(54)【考案の名称】板目表紙

(73)【実用新案権者】京王紙研工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、オフィスなどで発生する伝票類や書類を綴り紐で綴じる板目表紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
板目表紙としては、一般に、A4判,A3判,B5判,B4判などの規格サイズのものが使用されて、オフィスなどで多量に発生する伝票類や書類を綴じて保管している。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、特に、各種伝票類を綴じる場合には、上記した規格サイズのもので綴じられるものが少なく、通常は、板目表紙を伝票類の寸法に合わせてカットして使用している。
この為、その作業が自ずと大変となることは言うまでもないが、ペーパーカッターなどで切断すると、切り口が曲がって見栄えが悪くなると共に、字を書く場合でも、目安がないので綺麗には書くことができなかった。グラフなどの図表を作成する場合も、同様であった。

【効果】

【0006】
依って、本考案に係る板目表紙の下で、伝票類の寸法に合わせてカットして使用する場合には、その一面に印刷された方眼の線を利用して正確に切断できるので、切断作業が容易となると共に、仕上がりも美麗となり、今までのように、切り口の見栄えが悪くなることはない。
【0007】
又、字を書く場合でも、方眼の縦線や横線を目安として利用できるので、綺麗に書くことが可能となり、利便性が向上する。グラフなどの図表を作成する場合でも同様である。
【0008】
方眼の印刷をその裏面に施した場合には、綴じた状態では方眼が隠れるので、今までと同様な使用に供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】(A)は本考案の実施例に係る板目表紙の表面図、(B)は同板目表紙の裏面図である。
【図2】同板目表紙で伝票類や書類を綴じた状態を示す斜視図である。
【図3】同板目表紙を方眼を利用してカットした状態を示す説明図である。

【0010】
本考案は、伝票類や書類を綴り紐で綴じるための板目表紙を前提として、その一面に方眼の印刷を施すことにより、伝票類や書類の寸法に合わせてカットして使用することを容易とし、字を書いたり図表を作成することも容易となす。
【0011】
以下、本考案を図示する好適な実施例に基づいて詳述すれば、該実施例に係る板目表紙も、今までのものと同様に、A4判,A3判,B5判,B4判などの規格サイズをもって表裏一対で使用に供されるものであるが、特徴とするところは、図1に示す如く、その板目表紙1の表面1aに対しては今までと同様に何も施さずに、裏面1bに対して規則正しく真四角に区切った升目からなる方眼2を全面に印刷して、使用に際しては、当該方眼2を効果的に利用する点にある。尚、方眼2の間隔は、対象となる伝票類や書類の寸法に応じて自由に決定するものであるが、好ましくは、10mmや5mmの間隔線を単独又は組み合わせて付するものとする。
【0012】
そして、この板目表紙1を用いて伝票類や書類5を綴じる場合には、図2に示す如く、板目表紙1に綴じ孔3を開けた状態を得て、伝票類や書類5の表裏を挟んで、上記綴じ孔3に綴り紐4を通しながら綴じれば、伝票類や書類5を整理整頓して保管することが可能となる。
【0013】
しかし、伝票類や書類5が上記規格サイズの板目表紙1では大きさが合わずに綴じられないような場合には、図3に示す如く、方眼2の縦線や横線を選択して、定規などを用いながら同線に沿って板目表紙1をカット6すれば、規格サイズに合わない伝票類や書類5でもその寸法を合わせて確実に綴じることが可能となる。従って、板目表紙1のカット6は方眼2の線に沿って行うだけでよいので、切断作業が容易に且つ正確に行うことができる。
【0014】
しかも、この目安となる方眼2は裏面1b側に印刷されているので、伝票類や書類5を綴じた状態では方眼2が隠れ、方眼2が目障りとなることなく、今までと同様な使用に供することができる。
【0015】
又、方眼2が印刷された裏面1bを表に使えば、ここに字を書く時に、方眼2の縦線や横線を目安として利用できるので、容易にして綺麗に書くことが可能となり、利便性が向上する。尚、裏面1bを裏面として使い、そこに字を書いても同様である。
【0016】
更に、グラフなどの図表を作成する時にも、方眼2の縦線や横線を使用すれば、これも容易にして正確に作成することが可能となる。
【産業上の利用可能性】
【0017】
本考案に係る板目表紙は、例え、規格サイズのものとして提供されていても、これを方眼を利用して必要なサイズにカットすれば、如何なる寸法の伝票類や書類でも簡単に綴じることが可能となるので、これを各種寸法の伝票類や書類に応用すれば、頗る好都合なものとなる。
【0018】
1 板目表紙
1a 板目表紙の表面
1b 板目表紙の裏面
2 方眼
3 綴じ孔
4 綴り紐
5 伝票類・書類
6 カット

(57)【要約】

【課題】 規格サイズに合わない伝票類や書類でも綴じることのできる板目表紙の提供。【解決手段】 伝票類や書類を綴り紐で綴じるための板目表紙であって、その一面に方眼の印刷を施すことにより、板目表紙を方眼の線に沿って必要な大きさにカットすれば、規格サイズに合わない伝票類や書類でもその寸法に合わせて綴じることが可能となる。又、字を書く時でもグラフなどの図表を作成する時でも、上記方眼の縦線や横線を目安として利用すれば、容易に字を書くことも図表を作成することも可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):