を中心に等間隔で放射方向に伸びる複数の等長の第2の回転軸B1,B2,B3と、第2の回転軸にそれぞれ軸止された、外周に沿って多数の弾性突起を所定間隔で突設させた複数の円盤状の刺激付与体であるマッサージローラ110A〜110Cと、開口を備える。さらに、電動機、第1の回転軸、第2の回転軸及び刺激付与体の弾性突起の少なくとも一部を露出させて覆い、かつこれらを直接又は他の部材を介して保持する筐体100と、筐体の弾性突起の露出した領域を覆い縁部が直接又は他の部材を介して筐体に固定された柔軟かつ非伸縮性または伸縮の小さい布状又はシート状のカバー体を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):