(54)【考案の名称】吸盤付端末機固定具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は吸盤を使って携帯電話、及び電子図書等の端末機を机等に固定し安全かつ安心に利用できる吸盤付端末機固定具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
最近、端末機の利用は老若男女問わず毎日かかわっているに当たり、それが単体であるため、利用するに色々制限があり、利用できなかったり、又長時間の利用が難しかったり、落として壊してしまう恐れがある。
【0003】

【効果】

【0007】
この考案の吸盤付端末機固定具は吸盤と接続棒と自在球状接続部を備え、今まで携帯電話や電子図書等の携帯端末機を長時間利用する不便さや、落下の恐れや、利用しにくかった場所でも安全かつ安心して利用できるようになる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】この考案の実施例1の表面側斜視図。
【図2】この考案の実施例1の裏面側斜視図。
【図3】この考案の実施例2の表面側斜視図。
【図4】この考案の実施例2の裏面側斜視図。
【図5】この考案の実施例3の裏面側斜視図。
【図6】図5のA−A断面図。
【図7】この考案の部品の正面図。
【図8】この考案の主体を構成する吸盤付接続棒の正面図。
【図9】この考案の主体を構成する吸盤付接続棒の正面図。

【0009】
この考案の図8の2(本体側吸盤)を図1の1(本体(小))の裏面に吸着し、指を挟んで使用している所を表側から見た図。
【0010】
この考案の図8の2(本体側吸盤)を、図2の1a(本体(小)裏側)の面に吸着し、指を挟んで使用している所を見た図。
【0011】
この考案の図8、図9の2(本体側吸盤)を図4の6a(本体(大)裏側)の面に吸着し、図8、図9の5(他端側吸盤)を机等の表面に、長さの違う2本の3(後部接続棒)、4(前部接続棒)を図8と図9のように組み立てた物を使用し、傾斜をつけて見やすいようにして使用している所を見た図。
【0012】
この考案の図8の2(本体側吸盤)を図5の6a(本体(大)裏側)の面に吸着し、図8の5(他端側吸盤)を窓ガラスや車のウインドーガラス等の表面に吸着し、真横、正面から6(本体(大))を見られるようにした所を見た詳細図。
【0013】
この考案の図8の2(本体側吸盤)を図5の6a(本体(大)裏側)の面に吸着し、図8の5(他端側吸盤)を窓ガラスや車のウインドーガラス等の表面に吸着し、使用している所を真横から見た図。
【0014】
携帯電話に使用する場合は、携帯電話の裏面に図8と図9の2(本体側吸盤)を吸着させ、図8と図9の5(他端側吸盤)を机、又はガラス等に吸着して使用できる。
【0015】
この考案の図8は3a(後部接続棒自在球状接続部)、4a(前部接続棒自在球状接続部)を、一方は2a(本体側吸盤はめ込み部)、他方を5a(他端側吸盤はめ込み部)に差し込み、端末機本体と机等を結び、吸盤部分が自在に傾けられるようになっていることにより、端末機本体に傾斜がつけられる様に出来る物の正面図。
【0016】
この考案の図8、図9の2(本体側吸盤)を図4の6a(本体(大)裏側)の面に吸着し、図8、図9の5(他端側吸盤)を机等の表面に吸着し、傾斜を付けて見やすいようにして使用している所を表側から見た図。
【0017】
1 本体(小)
1a 本体(小)裏側
2 本体側吸盤
2a 本体側吸盤はめ込み部
3 後部接続棒
3a 後部接続棒自在球状接続部
4 前部接続棒
4a 前部接続棒自在球状接続部
5 他端側吸盤
5a 他端側吸盤はめ込み部
6 本体(大)
6a 本体裏面

(57)【要約】

【課題】携帯電話や携帯端末機を長時間使用する時、落とす危険や、手や腕の疲れや、見えにくい等の問題なく、安全かつ安心して使えるようにする吸盤付端末機固定具を提供する。【解決手段】2本で構成した後部接続棒3の一端に本体側吸盤2を、他端に他端側吸盤5をはめ込み、同じ2本で構成した前部接続棒4の一端に本体側吸盤2を他端に他端側吸盤5をはめ込み、上記本体側吸盤を本体の本体(大)裏側6aに吸着させ、また、上記他端側吸盤5をテーブル面等に吸着させて、本体を傾斜させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):